FC2ブログ
府中駅徒歩5分(多摩地区) NPO法人フリースクール多摩川 不登校支援
                         育児、学童保育、児童養護施設など集団の中で悩む子どもを見てきました。疎外感を持つ、空気がつらい。発達障がいや心的ストレスを理解してもらえない。皆、居場所や仲間を求めてます。 府中市府中町2-18-17。℡042-319-0408。http://freeschooltamagawa.net。リンクからも行けます。

張り切りすぎは禁物かも。

本日も2時からの学習読書時間は全員、机に向かっています。

「夏休みくらいはやらないよ」と言っていた中1君、しっかり教科書読んでます。
スクールに久しぶりに来た6年生、初めは「うっみんなどうしたの?」と言う感じでたじろぎましたが、以前はここで学習もしていた子、なんとかドリルを少しやっています。
「僕は今は勉強は・・・だから読書する」と言っていた5年生はなんと!いきなりドリルをやりだしました。
他の子たちは今日も毎日の学習をやっています。

すごいですね。これはスクール夏時期では初めてのことです。2日前のブログに書きましたが、学習をする子の多さはもちろんですが、そもそも、この時期、ここに来る子があまり減らないのも初めてなんです。

さて、この出来すぎ?の「学習読書時間」ですが、生徒たちは何を考えているんでしょうね?そりゃ書き出すと止まらないほど、いろんなことが考えられます。子供の納得の度合いも違います。個の事情も違う。むろん不満、不安の度合いもいろいろあるでしょう。本音と建て前?もありますよね。特に「自発的にやっていることにしてるけど、やらされてる感あるぞ」は多くの子供が感じて当然です。そんな中で全員が机に向かっている・・・はすごいです。当人たちも「達成感」「我慢できてる感」は自己評価できる点だと思います。

もちろん、同時に「それは素晴らしい。でもあまりに頑張ると、場の緊張やら、自ら作った高揚感によって、疲れちゃうこともあるよ
と逆のことも言いたくなってしまうわけです。(いったいどうしたらいいの?と突っ込まれそうですね。すみません。

NCM_3727.jpg そこは、子供自身もなんとなく感知し
 ているのかな?
 「今日は外運動いくよね?」
 の確認が多かったです。
 発散したいんですね。
 きっと。

 
 すごく暑くて熱中症が怖いけど気持ちはわかる。 なのでスタッフSと相談して・・・・・

 5時前から出ました。しかしそれでも日差しが強い!
 結局、わんこまで日陰に避難、生徒も年齢が高い順?に避難しまして。
 それでも各自、体は動かしていました。この写真に入っていない小中生4人は最後まで動いていましたねえ。
 これもこれで、張り切りすぎ注意かもしれませんね?でも、とにかく皆、元気です!
 

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 押していただくと嬉しいです。  
        
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

とびたくん

Author:とびたくん
児童養護施設職員、学童保育指導員、主婦、保護者、元教師、大学生が仲間です。私も家族が障害に悩み不登校になった経験があります。「学校」に囚われず、学習、遊び、ゲーム、料理、イベント、わんこの触れ合いなど、安心できる場。同じ空間の住人と認め合う、何かしたくなる、知らぬ間にリズムや社会性が身につくのが理想です。安心や自信、仲間を得て、大学に進んだ子、中高復学した子、学校併用の子。さまざまです。NPO調布青少年の居場所Kiitos、NPOフリースクール全国ネットワーク、一般社団法人 発達心理ライフケア協会の皆様にご協力、ご指導いただきながら、生徒会員や保護者のみなさんと頑張っています。

2017年には教育確保法が成立、フリースクールは学校と同じ扱い、つまり学校以外の子供の教育の場と認められました。しかし、まだ国から財政支援が得られていませんので、運営側と保護者の負担が大きいままです。皆さんで国や社会に訴えて、本当の教育無償化を目指しましょう。

 →スクールのパンフレットです1  →スクールのパンフレットです2

最新記事

リンク

カテゴリ

最新コメント

メールでのお問い合わせ

フリースクール多摩川のアドレスに送信されますので、他の人には 見えません。

名前:
メール:
件名:
本文:

メールの欄は貴方のアドレスを入れてください。

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

最新トラックバック

アフィリエイト