FC2ブログ
府中駅徒歩5分(多摩地区) NPO法人フリースクール多摩川 不登校支援
                         育児、学童保育、児童養護施設など集団の中で悩む子どもを見てきました。疎外感を持つ、空気がつらい。発達障がいや心的ストレスを理解してもらえない。皆、居場所や仲間を求めてます。 府中市府中町2-18-17。℡042-319-0408。http://freeschooltamagawa.net。リンクからも行けます。

お子さんの違和感、不安感、困り感、加えて他の子と相互影響する微妙なものまで、これらは現場に居ないと正確には見えませんが

そもそも「凸凹があるとしても多くは気にするレベルでない、世のすべての成長期に見られることの可能性も高いから、そこは体験や思いで自分なりの社会性は養えます。だから決めつけて子供の可能性をせばめることはしないでいましょう」とよく言いいます。
とは言いつつも「それだけでは却って2次的なものを子供が作りだしてしまうかも知れないぞ」と懸念される状況に児童がある、そう見えることも、人によって時にはあります。

「特性等によって生じる現場での子供の出す違和感、困り感」「それに揺れる他の子の様子など」はなかなか、実態が場に居ない人に伝わらないものです。報告する私が「そんなに気にすることでもない」と言う雰囲気で書くときと「こりゃ大変ですぞ」と書く時で、受け止め方が変わってしまう。(こちらも揺れますので、親御さんが重く受け止め過ぎてるとか、自分の子だけ申し訳ないみたいな時は、子供には誰もあることですよオーラを出し、反対に親御さんがのんき過ぎるように見ると、こんなに困り感や他の影響を産んでますよオーラがでちゃうんですね)

根本に「子供に悪意がないことが分かっているので、どう伝えたらいいか」その私の感情も入ってしまうのでやむを得ないところかもしれません。でも、なにしろ、毎回思うのは「実際、そこに居ないとわからない、微妙な、しかし困った違和感」があり、それをどう伝えるか、誤解を招かないように関わるみんなで共有するか、いや、そうしないで個別に報告相談して、個人を守るようにするべきか、都度悩むのは確かです。

では、どのようなことが「どうしても、そこで見ていないと分からない」ものか・・・・・
念のために書きますが、文末にあるように、スク-ル生徒は安心の中で人かかわり体験や協調意識生活を繰り返していくうちに、ある年代からはこれらがほとんど無い装いになっています。つまり改善します。

・物事の程度について過剰具合は伝えにくいです。これは音や言動がそうです
子供の声やトーンが大きい、抑揚がない、出し方に唐突さが相まって、場が「うわ!何?」となりがちです。

・自分の欲求、目的しか目に入らない状態では、本来の人へのやさしさや公平思考が消えることになりがちになることも、その違和感を報告表現しにくいです。
各自が思い思いの行動をしている場が成立しているときでも、人が別のことやっていることを無視して「俺はこう」「ほら見ろ」はもちろん、もっとすごいときは、例えば自分以外の子が皆でなにかしてる時もつまり、誰もそっちには気が行っていない状態でも、大声で「わあ。○○だよ!」と自分一人でやっていることを大声で表現します。周りの子が公平や正義に潔癖な場合は元の子を攻撃するケースもあります。もっと「うまい?子」の場合は距離をおくようにして、当人を孤独にさせる作戦になります。もちろん、周りが悪いなんてことはなく、周りも揺れてしまっていることが表れているわけだと思います。

・無意識?なのか罪の意識が消えるのか?わからないけど欲求や利便優先するときに「他を無視する傲慢な子」に見られる。
なかなか「公平な分配、皆で協調行動する、同じようにする」が認識できない状態に陥りやすく、周りから「なんで君だけそんなに強欲にしていいの?」「ここで皆の権利を踏みにじるようなことして満足なの?」と言う指摘を受けやすい事例になりがちです。この状況にすっと入り込むことや、それに気づいた場が「うう!」となる感じも伝えにくいです。
(当然、療育場みたいに、それありきでまわりが意識準備対応している場ではそうならないです)

