FC2ブログ
府中駅徒歩5分(多摩地区) NPO法人フリースクール多摩川 不登校支援
                         育児、学童保育、児童養護施設など集団の中で悩む子どもを見てきました。疎外感を持つ、空気がつらい。発達障がいや心的ストレスを理解してもらえない。皆、居場所や仲間を求めてます。 府中市府中町2-18-17。℡042-319-0408。http://freeschooltamagawa.net。リンクからも行けます。

一見、幼児や低学年女子世界の様相に見えても、その原因理由は違います。

スクール、学童、施設などで困り感を抱えている子は少なくないです。
誰も悪意がない、だから「過剰な行為」「嫌みな行為」に見えること、「自己を棚上げして人を責める」あるいは「被害妄想」著しいとか「被害妄想になることを恐れるあまりに、事前画策で他者攻撃とか味方作りみたいな行為が目立つ」ように見えることなど、つまりはどれも、一般的には「不可思議」「自己中」とみられやすいことになります。見た目はちょっと幼児世界にも似てます。

これをどう自覚させるのかはとてもむずかしい、でも知らないままでは子供はどんどん入り込んでしまう。
指摘するよりは「そうする必要なない状態にしていく」方がいい事もあるようだ。本当にむずかしい。そう思っていることばかりです。

少し客観的に私たちが見ていることを解説しておきます。
いつも言うように「今Aはこの状態」「Bはこう」と説明しても元は同じようなところがありますので、この出来事ではそうでも別の出来事では役割が交代します。同じようなところと言うのは「白黒思考」「自分にとって要不要の感覚」で動きがち考えががちなので、(あくまでも一般的な見栄えですよ)刹那に加害側キャラクターにも被害側キャラクターにもなると言う意味です。同じ子が加害被害、両側にコロコロいきます。
たぶん、親御さん方も対応していて「疲れるなあ」「しっかりしてよ」「どっちなの」「そんなことくらいで怒るか」「そこでそんな風に人を責めるか」「そんなに思う通りに人が動かないと怖いか」などなど、うっかり感じてしまうこともあるんじゃないかと思われます。

加害(言葉がぶっそうです、本当の加害ではないが便宜上使います)
これは・・・・

「きつく言う」「嫌みに言う」「仲間外れにする」「集中的に責める」「いじり倒す」と言うような短絡的に見えるものから「文句を言わせない」「自分に矛先が向かないよう誰かをターゲットにしたてる」「自分は場に入り込まないでおいて指摘役を保持したがる」「大人や目上に表情を変える」と言うような、場合によっては狡猾陰湿に誤解されそうなものまであります。

被害(中には自分も加害してる子の方が被害意識が高くなる傾向も時にあります。)
「きつく言われる」「しつこく言われる」「無視される」ような単純なものから「1対1だとやさしい相手が3人目が入った瞬間から自分にきつくなった気がする」「他の子は言われていないのに自分だけ責められる気が」「いつも、しつこくいじられる気がする」ようなことがあります。

加害被害の因果関係は親近感、信頼感があることも一部、証明しています。加害側は安心していじれる(つまり甘えです)わけですが、お得意の?両者とも節度オーバーがあるので、双方傷ついてしまったりも怖いところです。また、面白いもので、加害側が節度を意識できるときは被害側にいた人が安心して?加害側になったりします。(きっと笑い事ではないけど)どっち側にも自分がいるんです。まあ子供なら当たり前ですが。

この加害被害、同じ人が両側にコロコロ変わる、その受け入れ方に悩みがあります。ある意味、人の煩悩だから自然なのだが・・。
自己分析、客観分析が弱いので、いつも恐怖心があります。たぶん。本当は何が課題なのか、どうすればいいのかは、はっきりわかっていません。「どの子も本当に言いたいことが言えてるわけではない状態」でもあります。その分、無意識に、ここに書いた加害被害の行為に気持ちを紛れさせるようなこともあるんでしょう。

スクールでは、子供たちは確実に成長、耐性アップが見られます。それは喜ばしいことです。ですが、同時に「いかんともしがたい個の特性のようなもの」はパッと消えるような性質のものではなく、将来のため、自分で折り合いをつけていく方法は考えながら、先へ進んでいくのだと思います。

ちょっと話がずれますが、普段、お伝えしたくて長々私が書いていること、特に発達障害のことはブログランキングで人気のスカイのブログを読むとわかりやすい記事があるかもしれません。スカイのブログでは直近では「問題がないと見える子こそ用心がいる」が読んでほしいことです。

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 押していただくと嬉しいです。  
        
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

とびたくん

Author:とびたくん
児童養護施設職員、学童保育指導員、主婦、保護者、元教師、大学生が仲間です。私も家族が障害に悩み不登校になった経験があります。「学校」に囚われず、学習、遊び、ゲーム、料理、イベント、わんこの触れ合いなど、安心できる場。同じ空間の住人と認め合う、何かしたくなる、知らぬ間にリズムや社会性が身につくのが理想です。安心や自信、仲間を得て、大学に進んだ子、中高復学した子、学校併用の子。さまざまです。NPO調布青少年の居場所Kiitos、NPOフリースクール全国ネットワーク、一般社団法人 発達心理ライフケア協会の皆様にご協力、ご指導いただきながら、生徒会員や保護者のみなさんと頑張っています。

2017年には教育確保法が成立、フリースクールは学校と同じ扱い、つまり学校以外の子供の教育の場と認められました。しかし、まだ国から財政支援が得られていませんので、運営側と保護者の負担が大きいままです。皆さんで国や社会に訴えて、本当の教育無償化を目指しましょう。

 →スクールのパンフレットです1  →スクールのパンフレットです2

最新記事

リンク

カテゴリ

最新コメント

メールでのお問い合わせ

フリースクール多摩川のアドレスに送信されますので、他の人には 見えません。

名前:
メール:
件名:
本文:

メールの欄は貴方のアドレスを入れてください。

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

最新トラックバック

アフィリエイト