FC2ブログ
府中駅徒歩5分(多摩地区) NPO法人フリースクール多摩川 不登校支援
                         育児、学童保育、児童養護施設など集団の中で悩む子どもを見てきました。疎外感を持つ、空気がつらい。発達障がいや心的ストレスを理解してもらえない。皆、居場所や仲間を求めてます。 府中市府中町2-18-17。℡042-319-0408。http://freeschooltamagawa.net。リンクからも行けます。

「気を使う、人のこと考える」これ自分を怖がらないようになると、ぐんと育ちます。

NCM_3232 (1) これはスクールだけでなくて
 6年生まで来る学童保育、塾、
 児童養護施設の現場でも見てきたこと
 なので、少年期の児童全般に言えます。

 子どもは「自分のことを嫌じゃなくなる」
 「誰かに認められてる、好かれている」
 と思うようになると・・・・
 気を使う、人のために表現することが
 出来るようになってきます。

(一部の妙に大人に便利な、やたらに気のまわる子は別です。これはこれで先々心配。自分を好きじゃなかったり、不安感のごまかしだったりしますので。。いじめの加害側にされることも多いタイプですね。)

話が戻りますが「適度な気遣い、人思い」は、自分の為にも自然にそうしていると言うことが、なんとなく体で(頭で?)わかってくるわけです。つまりは、人と比べられるの怖い、見られるの怖い、自己否定、これらが減っている状態だと思うんです。

お子さんによっては、すごく時間がかかります。特に「自分は不登校だ」「不思議だと言われる」「なにが違うのか訳分からない」とずっと貯めてきた子。また、本人の性質的悩みではなくても「家は他所の家と違う気がする」(以下スクール生徒にはないけど世には多い)「なぜ叩かれる」「なぜ罵倒される」などなど、ずっと小さな体に蓄積させて来ていると、これは相当かかります。

でも、安心、自分信頼、人信頼への変換期が来ます。それ感じられる環境に居れば。
もちろん、スクールに関しても、それが実証されていると感じています。
大人との信頼も増してくるわけですが、やはり児童通しの関わりの中で各自が得ているものが大きいんだと思います。自分を怖がらなくなれば、見えるものが変わるんです。


だから、最近は児童から「今度いつ休むね」「自分は来週いつといつ来る」など、一般的に、集団が潤滑に動きやすい情報を言える子も増えています。一見、私達の為に気を使って・・ですが、それは子どもが自己存在感を得たからだと思いますよ。

余計なことも言うと、そこまで到達する前に「教科学習で自信を」「ゲーム三昧をセーブして」枠で先回りして対処しても、ほとんど意味はないとも言えます。却って子どもの自己否定を高めるきっかけにもなりかねません。
(むろん、子供によります、効果的な状態もありますので誤解なさらないでくださいね?)

この状態を見極め、順番を一緒に考えるのは大人の役だと思います。

 にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 押していただくと嬉しいです。  
   
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

とびたくん

Author:とびたくん
児童養護施設職員、学童保育指導員、主婦、保護者、元教師、大学生が仲間です。私も家族が障害に悩み不登校になった経験があります。「学校」に囚われず、学習、遊び、ゲーム、料理、イベント、わんこの触れ合いなど、安心できる場。同じ空間の住人と認め合う、何かしたくなる、知らぬ間にリズムや社会性が身につくのが理想です。安心や自信、仲間を得て、大学に進んだ子、中高復学した子、学校併用の子。さまざまです。NPO調布青少年の居場所Kiitos、NPOフリースクール全国ネットワーク、一般社団法人 発達心理ライフケア協会の皆様にご協力、ご指導いただきながら、生徒会員や保護者のみなさんと頑張っています。

2017年には教育確保法が成立、フリースクールは学校と同じ扱い、つまり学校以外の子供の教育の場と認められました。しかし、まだ国から財政支援が得られていませんので、運営側と保護者の負担が大きいままです。皆さんで国や社会に訴えて、本当の教育無償化を目指しましょう。

 →スクールのパンフレットです1  →スクールのパンフレットです2

最新記事

リンク

カテゴリ

最新コメント

メールでのお問い合わせ

フリースクール多摩川のアドレスに送信されますので、他の人には 見えません。

名前:
メール:
件名:
本文:

メールの欄は貴方のアドレスを入れてください。

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

最新トラックバック

アフィリエイト