FC2ブログ
府中駅徒歩5分(多摩地区) NPO法人フリースクール多摩川 不登校支援
                         育児、学童保育、児童養護施設など集団の中で悩む子どもを見てきました。疎外感を持つ、空気がつらい。発達障がいや心的ストレスを理解してもらえない。皆、居場所や仲間を求めてます。 府中市府中町2-18-17。℡042-319-0408。http://freeschooltamagawa.net。リンクからも行けます。

人の気持や感覚は傍からは分からない事が多い? その2

私は学習塾、学童保育、児童養護施設、養育支援システム、フリースクールなどで
職員、アルバイト、ボランティアを経験してきましたが、自分だけでなく、それぞれの
場にいる仲間や先輩も同じように思っているんだなあと、よく感じたことがあります。
それは・・・ちょっと教育保育側が外に言うにはタブー的語彙ですが。

「子ども自身の考え、感じ方、ニーズが読めない子が増えたなあ」
「親御さんの思い入れを受け過ぎて、自身の考えが出てこないんじゃない?」
「逆に親御さんが自分しか見えなくて、子どもは自分が認められない寂しさを感じ過ぎ
それで、考えることをやめたんじゃない?」
「いやいや、ご家族はいい感じで子どもと接している。関係ないよ。子どもがまだ成長段階だからだけだよ」「最近社会では、個の自由度や権利保護がいびつにとらえられてるから、児童も自然な振る舞いにならないんだよ」などなど。

こんな会話は現場には出てきます。これらは悪意や非難ではなくて、子供に寄り添う気持ちになっている大人が、いろんなことを想像して発しているだけです。ただ、やはり昔から親御さんの影響や家庭環境は現場で見ている大人が参考視するポイントにはなります。それは児童が親御さんの影響を受けるのは当たり前だからです。
同時に通常の教育保育現場でそれを親御さんに言いすぎるのは、何故にタブーなのか?それは家庭の問題、家族の尊厳に触れてしまうからです。それは越権?傲慢?なんて言うんでしょうか?なんせ失礼なんです。確かに。
(だから、そうした通常現場では親御さんに、カウンセラーや一緒に考える支援機関に行くことをお勧めしているケースが多いわけです。)

さてさて、私は昨年40数年振りに小学校の同窓数人と会いました。
中学から転居してしまったので、本当に皆、40年振りです。それでもちゃんと
互いに細かい事まで覚えていることには、かなり驚きました。
その時に(酒も入って?)友人から聞いた私の小学生時代の印象です。

「斜に構えている」「なのにリーダ的なこと言う」「結構当たっている」
「言い方が偉そう」「上から発言」「先生の前で良い子」「金持ち振る」
「友達にやさしい」「急に黙る」「弱弱しいときがある」「一緒に居る子は多かった」

なんとも脈絡もなく、まとまらないんですが・・これが子どもなのでしょう。
FS多摩川の生徒もどこかは似てるとこあるでしょ?

私自身は、自分の小学生時代を思い起こすと、考えていたこと、動いていたことは以下になります。
「自分は思いやりがある」「頭がいい」「平等主義」「ちゃんとしてる」「褒められる」
なんだか友達の見た目と違いますね?でもなるほどなんです。
(今思い出しているので、つまり大人の私が結論ありきで書いてしまっていますが)


小学校時代、祖父母、親類も近所で週末は3,4家族集う感じでした。
「親、親類は国立大しか学校じゃないと言うようなところがあり医者や有名会社のエリートらしい」「名士一族?みたいな扱いをされている感じが周りの大人の言葉から匂う」
「父や叔父は自分のステイタスの話が多いが、社会非難や他者蔑視めいた言葉も多い」(叱られそうですが、よくテレビに出てくる元都知事を見ると叔父を思い出します)

「特に父は泥酔すると、幼児みたいな愚痴、絡みが激しく、起こされた私は泣きながら
抗議をしていたが、泥酔した父はそれが嬉しく遊んでいるつもりだった。翌朝父は覚えていない」「私は、うちはおかしい。友達に言えない。招けないと思っていた。」
この頃から(今でも)赤面症になりました。
「隠しているつもりだっただろうが、母もよく泣いていたし、父の妹が離婚を勧める場も見てしまった」「お前は一族の初めての子だから、親や叔父たちと同じく一流大学に行きエリートになると言うようなことをたびたび言われていたが、親たちが言うステータスと
実際親たちの陰の部分が、マッチしていないことに気付いていた?」
「お嬢様で一流に嫁いだ構図の母が、表にはそれを装い続け、疲弊していくのも気づいていた?」
高学年?中学?からは「学力だけ一流でも、人間力、発信力、自己こだわりポイントが弱いととこうなる」の典型で、父は描いたエリート道から外れ、アル中になります。(元の人柄は良いので親身な人もいてくれたことが救いですが)
私も息切れして、良い子を装うことは放棄していった時期かと思います。言い訳?
でも、そうなって良かったです。私は自分を見つけられた。

長くなりましたので、これくらいにしておきます。失礼しました。

ついつい自分のことを書きまくってしまいましたが・・・・
子どもが意識無意識の中で感じていること、大人にも本人にも分からないことは
たくさんあるんですね?難しいです。
だけど、分からないなあと思いつつ考えて、寄り添うことは不毛ではありません。
当たっているかどうかよりも・・・ですよね?

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 押していただくと嬉しいです。  
 
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

とびたくん

Author:とびたくん
児童養護施設職員、学童保育指導員、主婦、保護者、元教師、大学生が仲間です。私も家族が障害に悩み不登校になった経験があります。「学校」に囚われず、学習、遊び、ゲーム、料理、イベント、わんこの触れ合いなど、安心できる場。同じ空間の住人と認め合う、何かしたくなる、知らぬ間にリズムや社会性が身につくのが理想です。安心や自信、仲間を得て、大学に進んだ子、中高復学した子、学校併用の子。さまざまです。NPO調布青少年の居場所Kiitos、NPOフリースクール全国ネットワーク、一般社団法人 発達心理ライフケア協会の皆様にご協力、ご指導いただきながら、生徒会員や保護者のみなさんと頑張っています。

2017年には教育確保法が成立、フリースクールは学校と同じ扱い、つまり学校以外の子供の教育の場と認められました。しかし、まだ国から財政支援が得られていませんので、運営側と保護者の負担が大きいままです。皆さんで国や社会に訴えて、本当の教育無償化を目指しましょう。

 →スクールのパンフレットです1  →スクールのパンフレットです2

最新記事

リンク

カテゴリ

最新コメント

メールでのお問い合わせ

フリースクール多摩川のアドレスに送信されますので、他の人には 見えません。

名前:
メール:
件名:
本文:

メールの欄は貴方のアドレスを入れてください。

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

最新トラックバック

アフィリエイト