FC2ブログ
府中駅徒歩5分(多摩地区) NPO法人フリースクール多摩川 不登校支援
                         育児、学童保育、児童養護施設など集団の中で悩む子どもを見てきました。疎外感を持つ、空気がつらい。発達障がいや心的ストレスを理解してもらえない。皆、居場所や仲間を求めてます。 府中市府中町2-18-17。℡042-319-0408。http://freeschooltamagawa.net。リンクからも行けます。

不安のない事でしか人と関われない、だから。それ以外は試みない、避ける・・・それ皆、同じだが改善します。七夕会

イベントの報告記事なんですが、いい例なのでタイトルのようなことを書きますね?なぜなら、これはスクールとの関わりの話のみならず学校等との関わりも本質が同じだからです。そしてそれがタイトルに書いたことが大きな要因で、同時に時間をかけて改善もすることだからです。

昨日は七夕会でした。参加した皆はこれに関してあまり不安のない生徒です。
一方でこのようなイベントや集団活動に対し、事前段階では参加意欲あり、場に建設的提案までしていても、急になにか不安材料が頭をよぎり、本番は不参加になる子もいます。あと「自分のことで迷惑かけたくない」と言う、良い性格が悲壮なまで自己を追い込んでいることも遠因です。これらは5年間、相当な例があげられます。スクール以外で関わった子供施設でもよくありました。

参加した生徒たちは、(すいません!)昨日はくったくなく明るく、仲間感満開で、にこやかに堪能していますが、じゃあ普段も全員そうなのかと言うと、人によってはそうでもない時間もあります。例えば学習、例えば得意でないものでのグループ活動の時には、表情がすぐれなかったり、受け身的になったり、やらない方向を望む態度になったり、関係ない言葉出しで揺れたり、過剰な表現がでたり、場から遠ざかったり、あげくにはその時間に来ないようにするところまで困る場合もあります。

何かに「参加できる、できない」そこで「人関わりができる、できない」。そのようなことがあるのは人の本質でもありますね?

ただ、たまに来るボラさんなどは、同じ子がやることによって、人との関わり方が別人みたいになる時、その極端さにびっくりします。悪い言い方をすれば「自分に仲良く関わろうとしてくれいた○が今は自分を拒絶?」これは「人との関わり方に困り感がある、誤解されやすい、だから集団を怖がる」と説明するのが基本なんですが、しかし、実はそれとは関係なく「得意なこと、恥をかかないこと、未知じゃないこと、そうでないと怖がる」の方が大きい場合もあると言うことです。子供の意識が不安がそっちに集中しているから「こう反応するだろうと予測している人には表面上、やけに冷たく見えるのでしょう。」

だって、後者がクリアできる場では、人関わりがおだやか、整合性、公平性、気配りできるなど、ばっちりなんですから。余談ですが、このように出来る子ほど、不安なときに「意味ない」「興味ない」「役に立たない」と言うキーワードで心中ばれないようにします。
レベル1 
得意な事、知っていること、好きな事をするなら「行動、表情が元気、人関わりも良好」。でもそれ以外は避ける。

レベル2 
もう少し幅が出る、不安を我慢するとか慣れるとか・本当に意味ないのか役に立たないのか時に考える。好きなこと、得意な事、絶対勝つことでなくても人と関わるのが楽しい感じもする。

レベル3
さらに改善して「不安を言える」「失敗しても安心」認め合う人関わりの意味がなんとなく分かる。やる中身よりも場や人関わりの方が自分を動かしている気もしてくる。行動範囲、行動内容が著しく増える。会話や態度に人との困り感は減少する。

こんな感じです。もちろん中には特性的なもの、ハンデ的なものがあり消えない事象が残る子もいます。でも汎用性や耐性、工夫でカバーして「困り感が原因で限定した場での行動しかしない」と言うスパイラルからは脱却します。

スクールでは(どこでも)各レベルの状況の生徒がいます。どこにいるか、どのくらいの長さなのか。これはいろいろです。でも最後に3になることを証明している生徒、OBがいます。その子たちも1,2の時期があります。

七夕会で準備から本番まで皆を盛り上げた生徒OBスタッフS。本人曰く「1がかなり長かった」そうです。「小中ほとんど不登校、友達はいたが、得意な事でしか絡んでいなかったからつきあう行動は限定されていた」「中学中期からレベル2を意識したな」「それでスクールに連日来るようになったのかな」と言ってます。聞いていた私は「でも学習の提案はほとんど無視してたよね」とからかいましたが、本人「ゲームしかしてないように見えたかもしれないけど、いろんな子をいろんな活動で見れた、やりたくないこともあったが、それに関われたことがでかいよ」と的を得た分析をしています。そして高校を意識したころから、自主学習(さすがにこちらも圧力少しかけましたが、なにしろ自主的)にも取り組みだしたわけです。(現在、大学、高校の子たちも経過は似ています。)

レベル1から2への変化が根幹です。

毎度、長くなっています。昨日の様子です。
NCM_3633.jpg NCM_3629.jpg
かるた、ビンゴは小1、3にやってもらいました。読む前に自分のを探すと言う必殺技を展開されかけ、焦りましたが、ちゃんと度を超すことなく面白いで収まりましたよ。
NCM_3626.jpg NCM_3625.jpg
これがS作成クイズです。スタッフや中高生も手伝いましたが基本S特製です。とてもよく出来ていました、皆、盛り上がりました。年齢ハンデも感じない内容で、少しは知っていてもいいかなと思える題材も組み込んだりで良い出来でした。生徒たちはクイズだけでなく、チーム戦で友達と協力したりもできていたし、なによりSから人間学習しているわけでしょうね?

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 押していただくと嬉しいです。  
        
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

とびたくん

Author:とびたくん
児童養護施設職員、学童保育指導員、主婦、保護者、元教師、大学生が仲間です。私も家族が障害に悩み不登校になった経験があります。「学校」に囚われず、学習、遊び、ゲーム、料理、イベント、わんこの触れ合いなど、安心できる場。同じ空間の住人と認め合う、何かしたくなる、知らぬ間にリズムや社会性が身につくのが理想です。安心や自信、仲間を得て、大学に進んだ子、中高復学した子、学校併用の子。さまざまです。NPO調布青少年の居場所Kiitos、NPOフリースクール全国ネットワーク、一般社団法人 発達心理ライフケア協会の皆様にご協力、ご指導いただきながら、生徒会員や保護者のみなさんと頑張っています。

2017年には教育確保法が成立、フリースクールは学校と同じ扱い、つまり学校以外の子供の教育の場と認められました。しかし、まだ国から財政支援が得られていませんので、運営側と保護者の負担が大きいままです。皆さんで国や社会に訴えて、本当の教育無償化を目指しましょう。

 →スクールのパンフレットです1  →スクールのパンフレットです2

最新記事

リンク

カテゴリ

最新コメント

メールでのお問い合わせ

フリースクール多摩川のアドレスに送信されますので、他の人には 見えません。

名前:
メール:
件名:
本文:

メールの欄は貴方のアドレスを入れてください。

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

最新トラックバック

アフィリエイト