FC2ブログ
府中駅徒歩5分(多摩地区) NPO法人フリースクール多摩川 不登校支援
                         育児、学童保育、児童養護施設など集団の中で悩む子どもを見てきました。疎外感を持つ、空気がつらい。発達障がいや心的ストレスを理解してもらえない。皆、居場所や仲間を求めてます。 府中市府中町2-18-17。℡042-319-0408。http://freeschooltamagawa.net。リンクからも行けます。

教科書通りではない子の安心できる環境もあるし、環境に合わせる能力も伸びます。わんこ

0613.jpg NCM_0330s_20160721075417c16.jpg

左の写真はカン、スティンピー(ピーは本名があったのです)1,5歳時、人間だと青年期なのかしら?
この後、大人になるとピーはロン毛激しくなり、カンは足と胴体がひょろっと伸びます。
右は人7歳、カン0,6歳、幼児期終わりくらいですかね。両方とも頭がでかくて足短かったです。

さて、うちのわんこたちは、しっかりとしつけられた子と比べるとかなり、悪い子です。 
マシになったとは言え、油断してると、吠える、噛む、引っ張る、暴れる君です。
「よくそんなわんこをスクールに」と叱られそうですが、生徒たちはたまに噛まれても愛着を持って接してきました。不思議なほど全員そうだし、なんて言うのか、わんこの気持ちがわかるみたいな感じです。

悪いわんこの言い訳はあります。
1「わんこは生後3か月までのしつけ、愛情環境で性格が決まると言われている」
(だから、ペットショップではあまり買い手がなくなる年齢は値をぐんと下げる)

2「どちらもうちの家族になる前の6か月強は保護施設にいた」
(つまり、しつけは間に合わないとされる歳です。ドッグカウンセラーにも言われました)

3「ピーは生後すぐに誰かに飼われたが、何かの理由でペットショップに戻された、さらにそのペットショップが東日本震災でつぶれて、保護施設に引き取られた」
(それ相応のトラウマもあるのかも)

4「カンは生後すぐ保護施設に来た。上記1の理由そこで一生暮らさざるを得ないわんこは数十になり、その子たちはしつけはできていない。その中で数人のスタッフが面倒を見る・・・」
(感受性の強い子には不安が残る痛手かも)

5「人でもそうあるように、わんこも元の性格はある、そこにはしつけだけでうまく動けない性格もあり得る」
(これは10匹以上の動物たちと暮らしましたが、そう思います)

こんな感じです。それはそれとして、我が家は「教科書通りに動けるしつけがされているから、わんこに愛着が持てる」人の頭脳は理解できません。本人が悪くないのに生活や行動や制限される一生になる子を減らしたい、この思いの方が強いわけです、幸い家族全員がそうなので、増えるわけです。(うれしいことに割と同じような考え方の人には良く出会えます)

そうは言っても、社会的には迷惑もかけていることがあるのは否定できないところでして、飼い主として無責任だと批判されることもあります。こっちがパニックになって、わんこたちにいい加減しろ!と怒っちゃうときもあります。

それでも、少しずつ改善してます。それは、わんこたちにとってスクールが外での協調生活の勉強の場、生徒たちからの愛着を感じる場だからです。トラウマや性格が原因で行動制限したら、得られない経験を積んでいます。そこで能力がアップしてます。その進み具合はわからないんですが、確実にあります。
にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 押していただくと嬉しいです。  
        
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

とびたくん

Author:とびたくん
児童養護施設職員、学童保育指導員、主婦、保護者、元教師、大学生が仲間です。私も家族が障害に悩み不登校になった経験があります。「学校」に囚われず、学習、遊び、ゲーム、料理、イベント、わんこの触れ合いなど、安心できる場。同じ空間の住人と認め合う、何かしたくなる、知らぬ間にリズムや社会性が身につくのが理想です。安心や自信、仲間を得て、大学に進んだ子、中高復学した子、学校併用の子。さまざまです。NPO調布青少年の居場所Kiitos、NPOフリースクール全国ネットワーク、一般社団法人 発達心理ライフケア協会の皆様にご協力、ご指導いただきながら、生徒会員や保護者のみなさんと頑張っています。

2017年には教育確保法が成立、フリースクールは学校と同じ扱い、つまり学校以外の子供の教育の場と認められました。しかし、まだ国から財政支援が得られていませんので、運営側と保護者の負担が大きいままです。皆さんで国や社会に訴えて、本当の教育無償化を目指しましょう。

 →スクールのパンフレットです1  →スクールのパンフレットです2

最新記事

リンク

カテゴリ

最新コメント

メールでのお問い合わせ

フリースクール多摩川のアドレスに送信されますので、他の人には 見えません。

名前:
メール:
件名:
本文:

メールの欄は貴方のアドレスを入れてください。

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

最新トラックバック

アフィリエイト