FC2ブログ
府中駅徒歩5分(多摩地区) NPO法人フリースクール多摩川 不登校支援
                         育児、学童保育、児童養護施設など集団の中で悩む子どもを見てきました。疎外感を持つ、空気がつらい。発達障がいや心的ストレスを理解してもらえない。皆、居場所や仲間を求めてます。 府中市府中町2-18-17。℡042-319-0408。http://freeschooltamagawa.net。リンクからも行けます。

なんでもかんでも「発達障がい傾向だからそうなる」とするのは危険ですね

「よく人から誤解されるが、それは人への説明や意志だしのタイミングや順序、このバランスが通常とずれるから」
「悪意や画策にとられることも多いが、それは○のために▽する、この理屈が直線的すぎる。世には同時に◇や□も混在するので、そこを加味していろいろ織り交ぜて▽ができるようにするのが一般的だが、そこには目がいかずに▽だけしかしない。また○のためなら・・・本人はいい意味で誰かや何かを効果的利用するのだが、それが一般的には、利己的に誰かや何かを利用しているように見られる」「どうしても。わびさびがないように見られるんです」

こんな説明をいろんな本やネットで、(私も)発達障がい傾向の子の困り感をして表しています。
確かに「著しい誤解で悪人扱いされたり、それで本人が人かかわりのトラウマを無理に押し込めてしまうのは良くない」ので、広く知ってもらうべきだと思うんです、大人の方でその傾向のある人も多少は周りに行っておくほうが、悲しい誤解がへると思います。
(ただし、まだまだ社会の差別はありますので、なんでも言いなさいとはお勧めできないのが矛盾してますが)

さてさて、こうしていつも話していることが嘘?のような意見を言います。

思春期にある児童青年が「身勝手」「利用できるものにだけ反応する」「裏表を出す」「たくさんのものを無視する」「わびさびなく短絡願望だけになりやすい」「権力や大人批判ばかりになる」「人と関わるときに必要な連絡や反応をはしょる」「自分だけわかってればいい、だって周りは馬鹿だからと思っているような態度」「ずれたこじつけ言い訳する」「人をもの扱いしているような冷血余裕のなさになる」これたくさんあります、誰にでも。(もちろん、児童がこんなところばかり出すと言う意味ではありません。とてもいいところも出しながらですので、誤解しないでくださいね)


手前みそ。私も青年期「答えを待つ人に断りの連絡などしない」「でも場に急にきたり消えたり」「お気に入りだけ引っ張ったり」「意のままになる友や彼女を作りあげようとしたり」「その人たちが自分以外を見ると焦って攻撃したり」「かなり負けそうな予感のすること、知らないことに目を背ける代わりに意味ないといったり」「社会の中の大半のことに猜疑心をもち、いろんな職業を侮辱的な言い方で非難したり」「まともに会話しようと声をかけてくる人を拒絶したり」まあ早い話が傲慢と純粋とわがままと依存が混ざっていて、困ると親のせい社会のせいと言ってます。この時期のあと1年半こもり大学留年です。(私はこれがあってよかったです。孤独を好む割にさみしくなり、とりあえずの処世を意識しはじめたので)

このような事は多かれ少なかれ、どんな子にもあります。ちょっと歯車が狂ったり、ちょっと過剰な弱さ、経験値不足が歯車に触れるとどどーと、上のようなことが目立ちます。「え?あの○君がそんな行動を?」日常茶飯事とは大げさかも知れないが、でも思春期のもろもろは、よく見ますよね?。要領のいい子の裏表いじめとかもそれです。
発達障がいを勉強しすぎると、あたかも「一般児童は教科書に出てくる子」と言うイメージで対比しちゃう人がいますが、とんでもない間違いなんです。


さて、この上の行為やその見られ方は「発達障がい傾向だから、こうなりやすい」と説明した例と同じですよね?私が思うに「発達障がい傾向だから」より「そういう動きになる環境にいたから」「誰かの影響を過剰に受け止めすぎたから」「特にそのようなことがなくても、子供は経験値が薄く勘違いやら不安も多いから」歯車が狂ったり、やけに受け身だったり、裏表だったり、短絡だったり、うたれ弱かったりになっているケースも半分はあるように見えます。誰が悪いと言う話でなくて、どんな子でも、ちょっとしたことでそうなりやすい時期。その原因を「発達障がい傾向だから」の切り口で見ないで、環境や対応を考えるほうがいいことが、たくさんあるだろうと言う意味です。

発達障がいと言うのは感覚や知覚、認識に凸凹があるのは確かですが、能力的には多くの部分を感知、認識できるのです。
だから、凸凹のへこみで困らないように機会経験積み重ねをしていくことは確かに特性の支援ではありますが、でも、へこんでないところもたくさんある、そこは通常の支援の方がいいわけです。そのほうが伸びます。ここは「仕方ない、かわいそう」ではない「鍛える甘やかさない」方が効果的な部分です。逆にへこんでいない通常なのに特性だからと処すると。本当はそこは出来て子供が自信を持てるものを伸ばせなくなるかもしれません。

と、偉そうに意見を述べてしまいましたが・・・・・
実は「じゃあどこがへこんでどこがへこんでないの?」「具体的な行為で説明して」となると、返答に詰まります。これはよく話す医師や心理カウンセラーも「むずかしいですねえ」「ウイスクの数値では言えるけど」「元の素因とたんなる環境因や状況因がまざるので」とつい、慰めあうこともあります。

結局、あいまいじゃないかと叱られそうですが、とにかく「なんでも発達○○だから」じゃないことがたくさんあるから、それが分かった時は、そのことに関しては豪快に大人は対応指導しましょう。でも一方で「これは特性で困っていること」はちゃんと差別や誤解を受けないような支援もしましょう。皆で勉強しながらですね?と結びます。(ほとんど自分に言っている気もします)

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 押していただくと嬉しいです。  
        
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

とびたくん

Author:とびたくん
児童養護施設職員、学童保育指導員、主婦、保護者、元教師、大学生が仲間です。私も家族が障害に悩み不登校になった経験があります。「学校」に囚われず、学習、遊び、ゲーム、料理、イベント、わんこの触れ合いなど、安心できる場。同じ空間の住人と認め合う、何かしたくなる、知らぬ間にリズムや社会性が身につくのが理想です。安心や自信、仲間を得て、大学に進んだ子、中高復学した子、学校併用の子。さまざまです。NPO調布青少年の居場所Kiitos、NPOフリースクール全国ネットワーク、一般社団法人 発達心理ライフケア協会の皆様にご協力、ご指導いただきながら、生徒会員や保護者のみなさんと頑張っています。

2017年には教育確保法が成立、フリースクールは学校と同じ扱い、つまり学校以外の子供の教育の場と認められました。しかし、まだ国から財政支援が得られていませんので、運営側と保護者の負担が大きいままです。皆さんで国や社会に訴えて、本当の教育無償化を目指しましょう。

 →スクールのパンフレットです1  →スクールのパンフレットです2

最新記事

リンク

カテゴリ

最新コメント

メールでのお問い合わせ

フリースクール多摩川のアドレスに送信されますので、他の人には 見えません。

名前:
メール:
件名:
本文:

メールの欄は貴方のアドレスを入れてください。

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

最新トラックバック

アフィリエイト