FC2ブログ
府中駅徒歩5分(多摩地区) NPO法人フリースクール多摩川 不登校支援
                         育児、学童保育、児童養護施設など集団の中で悩む子どもを見てきました。疎外感を持つ、空気がつらい。発達障がいや心的ストレスを理解してもらえない。皆、居場所や仲間を求めてます。 府中市府中町2-18-17。℡042-319-0408。http://freeschooltamagawa.net。リンクからも行けます。

親は子供がいつまでも・・・と焦る、子供自身も繰り返しに申し訳なさや自己否定を募らせるけど・・・・

そうなんです。ごく一部を除いて、この考えは間違いなんです。

「よし!次は頑張れる。平気、自分は変わった」と宣言しても・・・・・・
「駄目だ、もういい!」「元から自分はそんなこと望んでいなかった」「押し付けないでくれ」「どっか体が痛い」

これって特定の人に起こる現象ではないですよね?(都知事ネタは話題にできませんが)いじめやらワイドショーの視聴率やら、世に氾濫する、人々の顔の見えないネットの参画の仕方を見れば、人間はどこかにそのような面もある、ごまかしているとも言えるのではないでしょうか?。
それでも、ちゃっかり、社会で問題視されないようにふるまえる、自己を情けない人と定義づけないでいられる、こもらないでいられる人が世の中の大半です。なぜだ?
それは、自己潔癖への対処やごまかし、自分の悪いところも飲み込んで、でも、いい所も肯定する力が養えていて。そこを頼みにしてもいいと考えられるから。もっと言えば、自分と同じくらい、あるいはもっと困った人がいることを見つけることで、なんとかなっているわけじゃないですかね?(誤解のないように言いますが。もっと困った人と言うのは事実とは限りません。そう見たいだけのときもあります)

今日、人とのかかわりに悩む高校年代生徒と話していて、このことをうまく伝えられず、私も悩みました。
なぜかと言うと、マニュアル的に善悪で説くと、矛盾が生じるからです。でも、なにしろ「人は失敗、悩み、自己嫌悪でも繰り返していい。それが当たり前でもある、その中でああ皆も同じように白黒でない、自分の恥の部分も抱え、でも肯定もして、自我を出したり合わせたりしてることが分かってくる、それが知覚できることが必要なんでしょうね。と、かっこよく言いますが、当人は胃に穴が開きそう、混乱で頭が痛すぎる筈なので、大人としても切ないものもはあります。

とにかく、関わっている、安心して居れる、それをキープしながらなら、一見、繰り返しでも構わない。事象を否定せず、支えあうんです。
にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 押していただくと嬉しいです。  
        
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

とびたくん

Author:とびたくん
児童養護施設職員、学童保育指導員、主婦、保護者、元教師、大学生が仲間です。私も家族が障害に悩み不登校になった経験があります。「学校」に囚われず、学習、遊び、ゲーム、料理、イベント、わんこの触れ合いなど、安心できる場。同じ空間の住人と認め合う、何かしたくなる、知らぬ間にリズムや社会性が身につくのが理想です。安心や自信、仲間を得て、大学に進んだ子、中高復学した子、学校併用の子。さまざまです。NPO調布青少年の居場所Kiitos、NPOフリースクール全国ネットワーク、一般社団法人 発達心理ライフケア協会の皆様にご協力、ご指導いただきながら、生徒会員や保護者のみなさんと頑張っています。

2017年には教育確保法が成立、フリースクールは学校と同じ扱い、つまり学校以外の子供の教育の場と認められました。しかし、まだ国から財政支援が得られていませんので、運営側と保護者の負担が大きいままです。皆さんで国や社会に訴えて、本当の教育無償化を目指しましょう。

 →スクールのパンフレットです1  →スクールのパンフレットです2

最新記事

リンク

カテゴリ

最新コメント

メールでのお問い合わせ

フリースクール多摩川のアドレスに送信されますので、他の人には 見えません。

名前:
メール:
件名:
本文:

メールの欄は貴方のアドレスを入れてください。

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

最新トラックバック

アフィリエイト