FC2ブログ
府中駅徒歩5分(多摩地区) NPO法人フリースクール多摩川 不登校支援
                         育児、学童保育、児童養護施設など集団の中で悩む子どもを見てきました。疎外感を持つ、空気がつらい。発達障がいや心的ストレスを理解してもらえない。皆、居場所や仲間を求めてます。 府中市府中町2-18-17。℡042-319-0408。http://freeschooltamagawa.net。リンクからも行けます。

子どもを信頼している、大事な子。だからこそ天使にはしない?

いやいや親は大変です。

ある時は子どものために、迷いなく身を差しすこと(時に変だと指摘されそうな事も)
逆に、頑なに厳しく、谷底に落とすようなこと(それ子どもが怯えるだけと言われても)

この両面をTPOに応じて求められるのですから。そしてTPOの判断材料がむずかしい。

例えば、私は家の子が幼児期や学齢期前半、「なんだか子どもが気楽に嘘つくように見えるなあ」「なんだか、子どもは勘違いしているのか、または自分の世界以外のことに目が行かない癖が強すぎるのか、だからよく意味不明なすり替えみたいな答えを言うのかも」「なんだか、子どもが親に話したことと事実が違うことが多すぎるなあ」「うちのは嫌われやすいから現場で悪く見られ、大げさに言われるのかしら」こんなことで考え込む時期もありました。最後のは被害妄想となりますが、人間すぐ陥りますよね?

その当時は「他の子はもう少し、ちゃんとしている?潔い?世に言うしきたり的な理にかなっているのでは?家の教育がまずかったか?」と思っていた訳ですね。でも、その反面「こんなに訴えている子を信じないでどうする」と思ってもいたのです。

さて、その後、子どもを育む仕事についた私は、主に小中学生と長年、関わることになります。そして、だんだん分かったのです。子どもには皆、同じようなところがある。
決して嘘はついていないし、まじめに考えている、でも、結構、かつて私が疑問に感じた様な面が出やすいものだと。つまり、家で話している「外での自分」と私たちが見ている「その子」にちょっと誤差が目立つことがあるのですね。
その多くは大人に必要な奸智みたいなものの卵なので当たり前なんですが・・・
「ずるすぎ・そうでもない。」「確信犯・気づいていないだけ。」「甘えすぎ・もっと傲慢。」
「こだわりすぎ・別の悩みの変形。」こんなことを心配され、子どもが誤解されるようなこともあるわけです。(誤解の中には教育側の決めつけも割とあります)

そんな時、私が感心したのは多くの保護者さんです。勝手にそう思っていますが、でも勉強になりました。
「子どもを信頼しているが、だからこそ。ええと、子どもの揺れも含めて信頼すればこそ、その言動は無防備に信用するものでもない」と言う考えがあるのです。だけど信頼しているので、その時の子どもの言動やそれに関わる周りの反応に対して、受け止め、適度な対応をする訳です。そのような方がたくさんいらしたので嬉しかったです。今はスクール生徒の保護者さん方がそれにあたると思います。

さて唐突ですが。昨日のブログの中、言いたい事の最重要な項目は・・・・

ゲームに限らず、運動やグループ行動などで、
  誰かが誰かに言う光景によく出くわします。
  当然、言う側言われる側が交代することもあります。
  いいですよね?人のふり見て?

ここです。事例はたまたまです。そもそも役者はころころ変わるのです。だから、公に出せるのです。スクールだけの話でもないです。主旨を誤解されないようにと願っています。

また私は中高年代ともなればブログ内容も見ることもあり得ると思っています。もろ刃の剣ではありますが、触れないようにだけでなく、時に「我々は責めないけど世からはこう見えるんだよ」と言うようなことを知らしめている(は大げさですが)
子どもが見て、自己分析するとか、誤解された痛みを何かに変えることも必要なのかと思っています。
親子会話ではなかなかカバーできない面もあるし。実際、この2,3年、高校や中3あたりの子はブログを見て、自分の癖やら環境、不安やら疑問やらについて、我々と話し始めたような面もありますので。不登校、引きこもりの枠ではなくても青年期にはこうした吐き出しは必須です。

いずれにしても、子供も大人もいろんなことで悩み、学習して、自分をつくるものだと言う事は間違いないと思いますので、皆で一緒に、明るくもやもやして行きたいですね?
  にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 押していただくと嬉しいです。  
      
 
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

とびたくん

Author:とびたくん
児童養護施設職員、学童保育指導員、主婦、保護者、元教師、大学生が仲間です。私も家族が障害に悩み不登校になった経験があります。「学校」に囚われず、学習、遊び、ゲーム、料理、イベント、わんこの触れ合いなど、安心できる場。同じ空間の住人と認め合う、何かしたくなる、知らぬ間にリズムや社会性が身につくのが理想です。安心や自信、仲間を得て、大学に進んだ子、中高復学した子、学校併用の子。さまざまです。NPO調布青少年の居場所Kiitos、NPOフリースクール全国ネットワーク、一般社団法人 発達心理ライフケア協会の皆様にご協力、ご指導いただきながら、生徒会員や保護者のみなさんと頑張っています。

2017年には教育確保法が成立、フリースクールは学校と同じ扱い、つまり学校以外の子供の教育の場と認められました。しかし、まだ国から財政支援が得られていませんので、運営側と保護者の負担が大きいままです。皆さんで国や社会に訴えて、本当の教育無償化を目指しましょう。

 →スクールのパンフレットです1  →スクールのパンフレットです2

最新記事

リンク

カテゴリ

最新コメント

メールでのお問い合わせ

フリースクール多摩川のアドレスに送信されますので、他の人には 見えません。

名前:
メール:
件名:
本文:

メールの欄は貴方のアドレスを入れてください。

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

最新トラックバック

アフィリエイト