FC2ブログ
府中駅徒歩5分(多摩地区) NPO法人フリースクール多摩川 不登校支援
                         育児、学童保育、児童養護施設など集団の中で悩む子どもを見てきました。疎外感を持つ、空気がつらい。発達障がいや心的ストレスを理解してもらえない。皆、居場所や仲間を求めてます。 府中市府中町2-18-17。℡042-319-0408。http://freeschooltamagawa.net。リンクからも行けます。

先々、少しでも役立つこと、その種。いろいろある筈でしょう

NCM_3401.jpg 今日は普段は小学校に行き週に1回、
 午後はスクールで人関わりや活動をする
 男子が来て、 さらに最近少し休んでいた
 小学女子が1年生弟と一緒に来ました。

 高校生は夕方に来ることが多いですが、
 今日は一人、早めにきたこともあって、
 ドッジボールなどの運動も賑やかな感じです。
 皆が関われて良かったです。(気配りも公平さもできてる)

さて、TVゲーム時間、小学姉弟はスタッフに「ボードゲームがしたい」と言いました。
Sが提案した、軽い教材的ゲームに食いついて、あれこれ知恵を絞っていました。

この時、下の小中学生組は「暇だよう」「なんか一緒にやってよ」と私に言うので、「学習でもするか?」とニヤニヤ笑い返すと、
「嫌だあ、ちゃんと午前やったよ」と2人が訴えてます。金魚みたいにパクパクしていました。
すかさず、週1回来る子が「俺は頑張って午前中学校出てるんだぞ」と自慢していましたが、中学生組は「えらいぞ」と答えていました。おそらく、「その子がとても緊張しつつも学校行けてる。」「その分、スクールに来たときに弾けるんだ、嬉しそうに自分たちと会話している弟分みたいな子だ。」「いいもんだな」と感じているのかもしれないなと、私はふと思いました。

スクールのようなところは、いろんな子が、いろんな形で、人関わり、所作、知識などの気付きや慣れ、学習ができる。
なかなか事前に画一的には説明できないが、児童の何かのためになる可能性を持つ事柄が転がっているのかなと思います。

  にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 押していただくと嬉しいです。  
     
 

 
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

とびたくん

Author:とびたくん
児童養護施設職員、学童保育指導員、主婦、保護者、元教師、大学生が仲間です。私も家族が障害に悩み不登校になった経験があります。「学校」に囚われず、学習、遊び、ゲーム、料理、イベント、わんこの触れ合いなど、安心できる場。同じ空間の住人と認め合う、何かしたくなる、知らぬ間にリズムや社会性が身につくのが理想です。安心や自信、仲間を得て、大学に進んだ子、中高復学した子、学校併用の子。さまざまです。NPO調布青少年の居場所Kiitos、NPOフリースクール全国ネットワーク、一般社団法人 発達心理ライフケア協会の皆様にご協力、ご指導いただきながら、生徒会員や保護者のみなさんと頑張っています。

2017年には教育確保法が成立、フリースクールは学校と同じ扱い、つまり学校以外の子供の教育の場と認められました。しかし、まだ国から財政支援が得られていませんので、運営側と保護者の負担が大きいままです。皆さんで国や社会に訴えて、本当の教育無償化を目指しましょう。

 →スクールのパンフレットです1  →スクールのパンフレットです2

最新記事

リンク

カテゴリ

最新コメント

メールでのお問い合わせ

フリースクール多摩川のアドレスに送信されますので、他の人には 見えません。

名前:
メール:
件名:
本文:

メールの欄は貴方のアドレスを入れてください。

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

最新トラックバック

アフィリエイト