FC2ブログ
府中駅徒歩5分(多摩地区) NPO法人フリースクール多摩川 不登校支援
                         育児、学童保育、児童養護施設など集団の中で悩む子どもを見てきました。疎外感を持つ、空気がつらい。発達障がいや心的ストレスを理解してもらえない。皆、居場所や仲間を求めてます。 府中市府中町2-18-17。℡042-319-0408。http://freeschooltamagawa.net。リンクからも行けます。

大切な大人との関わり

いつもは「生徒たちにテーマは多い」とか
「社会性、自己認知、耐性などのアップは子ども通しの世界で得るものだ。」
と言わんばかりの説明をしていますが・・・・。

これとは別に「大人との関わり、特に家や学校でなかなか見えない
世界を漂わせてくれる大人、その切り口の違いからなんか信頼感を持てる大人」
との関わりも児童の社会性、発達成長にすごく貴重なんです。

スクールに今居るスタッフやボランティアさんはまさしく、この役割を担っています。
こう言い切れるのは、随所に子供たちの「良い表情」「いい動き」「いい気づき」が
出始めていることが見えているからなんです。

例えば、昨日の様子。

Jは中高生が音楽練習している場でニコニコ見ていましたが
私が「この曲の詩を書いてよ」とふざけた感じで話しかけると
「えー!」とにやにやしてました。Sが「Jは歌う方だよ」と
言うとまた「えー!」と笑っていましたが、まんざらでもないのかも。
とにかく本心は分かりませんが、穏やかなニコニコなんです。

Kは、ピーが通りかかる犬にほえ続け制止を聞かず
「まったく嬉しくなると、限度がない、うるさい、止めても聞こえないんだよ」
と私が愚痴ると「俺と一緒だね」と笑って話しています。
聞いて居た、他の児童は「あはは。分かってる」とばかりに
笑っていましたが、Kの性格の良さを知っている、いいところを認めてる、
と言う感じでいい雰囲気でした。

Mは私とYがパソコン2台で同じゲームを競争している場で
極めて中学生らしい口調でアドバイスをしてきています。
なんだか意味深な説明ですが、児童は誰もがゲームでは
自分を通し過ぎたり、おせっかい過ぎたり、逆だったり
なる傾向がある中で、役立ち方、関わり方に節度が出てきたのは
各自の成長なのかと思うわけです。

ここまで特に小学生たちはボラMOさんが工夫して「社会性」を教えたり、「物の節度」、
「ルール」について窘めたりしていることを、割と安らかに受け止めているように見えます。
これは彼女が、個別に付き添っているような形も、離れて見守っている形も出来るし
引っ張る事も誘導することも、子どもを困らせないでやれるように考えているからです。

またボラT君も万遍なく児童と関わりができる人で、ふんわり安心感を与える素養があり
Yと小説の話を延々してくれたたり、THと話す中で学習のポイントを自然に気付かせる
ようなこともしたり、SKとは(目下のフォローをする役のSKの思いを汲んで)いかに
良いことをしてると認めているかを伝えているような話し方ができています。

それぞれ、児童にとって得るものが大きい、触れ合って良かったと
後々、子どもが思える人達なのでとても貴重です。

いつもは今日書いたようなことを細かくは報告していませんが
こうしたシーンもたくさん出て来ています。
また大人も日々このような子どもの様子でやりがいを見出しています。

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ フリースクール・サポート校・ホームスクールへ
にほんブログ村 押していただくと嬉しいです。  
 



スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

とびたくん

Author:とびたくん
児童養護施設職員、学童保育指導員、主婦、保護者、元教師、大学生が仲間です。私も家族が障害に悩み不登校になった経験があります。「学校」に囚われず、学習、遊び、ゲーム、料理、イベント、わんこの触れ合いなど、安心できる場。同じ空間の住人と認め合う、何かしたくなる、知らぬ間にリズムや社会性が身につくのが理想です。安心や自信、仲間を得て、大学に進んだ子、中高復学した子、学校併用の子。さまざまです。NPO調布青少年の居場所Kiitos、NPOフリースクール全国ネットワーク、一般社団法人 発達心理ライフケア協会の皆様にご協力、ご指導いただきながら、生徒会員や保護者のみなさんと頑張っています。

2017年には教育確保法が成立、フリースクールは学校と同じ扱い、つまり学校以外の子供の教育の場と認められました。しかし、まだ国から財政支援が得られていませんので、運営側と保護者の負担が大きいままです。皆さんで国や社会に訴えて、本当の教育無償化を目指しましょう。

 →スクールのパンフレットです1  →スクールのパンフレットです2

最新記事

リンク

カテゴリ

最新コメント

メールでのお問い合わせ

フリースクール多摩川のアドレスに送信されますので、他の人には 見えません。

名前:
メール:
件名:
本文:

メールの欄は貴方のアドレスを入れてください。

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

最新トラックバック

アフィリエイト