FC2ブログ
府中駅徒歩5分(多摩地区) NPO法人フリースクール多摩川 不登校支援
                         育児、学童保育、児童養護施設など集団の中で悩む子どもを見てきました。疎外感を持つ、空気がつらい。発達障がいや心的ストレスを理解してもらえない。皆、居場所や仲間を求めてます。 府中市府中町2-18-17。℡042-319-0408。http://freeschooltamagawa.net。リンクからも行けます。

情けない。でも自分らしい?

毎日、朝にわんこ散歩に行きます。今日は寝坊して昼前になりました。

「遅いなあ、早くしろ」と変な声をあげるわんこに「お待たせ!」と玄関を開けました。

我が家は典型的な郊外住宅地です。家の前は住人の車しか通りません。

わんこは飛び出して、まずは家前の道を匂いチェック。(よそ者のオシッコがないか)

その時、家の前にタクシーがすっと着きました。

着きましたと言っても家の反対側の壁に停めた感じ。

そしてなんと出てきた運転手は壁に放尿しています。(私たちから5メートルの位置)


どうやらまったく私たちに気付いていない。

「おい!俺とわんこが居るんだぞ」「家にかけているわけではないが家の前だぞ?」

と言いたいのですが「・・・」になってしまいました。

結局、そのタクシーは去りました。


いったい私はどうなったのでしょう?「びびった」「あぜんとした」

「こちらが恥ずかしくなった」「固まった」「現実を把握するのが嫌になった」

「運転手が気の毒になった」


全部かも知れませんが分かりません。だから忘れることにして散歩に出ました。


でも忘れていないからここに書いています。


いい年したおっさんでこうなんですから、人が人の行動を分析するのはむずかしい。

ましてや、自分への言い訳や屁理屈の妙技を持たない子どもや若者は、

自分の言動を「ある種の分析好きな大人」にひとくくりに表現されたらとても嫌でしょうね
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

とびたくん

Author:とびたくん
児童養護施設職員、学童保育指導員、主婦、保護者、元教師、大学生が仲間です。私も家族が障害に悩み不登校になった経験があります。「学校」に囚われず、学習、遊び、ゲーム、料理、イベント、わんこの触れ合いなど、安心できる場。同じ空間の住人と認め合う、何かしたくなる、知らぬ間にリズムや社会性が身につくのが理想です。安心や自信、仲間を得て、大学に進んだ子、中高復学した子、学校併用の子。さまざまです。NPO調布青少年の居場所Kiitos、NPOフリースクール全国ネットワーク、一般社団法人 発達心理ライフケア協会の皆様にご協力、ご指導いただきながら、生徒会員や保護者のみなさんと頑張っています。

2017年には教育確保法が成立、フリースクールは学校と同じ扱い、つまり学校以外の子供の教育の場と認められました。しかし、まだ国から財政支援が得られていませんので、運営側と保護者の負担が大きいままです。皆さんで国や社会に訴えて、本当の教育無償化を目指しましょう。

 →スクールのパンフレットです1  →スクールのパンフレットです2

最新記事

リンク

カテゴリ

最新コメント

メールでのお問い合わせ

フリースクール多摩川のアドレスに送信されますので、他の人には 見えません。

名前:
メール:
件名:
本文:

メールの欄は貴方のアドレスを入れてください。

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

最新トラックバック

アフィリエイト