FC2ブログ
府中駅徒歩5分(多摩地区) NPO法人フリースクール多摩川 不登校支援
                         育児、学童保育、児童養護施設など集団の中で悩む子どもを見てきました。疎外感を持つ、空気がつらい。発達障がいや心的ストレスを理解してもらえない。皆、居場所や仲間を求めてます。 府中市府中町2-18-17。℡042-319-0408。http://freeschooltamagawa.net。リンクからも行けます。

8月9日夏休み前、異年齢でのミニパーティで仲間意識満開?(休み21日まで)

NCM_3805.jpg 9日は休みに入る前の
 ラストデーでした。
 小2名中2名高1名、OBスタッフ1名、
 大学1名、 ボラさん1名と
 大人スタッフ2名で過ごしました。
 特に中高生は小学生とどうやって
 一緒に楽しくできるか、考えながら
 迷いながら動いています。
 それでいいと思います。

 地方大学に通うOBのY君ですが「顔馴染みもたくさん、初めての子もかなりいる」 と楽しそうです。 「自分が甘えないように親元から出る」と 言い切って始めた大学下宿、ここまで頑張ってます。バイトもしてます。もちろん彼も人とのかかわりで気を使い疲れるようなところもあるので、スクールをふるさとのように感じてくれるといいなと思います。 

高校卒業したOBのSK君は「子供関連の仕事」を意識した進路をチラチラ考えているようです。

ボラH君は大手塾で講師のバイトをやっており「本当は教えてあげたいな」とも思っていますが、生徒たちは「その役は不要だよ」「ゲームや遊びに関わってよ」 のオーラを出しています。ははは。

夕方になってふと思いつきまして、レンジでできるピザやつまみを買ってきました。小学生が帰る6時より少し前から、皆で食べ、会話をしました。これもひとつのメリハリ?小学生たちは「他の人の分は残そう」と何回もつぶやき、気を付けていましたね。

中高生時間からは大人スタッフ。ボラスタッフ、OBY君はビールも飲みだしました。中高生は「なんだかなあ」「20歳以上やけに機嫌がいいな」「でも面白いや」と言う感じで、私たちに合わせてノリノリで話しています。いいですね。
8時以降、いよいよ高校以上になった時からはここには書けないような話題も広がりました。酔った親父たちはくどい、説教じみているなども感じた筈ですが、見事に連帯感、自己表現もでてます。この感じで22日、再開しましょう!

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 押していただくと嬉しいです。  
        
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

とびたくん

Author:とびたくん
児童養護施設職員、学童保育指導員、主婦、保護者、元教師、大学生が仲間です。私も家族が障害に悩み不登校になった経験があります。「学校」に囚われず、学習、遊び、ゲーム、料理、イベント、わんこの触れ合いなど、安心できる場。同じ空間の住人と認め合う、何かしたくなる、知らぬ間にリズムや社会性が身につくのが理想です。安心や自信、仲間を得て、大学に進んだ子、中高復学した子、学校併用の子。さまざまです。NPO調布青少年の居場所Kiitos、NPOフリースクール全国ネットワーク、一般社団法人 発達心理ライフケア協会の皆様にご協力、ご指導いただきながら、生徒会員や保護者のみなさんと頑張っています。

2017年には教育確保法が成立、フリースクールは学校と同じ扱い、つまり学校以外の子供の教育の場と認められました。しかし、まだ国から財政支援が得られていませんので、運営側と保護者の負担が大きいままです。皆さんで国や社会に訴えて、本当の教育無償化を目指しましょう。

 →スクールのパンフレットです1  →スクールのパンフレットです2

最新記事

リンク

カテゴリ

最新コメント

メールでのお問い合わせ

フリースクール多摩川のアドレスに送信されますので、他の人には 見えません。

名前:
メール:
件名:
本文:

メールの欄は貴方のアドレスを入れてください。

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

最新トラックバック

アフィリエイト