FC2ブログ
府中駅徒歩5分(多摩地区) NPO法人フリースクール多摩川 不登校支援
                         育児、学童保育、児童養護施設など集団の中で悩む子どもを見てきました。疎外感を持つ、空気がつらい。発達障がいや心的ストレスを理解してもらえない。皆、居場所や仲間を求めてます。 府中市府中町2-18-17。℡042-319-0408。http://freeschooltamagawa.net。リンクからも行けます。

こどもが大人を気遣う気持ちを持つ頃、グンと成長しています。

これ、うまく伝わらないかも知れません。誤解されてしまうかも知れません。

最近、スクールでは「ルールを守る、生活リズムのメリハリを守ることがレベルアップしている。それが各自、なんとなく必要なんだなと感覚的に捉えだしているからだ」と2,3日前のブログに入れました。「そんなの当たり前だろ」「子供の能力を馬鹿にするのか」と思う方もいるかもしれませんが、スクールに来る子はさまざまな理由や事情によって、その能力がすんなり出せない状態になっていた子も少なくないのです。特に「横並び」「ルール」「我慢」「場に合わせる」「事情を言える」などのキーワードにつながることを怖がる状態だったと言えます。でも「それを過度に意識しない空間に長くいることで、安心や信頼を体感しはじめ、気持ちが横並び云々まで行くようになることも多い」わけです。

これは「そうなるまでの一定期間はルール守りや協調云々の強制が邪魔になる、それより先に縛られないことで安心体感する方が優先の時期もある」とも言い換えられます。ここが難しいのです。

割と教育保育現場に長い方、それらを研究している保護者さんから受ける質問に「ここは社会ルールを躾ける場なんですか?好きにさせる場なんですか?」のようなものがありますが、そんな単純なことではないわけです。

今、ある曜日、その日のスタッフは「必ずしもルール遵守でもない」「見ようによっては子供のなし崩しもあり」の装いでやっています。他の日は「一応守ろうよ」と言うルールやリズムは崩しません。それはそれぞれ前述した「さまざまな状態の子にいい影響になっているわけです」ある程度自覚や分析力が成長してきた子には他の日の方が「自分がレベルアップした感覚を確認」でき、まだ不安要素が高い状態の子にはその日が「安心を高めるための場」になるのかと思います。

と見栄えのいい説明をしていますが。
こども(人間)は利害や自己都合で動くものです。それが当たり前です。

だから、普段、生活リズムやルールをしっかり指導するスタッフに信頼や親近感をもつときもあるし、反対にそれらに対して甘いスタッフに信頼親近感を持つこともあります。ざっくり言ってしまうと、成長してくるにつれ前者に傾くのが自然でもあります。

実は私たちが期待しているのはこの経緯の中での「こどもの気持ち」です。「苦手な事、不安な事を強いないから信頼できる」気持ちから子供はどう変わるのか?「そうしてくれるから安心だけど、なし崩しだけでは自分は駄目そうだな」「大人を利用しているだけになってるかな?」「信頼している大人がメリハリない人に見られやしないか心配だなあ」と変化してくるんです。

そうした経過をたどった子はいつしか、私たちに意見してきます。「○してもいいけど、皆、安心だろうけど、それだと俺たちのためにならないんじゃない?」「大人はもっと厳しい方がいいんじゃない?」など。だいたいこの段階ではその子は自分で何かに取り組む、先を考えることまででき始めています。

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 押していただくと嬉しいです。  
        


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

とびたくん

Author:とびたくん
児童養護施設職員、学童保育指導員、主婦、保護者、元教師、大学生が仲間です。私も家族が障害に悩み不登校になった経験があります。「学校」に囚われず、学習、遊び、ゲーム、料理、イベント、わんこの触れ合いなど、安心できる場。同じ空間の住人と認め合う、何かしたくなる、知らぬ間にリズムや社会性が身につくのが理想です。安心や自信、仲間を得て、大学に進んだ子、中高復学した子、学校併用の子。さまざまです。NPO調布青少年の居場所Kiitos、NPOフリースクール全国ネットワーク、一般社団法人 発達心理ライフケア協会の皆様にご協力、ご指導いただきながら、生徒会員や保護者のみなさんと頑張っています。

2017年には教育確保法が成立、フリースクールは学校と同じ扱い、つまり学校以外の子供の教育の場と認められました。しかし、まだ国から財政支援が得られていませんので、運営側と保護者の負担が大きいままです。皆さんで国や社会に訴えて、本当の教育無償化を目指しましょう。

 →スクールのパンフレットです1  →スクールのパンフレットです2

最新記事

リンク

カテゴリ

最新コメント

メールでのお問い合わせ

フリースクール多摩川のアドレスに送信されますので、他の人には 見えません。

名前:
メール:
件名:
本文:

メールの欄は貴方のアドレスを入れてください。

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

最新トラックバック

アフィリエイト