FC2ブログ
府中駅徒歩5分(多摩地区) NPO法人フリースクール多摩川 不登校支援
                         育児、学童保育、児童養護施設など集団の中で悩む子どもを見てきました。疎外感を持つ、空気がつらい。発達障がいや心的ストレスを理解してもらえない。皆、居場所や仲間を求めてます。 府中市府中町2-18-17。℡042-319-0408。http://freeschooltamagawa.net。リンクからも行けます。

阻害された(した)。当事者通し。その場で見た人と後から聞いた人。感覚の差。

いろいろな子ども施設で必ず考えさせられるテーマです。

その場で見ている大人と、出来事をお子さんから聞いた親御さん、
双方の感じ方の違いは教育保育現場での悩みどころです。

誰が悪いと言う意味ではありません。難しいと言う意味です。
ただでさえ、言葉や態度と本当の思いが整合性なく出る少年期だし。
保育者も親御さんもそれが分かっているから、悪者を出さずに
解決するための気遣いなども過剰にでるので、余計わかりにくくなります。

また、ごくまれには
例えば・・現場の大人が、子どもの特性を考慮できないスキルだ・・・・
例えば・・親御さんにもどこかに特性的な素養がある・・・・
こんな場合は何が課題であるかすら見えなくなることもあります。

話が膨らみすぎるので、これは置いておいて・・・・・・・

現場ではどう悩むか、よくある阻害、無視問題での子供たちの様子を紹介します。
(何らかの理由で加害?児童に著しい悪意があるいじめは別の話です)

1、A子は明るくてお人よしなので周りの子に好かれている。
2、A子はやや所作言動が不思議ちゃん。皆に気に入られている。
3、A子は自分にとって不要だと感じた時には場に反応しないことが多い。
4、A子は自分の感覚にマッチすることを探すことに思いが行きがち。
5、A子はこの時、自己と他児の求めていることの違いがわかりにくい。
6、A子はその違いや程度が分からない時があり、自己感覚ゴリ押しがある。
7、A子は他児から、場へ合わせること促されると窮屈。意味ないと感じる。
8、A子は自己感覚ゴリ押しが他児に困られている時、気づかないことがある。
9、A子は、やむを得ずゴリ押しから逃げる子達に裏切られた感を持ちがち。
10、A子は自分が集団にとって邪魔な存在なんだと妄想気味になる。

他の児童は9で「この場でやることを成立させたい。今だけはA子に遠慮してもらおう」
と言う意識で動くので本当の阻害ではない。ただA子のぐいぐいが激しい時には
逃げ方も必死になる、または秘密裏にしたりするとかがあるから、
何も知らない人がその場面だけ見るとA子が激しく阻害されたとだけ見えます。

でも、また皆の気持や態度は1,2に戻るんです。ここ基本です。
それがA子には訳分からない!と感じる時期もあります。
(ちなみに君ばかりなので今回はA子と書きました、男女特定する意図ではないです)


列挙した事柄の数や文言が正しいのかどうかはともかくとして。。。。
現場ではこれらを意識しているわけですが、どこを切り口にしてどう見るか。
知らないうちに大人都合の是非分析になっていないか。うーん。


スクールでは・・・生徒たちは交互にA子役にもなり、また他児の役も経験します。
どちらの役になっているときも上の1,2があるからこそ9、10を乗り越え、
他番号項目を知覚できるようになっていけるといいなと考えています。
(事実、明らかに気づきが増えたその子たちが、楽しい場にしている訳です)
にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 押していただくと嬉しいです。  
 
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

とびたくん

Author:とびたくん
児童養護施設職員、学童保育指導員、主婦、保護者、元教師、大学生が仲間です。私も家族が障害に悩み不登校になった経験があります。「学校」に囚われず、学習、遊び、ゲーム、料理、イベント、わんこの触れ合いなど、安心できる場。同じ空間の住人と認め合う、何かしたくなる、知らぬ間にリズムや社会性が身につくのが理想です。安心や自信、仲間を得て、大学に進んだ子、中高復学した子、学校併用の子。さまざまです。NPO調布青少年の居場所Kiitos、NPOフリースクール全国ネットワーク、一般社団法人 発達心理ライフケア協会の皆様にご協力、ご指導いただきながら、生徒会員や保護者のみなさんと頑張っています。

2017年には教育確保法が成立、フリースクールは学校と同じ扱い、つまり学校以外の子供の教育の場と認められました。しかし、まだ国から財政支援が得られていませんので、運営側と保護者の負担が大きいままです。皆さんで国や社会に訴えて、本当の教育無償化を目指しましょう。

 →スクールのパンフレットです1  →スクールのパンフレットです2

最新記事

リンク

カテゴリ

最新コメント

メールでのお問い合わせ

フリースクール多摩川のアドレスに送信されますので、他の人には 見えません。

名前:
メール:
件名:
本文:

メールの欄は貴方のアドレスを入れてください。

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

最新トラックバック

アフィリエイト