FC2ブログ
府中駅徒歩5分(多摩地区) NPO法人フリースクール多摩川 不登校支援
                         育児、学童保育、児童養護施設など集団の中で悩む子どもを見てきました。疎外感を持つ、空気がつらい。発達障がいや心的ストレスを理解してもらえない。皆、居場所や仲間を求めてます。 府中市府中町2-18-17。℡042-319-0408。http://freeschooltamagawa.net。リンクからも行けます。

スクールで夕食デー 暑かった!次はそうめんにしようよ

何年も前からスクールで調理はちょこちょこはやっていたのですが、これまでは「自分は作ってみたい」子がメインでやり、半分の生徒はゲームして待つような気まま度でした。
そのうち、かなり一体感やら、やらなくても見ている、話しかける子も増えましたので・・・。
最近、改めて「献立、買い物、調理も分担なり、手は出せなくても各自が仲間意識をもてる夕食会」と言う感じで月に2回定期的にやろうと言うことになっています。今回はお好み焼きです。
もちろん、買い物だけとか食べるだけの役割でもいいんですが、今のところ、すべてのことに何か関わるのが自然だと各生徒は考えたい様子です。

NCM_3597.jpg 
 買い出し時間。
 
 今回もわたしとわんこは
 留守番しながら器機準備。

 わんこは手伝わないです。
 


広いテーブルで材料カット。 これは4人でやりました。 片や、長いテーブルでは出汁や卵をいれた生地を滑らかになるまでまぜる。これは2人で交互にやり量が多いので大変そう。 ダマがなくなるまで頑張る。 お疲れさまでした。

NCM_3599.jpg NCM_3601.jpg
各自、自分専用のボールに生地、野菜類、肉、タコ、干しエビ、しょうが、揚げたまなどを入れます。 自分でこねます。カンが自分の分もあるのか気にしていますね。(J君ならくれると目論見くっついてるかも)

NCM_3604.jpg  NCM_3611.jpg
中学生組。いい感じで専用の生地できてます。焼いてみたら、うん、ばっちりでした。
右、キャベツ嫌いの子のは「ありゃ?」さみしい。でも3枚も作ってます。うまいそうです。
NCM_3615.jpg  NCM_3613.jpg
料理得意組はかなり真剣にじっくりやってます。しっかり完成していました。
スタッフSも真剣で生徒に「店のやつみたい」とお世辞を言われ嬉しそうでした。

今日は「昼間、別のところでグループワークをして人かかわり学習をしてきた高校生」も参加しましたが、こっちでも。しっかりとカットや仕込みを頑張りました。でも、暑さもある。2か所で皆と協調でき雰囲気を盛り上げようとしてくれたのは、すごいこと、本人も楽しいことだけど、それなりに疲れもしたようで頭痛が出てしまい、少し2階で寝ていました。それでも1時間ほどで復活、降りてきて「残り物は処理してあげよう」と言いながらニコニコ平らげていました。中3生徒と一緒に率先して後片付けして、そのあとはいろんなことを話したりゲームをしたりと楽しそうでした。

そんな感じで。各自の様子は良かったと思います。大人としては「いいねえ」「しっかりしてるね」「気を遣えているね」と一緒にアゲアゲしたい気持ちにもなります。でも、同時に「あまり張り切るな」「こうするべきだと思いすぎるな」「もっといい加減に楽しめよ」とあえて抜きたくなるような思いもよぎります。(満足と疲れ、未知の期待と不安、このような表裏はセットなのが当たり前だとは言え、子供の中には、その当たり前を飲み込むのは心的負担が大きすぎる状態の時もあります、そんなときは無理にグループ活動を促さず、3人目のいない1対1個別対応をしてあげるとか、子供通しに大人が介入するとか、つまり、その子の想定範囲内の方がいい場合もあります。なかなかここは難しいです)

まあ、当面はこじんまり可愛く続けてみよう。参加不参加もその時々で生徒が軽い気持ちで判断できるようにしましょう。

ところで夏のお好み焼きはもうやりません、汗だくでした。なぜならクーラーをつけながら一気に焼くと、ブレーカーが飛ぶんです。
クーラーを諦めざるを得ないので、暑いのなんの!絶対次回はそうめんだ、こども会議に提案します。

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 押していただくと嬉しいです。  
        
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

とびたくん

Author:とびたくん
児童養護施設職員、学童保育指導員、主婦、保護者、元教師、大学生が仲間です。私も家族が障害に悩み不登校になった経験があります。「学校」に囚われず、学習、遊び、ゲーム、料理、イベント、わんこの触れ合いなど、安心できる場。同じ空間の住人と認め合う、何かしたくなる、知らぬ間にリズムや社会性が身につくのが理想です。安心や自信、仲間を得て、大学に進んだ子、中高復学した子、学校併用の子。さまざまです。NPO調布青少年の居場所Kiitos、NPOフリースクール全国ネットワーク、一般社団法人 発達心理ライフケア協会の皆様にご協力、ご指導いただきながら、生徒会員や保護者のみなさんと頑張っています。

2017年には教育確保法が成立、フリースクールは学校と同じ扱い、つまり学校以外の子供の教育の場と認められました。しかし、まだ国から財政支援が得られていませんので、運営側と保護者の負担が大きいままです。皆さんで国や社会に訴えて、本当の教育無償化を目指しましょう。

 →スクールのパンフレットです1  →スクールのパンフレットです2

最新記事

リンク

カテゴリ

最新コメント

メールでのお問い合わせ

フリースクール多摩川のアドレスに送信されますので、他の人には 見えません。

名前:
メール:
件名:
本文:

メールの欄は貴方のアドレスを入れてください。

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

最新トラックバック

アフィリエイト