FC2ブログ
府中駅徒歩5分(多摩地区) NPO法人フリースクール多摩川 不登校支援
                         育児、学童保育、児童養護施設など集団の中で悩む子どもを見てきました。疎外感を持つ、空気がつらい。発達障がいや心的ストレスを理解してもらえない。皆、居場所や仲間を求めてます。 府中市府中町2-18-17。℡042-319-0408。http://freeschooltamagawa.net。リンクからも行けます。

形にとらわれないで、子供の可能性につながる支援を

昨日、今日は私たちにとって、嬉しい出会いがありました。
それはもちろん子供たちの(あるいは保護者さんの)先々の可能性を広げる意味も大きい訳です。

昨日は地元の主婦さんがボランティア見学に来てくれて、生徒たちと関わりました。
今日は地元の発達支援、親子相談なども手掛けている医院の院長や心理士、保育士さんが来てくれました。

話のたたき台としては、教科学習や個別支援でのスキルアップ効果の話になりますが、実のところは・・・・皆さん、そこはそう盛り上がりません。なぜなら・それはマニュアルにあるからです。

それらは社会通念上で形のあることとして成り立ち、その支援にはいろんなアプローチもある、また、子供も保護者もそれらを必要とするべきなんだろうと言う、教科書的認識はしているし、本当にそれだけでいいなら支援側はそんなには苦労はしないんです。

でも、今回、出会った人たちのように心?気持ち?子供の先々を見て支援したい方々にはそれでは足りないんです。それだけだと単なる対処的な支援になり、子供の可能性を切り捨てることによって「今は安心」を作っているだけになる危険が見えるわけです。


どうやったら、少しづつでも、大人個別対応でなくて、人関係の中で過ごし、その子供がいいところを出せ、将来につなげるか。
そこが皆さんの考えていることだと思います。だから私たちと通ずる部分が多いのかと思ったわけです。

とは言え、一定のスキルが養われるまでは個の対応も大事です、自己肯定、こだわりの縮小などは個で養うことができる、その方が、子供に負担がないケースもあります。人が複数いることで養うものと個でやしなうものが混在しますし、どの子がどの段階なのかも混在するので、とても難しいところです。

でも、こうして、そこをわかって同じような試みをする方々が身近にいることはいいことです。先々も協調していけると、いろんな意味で子供たちのためになるだろうと思いました。

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 押していただくと嬉しいです。  
        
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

とびたくん

Author:とびたくん
児童養護施設職員、学童保育指導員、主婦、保護者、元教師、大学生が仲間です。私も家族が障害に悩み不登校になった経験があります。「学校」に囚われず、学習、遊び、ゲーム、料理、イベント、わんこの触れ合いなど、安心できる場。同じ空間の住人と認め合う、何かしたくなる、知らぬ間にリズムや社会性が身につくのが理想です。安心や自信、仲間を得て、大学に進んだ子、中高復学した子、学校併用の子。さまざまです。NPO調布青少年の居場所Kiitos、NPOフリースクール全国ネットワーク、一般社団法人 発達心理ライフケア協会の皆様にご協力、ご指導いただきながら、生徒会員や保護者のみなさんと頑張っています。

2017年には教育確保法が成立、フリースクールは学校と同じ扱い、つまり学校以外の子供の教育の場と認められました。しかし、まだ国から財政支援が得られていませんので、運営側と保護者の負担が大きいままです。皆さんで国や社会に訴えて、本当の教育無償化を目指しましょう。

 →スクールのパンフレットです1  →スクールのパンフレットです2

最新記事

リンク

カテゴリ

最新コメント

メールでのお問い合わせ

フリースクール多摩川のアドレスに送信されますので、他の人には 見えません。

名前:
メール:
件名:
本文:

メールの欄は貴方のアドレスを入れてください。

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

最新トラックバック

アフィリエイト