FC2ブログ
府中駅徒歩5分(多摩地区) NPO法人フリースクール多摩川 不登校支援
                         育児、学童保育、児童養護施設など集団の中で悩む子どもを見てきました。疎外感を持つ、空気がつらい。発達障がいや心的ストレスを理解してもらえない。皆、居場所や仲間を求めてます。 府中市府中町2-18-17。℡042-319-0408。http://freeschooltamagawa.net。リンクからも行けます。

大人も悩む。それ悪くない事、複数育成現場での具体例

スクールでは午前学習以外に午後2時から「何かしよう時間」を設けています。
もちろん、参加自由です。

クイズ式で常識や学習基礎になるものを得る、絵や工作をする、本を読む、
数字や推理、比較などに慣れるためのカードゲームをする、その他
自分の感じ方や考えを話す場のツールになることをする、などなど。
「絵に描いた餅」になる日もあれば「結構、活かせてるな」と感じる日もあります。

例えば、「クイズ番組、知識番組を見ながら話す・・・」割と食いつきがよく
「お?いい見方だね!よく知っていたね!」なんて大人の喜びがひしひし・・・

先週は2時にスクールに居た8人全員が画面前でそう言う状態になりました。
「おお。強制しなくても、生徒たちはこの時間に違和感をもたないようになれた」
これまた、大人は喜び、席を外して事務仕事へ。
10分後、戻ると場はカードゲーム(数字を使い計算、推理、比較はできるもの)
全員が輪になってやっていました。あはは。


他の事でもよくあるんです。本当の気持はわかりませんので、
私の感覚ですが8人中、6人は「このままでも楽しく集中できる」
または「そんなに楽しくないけど付き合える」「役に立つことも納得できる」
1、2人は「つまらんなあ」「何でやらされる」「なぜ横並びで」かと思います。
(役割は変化するが)この後者が「やっぱカードゲームしない?」と言いだせば
一気にカードゲームの方に皆が移るんです。

また、「カードゲーム(数字、推測、判断スピード)が苦手な子
にとっての「何とか入っているけど楽しくない感」も見え隠れして、
そっちのタイプの子たちはビデオの方が安心だったと分かっています。
ここで、「自由なんだからそのまま画面の方に居ればいいんだよ」と
言ってやりたいところなんですが、集団に居たい、楽しそうにやることの
あこがれ、優等生っぽい見られ方されたくない、なんてのもあるのかも。

これは午前学習でもそうです。
(自分の苦手な科目のことや、通常の対応されると苦しくなる性格などを友達や大人に
知られたくないとか、複数で学習する場は緊張不安過剰もありますので、もっと揺れます。本人が将来必要だと知っていると余計なります。

話がもどりますが・・・・そうなんです。子ども世界の常なんですが
強制ではないと言いつつも、「これやる時間と決めてあったよね?」
「ある程度は合わせるべきでしょ」と言うオーラを出す役が居ないと
こうなるんです。でも、生徒たちがおかしいわけではないんです。
自由選択を話してあるので、正しいとも言えるわけです。
むずかしいですよねえ。世の多くの人は「子どもの将来のためは甘やかしは限度がある」と
見ているきらいがあります。これも正しいんです。

よく、カウンセリングや関連本には特性のありそうなお子さん、ストレスの高い
お子さんへの対応、アドバイスが多く描かれています。
これらは基本「子どもを単体で分析してよりよい気づき、動き方」を
アドバイスしますので、分かりやすいし、即効性もあります。親も「わかった!」
ただし、それはお子さんの個人視点から見ての行動、考えアドバイスという事になりますので、学校はもちろん、スクールのようなところでさえ、個人視点が通用する事柄は少なく複数の考え、動きとの軋轢を感じるものです。つまりは、本などにある説明よりも
もっと複合要素がからみ合うので、それを加味して応用しないと立ちいかないのが社会なんでしょう。


自分の癖を知る、工夫を考える、比較を考える、節度を感じる、
多少は我慢して自己の必要を得る、人の権利を奪うまで自己欲求に走らない、
これらを集団の中で、自分独自のものを身につけていくことが肝心です。
その中には「悩める大人の姿を通して身につくこともあります。」
大人は子供が自分を責めるようなことにならないよう留意しつつ、
明るく子どもを一体感を持って悩みましょう。
(これは・・私達が自分に対して言っているようですね?)


 にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 押していただくと嬉しいです。  
   
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

とびたくん

Author:とびたくん
児童養護施設職員、学童保育指導員、主婦、保護者、元教師、大学生が仲間です。私も家族が障害に悩み不登校になった経験があります。「学校」に囚われず、学習、遊び、ゲーム、料理、イベント、わんこの触れ合いなど、安心できる場。同じ空間の住人と認め合う、何かしたくなる、知らぬ間にリズムや社会性が身につくのが理想です。安心や自信、仲間を得て、大学に進んだ子、中高復学した子、学校併用の子。さまざまです。NPO調布青少年の居場所Kiitos、NPOフリースクール全国ネットワーク、一般社団法人 発達心理ライフケア協会の皆様にご協力、ご指導いただきながら、生徒会員や保護者のみなさんと頑張っています。

2017年には教育確保法が成立、フリースクールは学校と同じ扱い、つまり学校以外の子供の教育の場と認められました。しかし、まだ国から財政支援が得られていませんので、運営側と保護者の負担が大きいままです。皆さんで国や社会に訴えて、本当の教育無償化を目指しましょう。

 →スクールのパンフレットです1  →スクールのパンフレットです2

最新記事

リンク

カテゴリ

最新コメント

メールでのお問い合わせ

フリースクール多摩川のアドレスに送信されますので、他の人には 見えません。

名前:
メール:
件名:
本文:

メールの欄は貴方のアドレスを入れてください。

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

最新トラックバック

アフィリエイト