FC2ブログ
府中駅徒歩5分(多摩地区) NPO法人フリースクール多摩川 不登校支援
                         育児、学童保育、児童養護施設など集団の中で悩む子どもを見てきました。疎外感を持つ、空気がつらい。発達障がいや心的ストレスを理解してもらえない。皆、居場所や仲間を求めてます。 府中市府中町2-18-17。℡042-319-0408。http://freeschooltamagawa.net。リンクからも行けます。

大人がはみ出る勇気?

今回は具体的な事が言えないので、お伝えしたいことがはっきり出来ない。もしかしたら誤解されるかもしれないと思いながらも、やはり書きます。

子どもを育てる、寄り添う、導く仕事(これは家庭もそうです)。
時にマニュアルに沿わない方がいい場合もあります。
個の児童の性格、状態、環境、過去影響、成長具合を肌で感じて、特例?どういうのでしょうか、「その対応はマニュアル的でなく、今は適切に見えないかもしれないが、実はそれで後々、子どもが安定、成長するだろう」と言うケースが少なくないです。


昔に比べて、これが出来る大人は少ないです。(表面上)
全国民マニュアル化していますし、本当の責任の意味も分からず、なにかにつけ責任の明確化とばかり言う人、良く知らないのに攻撃することで意義を感じる人の増加、そのため危機管理優先のような感覚が社会の中で大きくなっていますので、やむを得ないです。


長く「子供に関わる業界」に触れていると、程度はともかくとして
「行政にマニュアルとの不一致を疑われたらアウト」
「保護者が自己都合的に揚げ足をとったとしてもアウト」
「揺れる児童が、刹那的に被害者の訴えをしたらアウト」
「現場の事情を知らない輩に、一部分だけ切り取られ騒がれたらアウト」
ちょっと良くない表現ですが、こんな感覚はよく場に出ます。

こんな悲しいことを感じるのは、それぞれの相手との信頼関係に乏しいからです。
現場の問題もありますが、時には行政、保護者、児童、社会側の問題もあるでしょう。
結局は無味乾燥、危機管理的なマニュアル対応になりがちな現場も・・・・

だけど、世の中は面白いもので、上記の「アウト」がある場の方が意外と活気があり、人気があることも少なくないのです。むずかしいですねえ。物でなく人が要素なので。
たぶん「正マニュアル」だけで子どもと向き合って、自己満足していると・・・・
子どもは「大人が自分をものとして見ている、画一的に形を整えようとしている」と感じるんです。
結果、子どもはマニュアルからはみ出ないものとして振る舞う、心の無い表面優等になることもあります。
これが自身が大人社会で一番困る形になるケースは少なくないのです。

本来、児童期は「不安定」「自己都合優先」「被害妄想」「不安」「自信がない」「人とのバランスが分からない」「傲慢」「失敗がトラウマになる」。こんなことがあります。
でも、大人になったときに、これらが自分なりに解消して自己形成できるものです。

大人が(これは子どもが自分で答えを見つけるために、ある部分だけそうしたり、その時の子供にはそう感じられると言う意味ですが)
「不適切を見逃す」「不適切でも子供にあわせる」「正マニュアルだけを押し付けない」こんな対応をされた子どもはどこかで気づきます。

もちろん、程度や頻度が過剰な場合にはそれは「不適切な養育、教育」ですので、大人の間違いです。
私はもちろん、これまで関わった現場仲間も、知り合った教師方も、ここは(特に減点評価方式の行政機関から)つっこまれそうになった経験は何度かあります。それは誰のせいでもない、切り口の問題でその通りでもあるし、誤解もあるでしょう。

話が膨らみすぎましたが・・・・・
「ああ、自分はあの時、幼くて、不安定で自己中だったかもしれないなあ、大人(親も)はよく許してくれたな、我慢してたのかな?よく自分の世界に付き合ってくれたなあ?」このような事って、20歳頃に思い出した経験ないですか?

  にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 押していただくと嬉しいです。  
     
 
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

とびたくん

Author:とびたくん
児童養護施設職員、学童保育指導員、主婦、保護者、元教師、大学生が仲間です。私も家族が障害に悩み不登校になった経験があります。「学校」に囚われず、学習、遊び、ゲーム、料理、イベント、わんこの触れ合いなど、安心できる場。同じ空間の住人と認め合う、何かしたくなる、知らぬ間にリズムや社会性が身につくのが理想です。安心や自信、仲間を得て、大学に進んだ子、中高復学した子、学校併用の子。さまざまです。NPO調布青少年の居場所Kiitos、NPOフリースクール全国ネットワーク、一般社団法人 発達心理ライフケア協会の皆様にご協力、ご指導いただきながら、生徒会員や保護者のみなさんと頑張っています。

2017年には教育確保法が成立、フリースクールは学校と同じ扱い、つまり学校以外の子供の教育の場と認められました。しかし、まだ国から財政支援が得られていませんので、運営側と保護者の負担が大きいままです。皆さんで国や社会に訴えて、本当の教育無償化を目指しましょう。

 →スクールのパンフレットです1  →スクールのパンフレットです2

最新記事

リンク

カテゴリ

最新コメント

メールでのお問い合わせ

フリースクール多摩川のアドレスに送信されますので、他の人には 見えません。

名前:
メール:
件名:
本文:

メールの欄は貴方のアドレスを入れてください。

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

最新トラックバック

アフィリエイト