FC2ブログ
府中駅徒歩5分(多摩地区) NPO法人フリースクール多摩川 不登校支援
                         育児、学童保育、児童養護施設など集団の中で悩む子どもを見てきました。疎外感を持つ、空気がつらい。発達障がいや心的ストレスを理解してもらえない。皆、居場所や仲間を求めてます。 府中市府中町2-18-17。℡042-319-0408。http://freeschooltamagawa.net。リンクからも行けます。

こんな時くらい考えて動いてよ!と思うでしょうが

今回書くことは、私が自分の子ではない児童を家族的に育てている世界で
これまで何人かを見て来て、少し思い込み傾向もあるかもしれません。

でも施設、学童、スクールなどで教育保育をしているうち、やっぱり多少は
言えているかもなあと、よく思っていることです。

「こんな時くらい気づいて?考えて?こだわらないで?動いてよ」
「失敗したら、周りを困らせたら謝ろうよ」


子どもの行動で人をこんな気持ちにさせることが、
家でも保育教育現場でもあります。すごくたくさんあります。
ここで「子どもが期待通りの反応をしないと大人は友達は焦ります」
どちらかと言うと、投げ掛けた要求と噛み合わない反応が出ると
「え?」になりがちです。

ただし、「場を感じてなかったので反省」「ごめんね」と言う反応が
瞬間自動スイッチでとれる子を見ても(場は収まるから見逃されがちだが)
「え?」と思わされます。

なんとなくなんですが・・・・
前者はその時は壊滅的に見えても、月単位年単位と言うスパンで考え
結果を振り返ると、子どもの行為は整合性が見えなくても、時に何かを体内で
発生していたり、痛みを感じていたりしていたんだなと思う時があるんです。

後者は刹那には教科書的にいいんですが、後々、もろいんです。
(弱いけれど矛盾もあるけど、望みや小さな自信も密かにある)
そうした自己を見ていないで進む傾向が残るんです、おそらく。

確証はありませんが・・・
後者は例えば。
児童養護世界では(親の愛情が薄い、逆に愛情倒錯、過剰など)の
影響で「とにかく教科書通り」のスイッチ反応の子は多いです。
まあ、人不信、自己肯定薄いなどとも言えます。愛着障がいと言う言葉まで
説明に出るのかは微妙ですが、私自身も養育中は「気落ちすることが
少なくなかった」ことも同じような点かなと今は思います。

前者は
「愛されてる感は満点」です。
ただ、それをなんて言うのでしょうか、後ろ盾、安心材料にし過ぎる?
(本当は違うんだけど)わがまま、幼児性、周りを振り回す、便利に誰にでも
甘える、利用する、すり替え、言い訳ばかり、無視する等々、
悪意にとられかねないものは目立ちます。

でも冒頭に書いたように、成長するなかで同じような所作をしていても
何かは経験、考え、認知していくものがあるようなんです。

たぶん、とても長い時間を要することが多いので、人と関わる、集団に属すと
その開花よりも先に、困り行為の責めへの対応が子どもに求められがちである。
これが現実です。親も教育保育側もこれは無視できないので、勢い、直近の事態を
どうするかに着目しがちなのはつらいところです。
(正直そう言う時には、タイトルのようなこと過ります)


でも、一見、おかしな言い訳、無視、すり換えばかりに見えても子どもは
真意を伝えたい、どう言えばいいか分からないものでもある。
時間はかかるが、回り道だが、必ず子どもが自分でもがき考えたことが
財産になる事は分かってあげていたいと思います。

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ フリースクール・サポート校・ホームスクールへ
にほんブログ村 押していただくと嬉しいです。  
 



スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

とびたくん

Author:とびたくん
児童養護施設職員、学童保育指導員、主婦、保護者、元教師、大学生が仲間です。私も家族が障害に悩み不登校になった経験があります。「学校」に囚われず、学習、遊び、ゲーム、料理、イベント、わんこの触れ合いなど、安心できる場。同じ空間の住人と認め合う、何かしたくなる、知らぬ間にリズムや社会性が身につくのが理想です。安心や自信、仲間を得て、大学に進んだ子、中高復学した子、学校併用の子。さまざまです。NPO調布青少年の居場所Kiitos、NPOフリースクール全国ネットワーク、一般社団法人 発達心理ライフケア協会の皆様にご協力、ご指導いただきながら、生徒会員や保護者のみなさんと頑張っています。

2017年には教育確保法が成立、フリースクールは学校と同じ扱い、つまり学校以外の子供の教育の場と認められました。しかし、まだ国から財政支援が得られていませんので、運営側と保護者の負担が大きいままです。皆さんで国や社会に訴えて、本当の教育無償化を目指しましょう。

 →スクールのパンフレットです1  →スクールのパンフレットです2

最新記事

リンク

カテゴリ

最新コメント

メールでのお問い合わせ

フリースクール多摩川のアドレスに送信されますので、他の人には 見えません。

名前:
メール:
件名:
本文:

メールの欄は貴方のアドレスを入れてください。

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

最新トラックバック

アフィリエイト