FC2ブログ
府中駅徒歩5分(多摩地区) NPO法人フリースクール多摩川 不登校支援
                         育児、学童保育、児童養護施設など集団の中で悩む子どもを見てきました。疎外感を持つ、空気がつらい。発達障がいや心的ストレスを理解してもらえない。皆、居場所や仲間を求めてます。 府中市府中町2-18-17。℡042-319-0408。http://freeschooltamagawa.net。リンクからも行けます。

浮いてしまうこっけいさ、執拗さ、暴力的言動、当人は前向きに表現してる場合が多い

「漫才やコメディを見て皆で笑う場面、なぜかそうならないで皆に違和感を持たれる」とか
「皆がそれやろうよ!と盛り上がるとき嫌がり、実現しないように動いてしまう」
「人への言い方、接し方が悪意敵意があるみたいな、過激、暴力的になりがち」
「逆に節度のない赤ちゃんみたいなべたつきもあり、でもコロコロ対象を変える」
「自分から○したいと言ったのに、途中で意味ないと愚痴る、強いられたように嘆く」など
発達障がい傾向のお子さんがよく指摘されることです。

幼児期、家の中はその不思議、困り感はそうそう明らかには
なりにくい環境です。上記は幼児なら不思議でないので。
(またご家族が同じ傾向を持たれている場合は、もっと顕著です)

とは言っても子どもは考えます。発達もします。不安や違和感の中で終始さぐっていると言う感じもあります。
これは最大限、支援していくべきところです。

「自分のおどけ姿が受け周りが喜んだ、そこで、その後は何かにつけそれをやってみる」
これが良い事なんだなと言う、子どものマニュアル認識、ある意味ではサービス精神です。

だけど、小学生くらいになると、その場その場でTPOが必要になる。
ここがつらいところです。
「いつまでそれやるの?」「しつこくない?」「この環境でそれ面白くないよ?」
「浮いてるよ?」「却って周りが困るよ?」こんな洗礼も浴びます。パニックです。

同じように「元気があるね」「はっきりしてていいね」「正義漢だね」「お約束守るね」
褒め言葉をもらう幼児期の行動が、少年期以降には急に「狡猾」「暴力的」「ゴリ押しなし崩し」「執拗」のような周りの評価に一変してしまうことがあり、これは保護者さんが大層驚きます。

これも良い事だ、純粋に表現しようと言うマニュアル認識、サービス精神で動いていたお子さんのTPO認知、応用の乏しさから、行為が誤解されることが多くなるものかと思います。

もっともつらい言われ方は「そんな事するならここに居るなよ」です。これは一般的にはすっと分かりそうな窘めですが、この子達には、なかなかすっきり何を言われているか分かりづらいので、かなり傷つきます。
ちなみに、時には言葉の順序を反対に言うとか、角度を変えてマニュアルみたいに話すと、なるほどと納得することもあります。

いずれにしても支援方は子どもにTPOをたくさん認知させ、一般的にいう所の応用期待ではなくて、TPOマニュアル量やパターン認識をアップさせることを考えます。だから、人と関わることが外に居ることが大事になります。
明るい環境にいることで相当に得られるものが増えます。

長くなってしましましたが、以下はある教育マニュアルにあった
「発達障がい理解」の解説一部コピーです。確かに知っておいてあげたい内容です。
決して悪意画策姑息ではなく、純な気持ちで、同時にある種の気遣いも持ちながら
場に人に、自己の困り感を出し過ぎないようにする子が多いんです。
(参考まで)

・人との適切なかかわりが難しく,孤立することがある。
  (執拗、過激、自己中に見られることが原因で,孤立してしまうことが多い)

・はじめての人にもよく知った人にも親しげな態度をとることがある。
・必要以上に体を接近させて話す場合がある。
      →相手に応じてかかわったり,適当な距離を保つことが難しい。

・一度に何人もの人に,適切に注意を振り向けることが難しい。
      →友達の中でだれか一人を独占しないと気がすまないことがある。

・仲間内の秘密を違う人に話してしまう場合がある。
      →「秘密を守る」という暗黙の了解事項が分からないことがある。

・場にそぐわない大きな声で相手を呼んだり,人を厳しく責めることがある。
      →相手がいやな思いをするかもしれないことに気付きにくい。

・相手の表情,声の大きさ,抑揚などから,相手の意図を読みとることが難しい。
・言語発達の遅れではなく,「年令にそぐわない会話」「冗談が通じない」
  「会話が一方的」という形であらわれる。

・仕事を頼まれ「急がなくていいよ」と言われると,いつまでも手をつけないことがある。
      →字義どおりの解釈をしたり,あいまいな表現の理解が難しい。

・話し方の口調や遣う言葉,表現の仕方,声の大きさに特徴がある。
・会話のときの視線や表情が不自然である。
      →非言語コミュニケーションを適切に使うことが難しい。

・一方的に話し続けたり,相手の話の途中で突然その場を離れたりすることがある。
      →自分の興味や関心に強くとらわれている。

・話の内容がどんどんそれていってしまうことがある。
      →会話や話題を共有することが難しい。

・ 「特定の事柄に関心が強い」「全体像をとらえることが苦手」
   「収集癖がある」などの形であらわれる。

・就寝時間までにテスト勉強が終わらず,パニックになってしまうことがある。
      →固定された習慣を崩されると,混乱してしまう。

・少しでもルールからはずれた友達を厳しく非難することがある。
・分かってもよさそうなルールや道理を理解することが難しい。
      →ルール(固定された習慣)を守ることや,新しく受け入れることに対する強いこだわりがある。

・カタログ的知識にとても興味を示し,好きなものを集めることがある。
 こだわりのプラスの面がうまくあらわれると勉強や特定の分野で優れた能力を示すことがある。
 ・年代を覚えるのが得意
 ・パソコンの操作を覚えるのが早い                   
 ・決められた係活動を忘れずに行う  など

 にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 押していただくと嬉しいです。  
    
                                               
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

とびたくん

Author:とびたくん
児童養護施設職員、学童保育指導員、主婦、保護者、元教師、大学生が仲間です。私も家族が障害に悩み不登校になった経験があります。「学校」に囚われず、学習、遊び、ゲーム、料理、イベント、わんこの触れ合いなど、安心できる場。同じ空間の住人と認め合う、何かしたくなる、知らぬ間にリズムや社会性が身につくのが理想です。安心や自信、仲間を得て、大学に進んだ子、中高復学した子、学校併用の子。さまざまです。NPO調布青少年の居場所Kiitos、NPOフリースクール全国ネットワーク、一般社団法人 発達心理ライフケア協会の皆様にご協力、ご指導いただきながら、生徒会員や保護者のみなさんと頑張っています。

2017年には教育確保法が成立、フリースクールは学校と同じ扱い、つまり学校以外の子供の教育の場と認められました。しかし、まだ国から財政支援が得られていませんので、運営側と保護者の負担が大きいままです。皆さんで国や社会に訴えて、本当の教育無償化を目指しましょう。

 →スクールのパンフレットです1  →スクールのパンフレットです2

最新記事

リンク

カテゴリ

最新コメント

メールでのお問い合わせ

フリースクール多摩川のアドレスに送信されますので、他の人には 見えません。

名前:
メール:
件名:
本文:

メールの欄は貴方のアドレスを入れてください。

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

最新トラックバック

アフィリエイト