FC2ブログ
府中駅徒歩5分(多摩地区) NPO法人フリースクール多摩川 不登校支援
                         育児、学童保育、児童養護施設など集団の中で悩む子どもを見てきました。疎外感を持つ、空気がつらい。発達障がいや心的ストレスを理解してもらえない。皆、居場所や仲間を求めてます。 府中市府中町2-18-17。℡042-319-0408。http://freeschooltamagawa.net。リンクからも行けます。

自閉的こだわりが元で、パッと見は何もせず、言い訳や批判ばかり。でも自閉枠の広げ方ずらし方をゆっくり覚えます。

どうもタイトルがしっくりきません。

スクールや施設でこれまで見た子の多くに当てはまるかなと思う事例です。

何か皆でやろうかと言う段になると「1人の方がいい」「興味ない」「意味ない」と言うが、「じゃあ外れていてもいいよ」と認めると、落ち込むか、参加者侮辱みたいなこと言う。
(もちろん、耐性や発達が進んでいる場合は「ひょうひょうと輪の外で自分のしたいことをしている」と言う、しっかりとした行動をとれてきますが、一般的には不自然な頑なさに見られますので、友達や大人が気を使い声掛けすると、本人は、困っていないのにどうして声かけられるんだろうとやや不安を感じる場合もあるようです。)

何人かでその事が始まるとなぜか「割り込む」「茶々入れる」「ルールを無視して場を崩す」「狙い撃ちで気のいい相手をつかまえ、自分のやり方を強要したがる」
(これも発達が進んでいるとそこまではしなくてすむ、でも、なんか半分離れていて半分関わってきてと言うような感じもでることがあります。または激しい無視?皆が居ることを認めていないように見える離れ方もややあります)

でも、もう1ランク成長、耐性、慣れみたいなものが身につくと、人から見て(  )のうち不自然さをひいたものになりかけます。

いずれにしても上の2点のパターン、自閉特性のある子には多い例ですね?

1つ目の「意味ない」「興味ない」「独りがいい」と思ってもいい、でも「それなら落ち込むな、やっている人を批難するな」と突っ込みたくなることありますね。

2つ目の行為まででると、子供は「なぜ?どうしてそんなことするの?」「あれは言い訳だったの?」「普通、自分がああ言ってら、こうはしないよねえ?」などの攻撃を受けて、焦ります。トラウマをもちます。それは突っ込む側の大人や友達は結果だけみて、当人の「意味ない、興味ない」は言い訳のようなものだと感じているからなんですが、本当は違うことも多いです。当人は正直に話している場合は言い訳ではない、表現材料が乏しかったり、自閉的な感覚材料で話していることも多いわけです。また
「やりたくない訳ではなくて、自分の成功が見えていて、周りの子は自分の想定範囲で自分の安心できる動きをして、しかも評価してくれたり、自分の行動に喜んでついてきてくれる子がいるなら、それは
やってもいいし、面白いかも」こんな風に説明がつく思考なのかなあと思います。 一般感覚を持つ人にとってはウルトラC難度の条件に見えるかもしれませんが、成功しかみない。人を想定内に封じ込めたいようなところにこだわっているので、本人の自己への不可思議感覚は持ちにくいです。
結局、周りの大人や友人は「自閉の枠の外側での常識も加味しながら、初めから結果までのことを通してその子を分析する」ので、つい上記のような誤解が多くなります。(もちろん、本当に指摘されるべき部分、それで育まれる、適度な成長過程の中での過剰や傲慢はどんな子にもあるので、それは言い訳はあかん!と諭される方が成長します。話はややこしいですが)

なので、できるだけ自閉の向き、角度を固まらせない、潔癖度合も緊張までいかないようにする、理屈ではなく体感で「自閉枠の外空気に触れている機会を増やす」ことは大事なのかと思うわけです。それが例えば、スクールでは年代とともにあるいは時間とともに子どもの言動に実証されていくことも多いのです。</div>

  にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村 にほんブログ村 押していただくと嬉しいです。  
     
スポンサーサイト



コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

とびたくん

Author:とびたくん
児童養護施設職員、学童保育指導員、主婦、保護者、元教師、大学生が仲間です。私も家族が障害に悩み不登校になった経験があります。「学校」に囚われず、学習、遊び、ゲーム、料理、イベント、わんこの触れ合いなど、安心できる場。同じ空間の住人と認め合う、何かしたくなる、知らぬ間にリズムや社会性が身につくのが理想です。安心や自信、仲間を得て、大学に進んだ子、中高復学した子、学校併用の子。さまざまです。NPO調布青少年の居場所Kiitos、NPOフリースクール全国ネットワーク、一般社団法人 発達心理ライフケア協会の皆様にご協力、ご指導いただきながら、生徒会員や保護者のみなさんと頑張っています。

2017年には教育確保法が成立、フリースクールは学校と同じ扱い、つまり学校以外の子供の教育の場と認められました。しかし、まだ国から財政支援が得られていませんので、運営側と保護者の負担が大きいままです。皆さんで国や社会に訴えて、本当の教育無償化を目指しましょう。

 →スクールのパンフレットです1  →スクールのパンフレットです2

メールでのお問い合わせ

フリースクール多摩川のアドレスに送信されますので、他の人には 見えません。

名前:
メール:
件名:
本文:

メールの欄は貴方のアドレスを入れてください。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

最新トラックバック

アフィリエイト