FC2ブログ
府中駅徒歩5分(多摩地区) NPO法人フリースクール多摩川 不登校支援
                         育児、学童保育、児童養護施設など集団の中で悩む子どもを見てきました。疎外感を持つ、空気がつらい。発達障がいや心的ストレスを理解してもらえない。皆、居場所や仲間を求めてます。 府中市府中町2-18-17。℡042-319-0408。http://freeschooltamagawa.net。リンクからも行けます。

ゲーム漬け生活のお子さん、100パーセント(たぶん)改善します

(たぶん)を付け加えたのは私の見てきた100弱例で話すから、もし違うケースもあると言い訳できなくなるからです。
しかし、ほぼ言える事は間違いないと確信しています。

タイトル通りです。兆しが見えてくる時期は2つあります。

1つ目は「他にやりたいことがなくてゲーム漬けだったがそうしなくていいほどにやること、考えることができ始めた」時。
2つ目は「自分が安心するやり方では面白くなくなってきた」時。


この2つを迎える前はかなり依存度が高く見えます。
各子供施設、スクールなどで、小学生から中学生くらいまでいて顕著な子が多いです 
  
この「依存度」はある意味では額面通りにそうなっている子もいます。
でも多くの子は「代償行為」「穴埋め行為」であって真正依存はしていません。
特に不登校であったり、集団で自己を出せない状況にある場合には、そこでやるのが自然である活動ができない、やりたくない分、つまりは、「やることがないのでゲームで穴埋め」みたいな構図になります。
また、癖のあるやり方(先を想定できる範囲でやりたい、絶対負けないようにやりたいなど)なので、それをツールに人かかわりをすると言うのも、なかなかできない状態の子もいます。(相手が面白くないと感じてしまい孤立する)これも結果、家で一人で閉塞感の中ゲーム漬けを引き起こします。

 
そうなると大人は「ゲーム漬けはだめ」と言いたくなります。当たり前です。でも・・・・・
ゲームが楽しくて虜になっているなら、その窘め、禁止でいいのですが、やりたいことが見つからない、自信がない状況の子は穴埋めでゲームしているので「ゲームばかりはいかん」では、方策がなく、追い込まれちゃうわけです。

しかし、年齢とともに「人かかわり」「何かやることの自信や動機」が芽生えてくると、穴埋め行動は減ります。さらに自己都合のやり方ではゲーム仲間にはなれないことも知覚していく中、適切なゲーマーに変化していくんです。ゲーム嫌いの方にはそれも嫌かもしれませんが、ゲームそのものが楽しい、人かかわりツールにもなる、一人で息抜きにも使える、そうした部分は現代の若者のとらえ方としては健全だと思います。(上記1,2をクリアしている場合です)

スクールでも各施設でも、ほぼ中高生のどこかの時点で「何が何でもゲームでなくなり」「やっていい時間も友と会話や何かしてる」ようになります。中には入会後、しばらくして、無意識に1,2クリアして、楽になる小学生君もいますよ。
言い方を変えると、そこに到達するまでは「閉塞感」「見ているものが依存を疑う」ような感じもある、産みの苦しみとも言えます。

でも、いずれ改善する。ゲームを悪者にする考え方は別のよくないなにかを産む。
私たちとしては、ここに書いたことが分かっているから「ゲームのできる場所」の形も維持していることになります。


にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 押していただくと嬉しいです。  
        
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

とびたくん

Author:とびたくん
児童養護施設職員、学童保育指導員、主婦、保護者、元教師、大学生が仲間です。私も家族が障害に悩み不登校になった経験があります。「学校」に囚われず、学習、遊び、ゲーム、料理、イベント、わんこの触れ合いなど、安心できる場。同じ空間の住人と認め合う、何かしたくなる、知らぬ間にリズムや社会性が身につくのが理想です。安心や自信、仲間を得て、大学に進んだ子、中高復学した子、学校併用の子。さまざまです。NPO調布青少年の居場所Kiitos、NPOフリースクール全国ネットワーク、一般社団法人 発達心理ライフケア協会の皆様にご協力、ご指導いただきながら、生徒会員や保護者のみなさんと頑張っています。

2017年には教育確保法が成立、フリースクールは学校と同じ扱い、つまり学校以外の子供の教育の場と認められました。しかし、まだ国から財政支援が得られていませんので、運営側と保護者の負担が大きいままです。皆さんで国や社会に訴えて、本当の教育無償化を目指しましょう。

 →スクールのパンフレットです1  →スクールのパンフレットです2

最新記事

リンク

カテゴリ

最新コメント

メールでのお問い合わせ

フリースクール多摩川のアドレスに送信されますので、他の人には 見えません。

名前:
メール:
件名:
本文:

メールの欄は貴方のアドレスを入れてください。

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

最新トラックバック

アフィリエイト