FC2ブログ
府中駅徒歩5分(多摩地区) NPO法人フリースクール多摩川 不登校支援
                         育児、学童保育、児童養護施設など集団の中で悩む子どもを見てきました。疎外感を持つ、空気がつらい。発達障がいや心的ストレスを理解してもらえない。皆、居場所や仲間を求めてます。 府中市府中町2-18-17。℡042-319-0408。http://freeschooltamagawa.net。リンクからも行けます。

不器用です、時間がかかることもありますが・・・

もう高校生ともなると、こうしたブログはすぐ見れます。なので、どうしたものかと思いつつ、しかし、今回言いたいことはこれまで見てきた多くの児童青年に当てはまる事だと思うので、やはり書きます。

二人の高校生、どちらも「表現や動き方が超不器用で時に誤解される性質」です。これが幼少時から中学くらいまで、「それは変だ」「戒めろ」とか言われるので自己の癖を客観視するよりも、その場の対処に焦ったり、自分とは性質の違う多くの人に合わせることにも、それでいいのか考えすぎて、はっきりしない不安がつきまとったりしているうちに、「自我を出さない」「焦点を作らない」「責任をともなわないツール頼み」のような所作を身に着けています。もう少し厳密に言うと自我や自身が客観確認できていないとも言いますが、今回はそこはおいておきます。

今日、この2人がずっと会話していて(1時間以上)学校の事、親のこと、バイトのこと(2人ともやったことない)など話して意気投合していました。いいですねえ、この前まで私たちやOBにしか話していなかったような内容が、青年通しで展開しています。
しかもゲームのことなどこれぽっちも(2人とも超ゲーム好き)話していません。必要ないわけですかね。

また、この2人はもう数年在籍していますが、大人や先輩、友人を介してしかそんなに話さない仲でした。特にA君は学習大好きでスクールでも皆の前でも一人でもこつこつやって、結果が出ると(まあ、学習が自己不安を消す材料だと言う不器用さもありまして)大喜びで、それが全員の喜びのごとく吠えて、繰り返して、知らぬ間に、笑いながら周りが引くような性格です。片やB君は自己の対人葛藤などの影響で、学習の積み上げが出来ず、スクール内ではそれに関わる事は恐怖で、(これは卑怯でもなんでもない)ゲーム等で周りの子と関わることに専念していましたので、互いに個で関わるようなシーンがなかったのです。

だけど、複数年過ごすうち、お互いの「深の素」が分かってきたのか?慣れたのか?わかりませんが、今日は、いろんな愚痴や本音を言い合ううち(すいません保護者さん批判合戦もあります。これ、でき始めての成長ですから)、理数満点だが文系やや弱いA君が「もうすぐ宿題の作文だ嫌だ何も考えられない」と言うと、B君は「俺も明後日テスト、そういえば家庭教師に教わった作文の書き方教えてあげようか?」そこから2人で30分もああでもないこうでもないやっていましたが、すごく楽しそうです。楽しいから?B君すごく説明がうまいです。才能あるぞ。「スクールでは学習的なことは嫌」と言うオーラを出していた人とは思えないです。A君も普段あまり見ない(失礼)「聞き入ったり質問したりして」最後に「助かったありがとう」と言ってニコニコしていました。

互いの経緯、学校、その形態、成績、違いはあります、それも「ゲームをツールにして」「他の友や大人を介して」しか関わりにくかった遠因かもしれません。これも学齢期青年期ならば、とても当たり前のことですよね?。

それがこうなっている。本当は便宜上のツールは関係ないんです。早い話、信用しているのです、相手も自分もです。
イコール、まだこの場だけかもしれませんが、とにかく「誰もが持つ思春期青年期の不安定さも越え」「個が持つ事情、癖を超えたこと」になるかと思うのです。不器用なので?時間はかかります。やり方もきっかけも要する時間もマニュアルとは違います、でも人も自分も認めるきっかけ、大きな学習ですよね?


にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 押していただくと嬉しいです。  
        
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

とびたくん

Author:とびたくん
児童養護施設職員、学童保育指導員、主婦、保護者、元教師、大学生が仲間です。私も家族が障害に悩み不登校になった経験があります。「学校」に囚われず、学習、遊び、ゲーム、料理、イベント、わんこの触れ合いなど、安心できる場。同じ空間の住人と認め合う、何かしたくなる、知らぬ間にリズムや社会性が身につくのが理想です。安心や自信、仲間を得て、大学に進んだ子、中高復学した子、学校併用の子。さまざまです。NPO調布青少年の居場所Kiitos、NPOフリースクール全国ネットワーク、一般社団法人 発達心理ライフケア協会の皆様にご協力、ご指導いただきながら、生徒会員や保護者のみなさんと頑張っています。

2017年には教育確保法が成立、フリースクールは学校と同じ扱い、つまり学校以外の子供の教育の場と認められました。しかし、まだ国から財政支援が得られていませんので、運営側と保護者の負担が大きいままです。皆さんで国や社会に訴えて、本当の教育無償化を目指しましょう。

 →スクールのパンフレットです1  →スクールのパンフレットです2

最新記事

リンク

カテゴリ

最新コメント

メールでのお問い合わせ

フリースクール多摩川のアドレスに送信されますので、他の人には 見えません。

名前:
メール:
件名:
本文:

メールの欄は貴方のアドレスを入れてください。

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

最新トラックバック

アフィリエイト