・不安解消や目的利便優先になるとき、人関わり、その適切なやりとりの感性が弱くなる傾向がある。これは発達障がい等関係なく
多くの児童にも出てくるので非常にむずかしいですが、やはり「程度さ、しつこさ、平然としながらやる様子」などは、なかなか場にいないと見えないだろうなあと思っています。

甘えたい、信用したい、役立ってほしい相手に「豚呼ばわり等」したりする、それが少しは冗談で誰もがやることでも、自分だけ節度なく、ずっとそうしている状態になっても気づけず、気の優しい人たちを自分に向けるためのツールとして使い続ける。悪意がないのに周りに悪意にとられそうな落とし穴です。中には、当人は受けている、肯定されていると一度感じるとそれを繰り返しすぎて、「TPOを無視した悪い言動だ」とされるケースもあります。また、まったく同じ理由で自分の相手役をやけに持ち上げたり、どうしても自分の都合にあうように動いて欲しがったり、その相手をとられないようになのか、それ以外の子に攻撃的な言動や作為的な無視などすることも割とでます。(この段落に書いたこと、相当根気強く窘めていないと大人になっても残ります。なぜなら、ある程度は普通の人にもあって当たり前の事柄、つまり、程度が守られている限り認められていることなので)


書いた例は発達障害の子が悪意や自己中でやっている、傲慢だと誤解される典型的なものです。
本人は優先や利便で頭が埋まっていたり、聞こえなかったり注意がいかなかったりしているだけなのに行動が、そのように純粋なものと真逆に映るので、言われたときの被害意識も高いです。
また、気づいた時には落胆も激しく私の見てきた子の中には、毎回、気づかされたとたん何時間も泣いてしまう子もかなり居ました。(気づかないときは真逆なふるまいなので余計困り感がある)

そこを支援側が「悪意がないこと、気づけないことを慮ってゆるく時間をかけてわからせる」基本育成と
「そのスピードだと誤解のレッテルがどんどん貼られてしまうから、かわいそうでもきつく体に強制的に植え付ける」対処策と
どっちがいいのかはむずかしい場面ばかりです。これはいつもお伝えしている通りです。


でも悲観することはない。スクールでは生徒間の仲間感覚、認めあい感覚があります。また、「同じような困り感でもがきながらも、ここで体感してくことが良いように作用して程度や自分以外のことへの注意、公平の実行などのスキルが上がった年長」が年下の気持ちも配慮しながら導く役にもなっています。心配はないと思っています。課題はどれだけ待てるか、あきらめずに続けられるかかもしれません。

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 押していただくと嬉しいです。  
        
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

とびたくん

Author:とびたくん
児童養護施設職員、学童保育指導員、主婦、保護者、元教師、大学生が仲間です。私も家族が障害に悩み不登校になった経験があります。「学校」に囚われず、学習、遊び、ゲーム、料理、イベント、わんこの触れ合いなど、安心できる場。同じ空間の住人と認め合う、何かしたくなる、知らぬ間にリズムや社会性が身につくのが理想です。安心や自信、仲間を得て、大学に進んだ子、中高復学した子、学校併用の子。さまざまです。NPO調布青少年の居場所Kiitos、NPOフリースクール全国ネットワーク、一般社団法人 発達心理ライフケア協会の皆様にご協力、ご指導いただきながら、生徒会員や保護者のみなさんと頑張っています。

2017年には教育確保法が成立、フリースクールは学校と同じ扱い、つまり学校以外の子供の教育の場と認められました。しかし、まだ国から財政支援が得られていませんので、運営側と保護者の負担が大きいままです。皆さんで国や社会に訴えて、本当の教育無償化を目指しましょう。

 →スクールのパンフレットです1  →スクールのパンフレットです2

最新記事

リンク

カテゴリ

最新コメント

メールでのお問い合わせ

フリースクール多摩川のアドレスに送信されますので、他の人には 見えません。

名前:
メール:
件名:
本文:

メールの欄は貴方のアドレスを入れてください。

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

最新トラックバック

アフィリエイト