FC2ブログ
府中駅徒歩5分(多摩地区) NPO法人フリースクール多摩川 不登校支援
                         育児、学童保育、児童養護施設など集団の中で悩む子どもを見てきました。疎外感を持つ、空気がつらい。発達障がいや心的ストレスを理解してもらえない。皆、居場所や仲間を求めてます。 府中市府中町2-18-17。℡042-319-0408。http://freeschooltamagawa.net。リンクからも行けます。

「子供に迎合しすぎている」と非難されそうでもそうする理由

ややこしくてめんどくさいテーマを書きます。長いので2回に分けます。
今回の話は「特に生きづらさを持つお子さん」の範囲ではなく少年青年時期の児童全てに関わることのつもりです。

よく、教育側、行政側、法や規律の管理側、そして保護者側の皆さんと「難しいですよねえ」と話し合います。
「人は強いとも弱いとも言える、純粋感情も邪悪感情もある。また複合的な個事情も常に生じやすい」「おそらく、子供は正直に動くことで。却って裏表がある態度に見えたり、やたらに枠にしがみついている不自然さがでたり、あるいは反対に枠から外れることで安心しているようなこともあるのでしょう。」

で。ここまでは誰もが「そうそう」「うまく見極めて見守りましょう」と平和です。

でも、私たちはそれが分かったうえで、今回は相手に伝えようと思うときは迷わず言います。「子供の現場での実態(必ずしも悪いこととは限りません)はこう見えます」「○がいる場とは違うかもしれません」とお伝えする必要を感じた時です。この○とは・・・「常識、規範、法などを管理指導する事は大人の役割だと言う現実。そして、大人としてそこが出来ているかどうかの責任評価をされる現実的な立場」を持っている人を指します。
つまり自分が関わる子の言動が、その大人の都合にハマっていないとちょっと困ると言う人です。当然、教育側、行政側、法や規律の管理側、そして保護者側に多いわけです。

「現場でしか見えない子供の実際がある、これは極めて自然なことです。昔ならそれで良かったとも言えます。
「親や先生、行政や法管理者」の前では良い子、「居ない場では調子に乗る」それでも成長につれてバランスをとってきて大人への道を歩む。だから、大人は余裕をもって「子供が自分には見せない部分もある」「それで子供が痛い目に合うことも何かを見つけるのも学習」と笑えていました。

でも・・・2段落前に書いたように「今は大人に余裕がないんです。」
だから、子供のことに対して「自分は全部知っていないとならない」「いや知っているはずだ」「こうあるべきだ」が強まっている大人が多いんです。 特に「子供がこうあるべきと言う形になっていないと見える場合」にはあたかも「それではこっちが困るんだよ」「見てない事実は無視しとく」と言う悲壮感すら大人から出ます。


このような状態になっている現代の大人の中には「○が居ないときの子供の姿を想像しにくい、受け入れにくい」人もかなりいます。「裏表がある態度に見えたり、枠にしがみついている不自然さがでたり、反対に枠から外れることで安心している」子供を見ない傾向になります。つまり、少年青年時期に必須体験しながら成長する大切さを認めない事態になりがちです。また困ったことに子供も知恵があります。昔より子供が大人びていますので○の大人対策はうまいんです。
(大人びていると言っても、アダルトチルドレン予備化とも言えます。時に対峙するおとなの中にも?)



とは言っても多くの子供は「昔のように大らか、未熟、純粋だけでいい時代は終わった」圧力をひしひし感じていますので、余計に「揺れ、裏表、極度の枠内思考、逆切れのはみ出し行為など」があります。 ここは「一緒に過ごして、○の役ではない立場で子供に触れていないと、その子の気持ちや事情が分からない」こともたくさんあると思うのです。

私はかつて、このスタンスが激しかったので、教育、行政サイドの一部の方、児童相談所や弁護士の一部の方とバトルになった経験も少なくありません。こちらからは「あなたたちは自分に都合のいい動きが計算できる子、被害者部分を誇張してを装える子を道具にしている」「それじゃ苦しんでいる子はどうなるの?」となりますし、相手からは「お前は大人として無責任だ」「善悪規範を無視して子供に迎合しているだけ」と言うことになります。もちろん、その時々によりどちらも合ってる。正解はないのかなと思います。もちろん、私自身が反省していることもたくさんあります。

今も、私たちは子供と同じ目線、立ち位置まで行くことが多いです。
このスクールをスタートしてからは、行政、教育、保護者さんの中に「そうしないと見えないし、子供に信頼されない」ことが分かっている方、私たちと同じような言動をする方にたくさん出会えてうれしいです。だから私はこの数年で「なにかと攻撃的な私」ではなくなりました。


次回は少し具体的なことを交えて説明します。

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 押していただくと嬉しいです。  
        
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

とびたくん

Author:とびたくん
児童養護施設職員、学童保育指導員、主婦、保護者、元教師、大学生が仲間です。私も家族が障害に悩み不登校になった経験があります。「学校」に囚われず、学習、遊び、ゲーム、料理、イベント、わんこの触れ合いなど、安心できる場。同じ空間の住人と認め合う、何かしたくなる、知らぬ間にリズムや社会性が身につくのが理想です。安心や自信、仲間を得て、大学に進んだ子、中高復学した子、学校併用の子。さまざまです。NPO調布青少年の居場所Kiitos、NPOフリースクール全国ネットワーク、一般社団法人 発達心理ライフケア協会の皆様にご協力、ご指導いただきながら、生徒会員や保護者のみなさんと頑張っています。

2017年には教育確保法が成立、フリースクールは学校と同じ扱い、つまり学校以外の子供の教育の場と認められました。しかし、まだ国から財政支援が得られていませんので、運営側と保護者の負担が大きいままです。皆さんで国や社会に訴えて、本当の教育無償化を目指しましょう。

 →スクールのパンフレットです1  →スクールのパンフレットです2

最新記事

リンク

カテゴリ

最新コメント

メールでのお問い合わせ

フリースクール多摩川のアドレスに送信されますので、他の人には 見えません。

名前:
メール:
件名:
本文:

メールの欄は貴方のアドレスを入れてください。

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

最新トラックバック

アフィリエイト