FC2ブログ
府中駅徒歩5分(多摩地区) NPO法人フリースクール多摩川 不登校支援
                         育児、学童保育、児童養護施設など集団の中で悩む子どもを見てきました。疎外感を持つ、空気がつらい。発達障がいや心的ストレスを理解してもらえない。皆、居場所や仲間を求めてます。 府中市府中町2-18-17。℡042-319-0408。http://freeschooltamagawa.net。リンクからも行けます。

感情表現に特徴のある子、感情そのものは純粋、何も問題はない訳です。

そんな事わかっているわと叱られるかもしれませんが、前回の記事を読んで
誤解する人が出ると困るなと心配になりまして。書かせてもらいます。

ええ、それはタイトルに書いたようなことです。
一般的に「発達障がい傾向に見える(もしくはそう診断された)お子さんが
感情表現に特徴があることで、人との関わりで困ることが多い」と紹介しました。

これは、あくまでも「感情がうまく表現できない、気づかれない、逆にとられる」などを
説明したもので。本来の感情そのものは純粋で喜怒哀楽がちゃんとしているんです。
感情そのものに問題がある場合は「発達障がい」「その傾向がある」とはなりません。


その感情を「包括的な分析感覚で」「複合要素のある場で」「場にあった対応処理方で」
「自己決断を」しながら表現することに難があることが多いだけです。
(こんなこむずかしい言葉で説明するのはまどろこしいですね)


平たく言うと・・
感情と行動が一致していないようにみられることが多かったりする訳です。
前回は、それに拍車をかけるような育成環境だと、子供も「それで自分は困らない」「不可思議でもないだろう」と過ごす、そうすると後で子どもが大変なんですと言いました。
だから私たちは「この感情の時はこんな風に動くと表現できる」「他の人にも個々に感情がありこう表現してる」そのような教えを一緒に考えたい、あるいは子どもが子供たちの中で見つける手伝いをしたいと説明しました。

スクールの火曜の風景です。
推理、比較、把握、裏表、人の様子分析、選択決断など通ずるカードゲームを集中してやっています。もちろん「笑いや冗談、不可思議感の無い競争、勝利感、敗北感」も表現できています。

運動時間は2ケタ人数で野球をしました。
これも同じです。30分乱れず、楽しく出来ています。とても安心していると、本当の感情が表現しやすいのかもしれませんね?


NCM_3219.jpg

NCM_3217_201602111305481cd.jpg
わんこがベンチで監督になっていますね。

 にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 押していただくと嬉しいです。  
   
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

とびたくん

Author:とびたくん
児童養護施設職員、学童保育指導員、主婦、保護者、元教師、大学生が仲間です。私も家族が障害に悩み不登校になった経験があります。「学校」に囚われず、学習、遊び、ゲーム、料理、イベント、わんこの触れ合いなど、安心できる場。同じ空間の住人と認め合う、何かしたくなる、知らぬ間にリズムや社会性が身につくのが理想です。安心や自信、仲間を得て、大学に進んだ子、中高復学した子、学校併用の子。さまざまです。NPO調布青少年の居場所Kiitos、NPOフリースクール全国ネットワーク、一般社団法人 発達心理ライフケア協会の皆様にご協力、ご指導いただきながら、生徒会員や保護者のみなさんと頑張っています。

2017年には教育確保法が成立、フリースクールは学校と同じ扱い、つまり学校以外の子供の教育の場と認められました。しかし、まだ国から財政支援が得られていませんので、運営側と保護者の負担が大きいままです。皆さんで国や社会に訴えて、本当の教育無償化を目指しましょう。

 →スクールのパンフレットです1  →スクールのパンフレットです2

最新記事

リンク

カテゴリ

最新コメント

メールでのお問い合わせ

フリースクール多摩川のアドレスに送信されますので、他の人には 見えません。

名前:
メール:
件名:
本文:

メールの欄は貴方のアドレスを入れてください。

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

最新トラックバック

アフィリエイト