FC2ブログ
府中駅徒歩5分(多摩地区) NPO法人フリースクール多摩川 不登校支援
                         育児、学童保育、児童養護施設など集団の中で悩む子どもを見てきました。疎外感を持つ、空気がつらい。発達障がいや心的ストレスを理解してもらえない。皆、居場所や仲間を求めてます。 府中市府中町2-18-17。℡042-319-0408。http://freeschooltamagawa.net。リンクからも行けます。

子供ってどこかで「場に、ルールや導きのような気配があること」求めています。

スリースクールのようなところは「自由度がある事」「強制がない事」「個の事情を優先する事」「子供が見つけることを待つ事」「寄り添う事」を最大の長所と謳います。

それは真実でもありますので、どうしても説明の中に(あるいはイメージの中に)「学校で押しつけらていた事をしない」「これで子供は楽になり自分のやりたいことを見つけられる」と言う、いわば「魔法の言い回し」が先走ります。(否。正解でもあるんですが)

だけど、正解ではあっても、それだけじゃ結局、子供は窮します。ざっくり言うと「まだ成長過程なのに」指導されることや教えられることを無しにしてしまうと、(大概の子供は)自分で何かをみつけることが出来ず閉塞するのです。

不登校、行き渋りのお子さんの場合、「とにかく家からでること」「とにかく決まった場に通うこと」「人と触れ合うこと」を第一の意義としますので、はじめは「自由度がある事」「強制がない事」で安心して、その部分については一定の効果がでます。えらく明るくなります。でも、ずっとそのままだと子供側の方が自分から閉塞してきますので、スクールにぷっつり来なくなったり、強制されている感や横並び感のない遊びを主体にした時間帯にしか来れなくなる、そのようになった子も過去、少なくありません。(もちろん、子供は短絡的にそう行動しているのではなく、その中でも人学習や自己分析もしていますので、決して悪いことではないので誤解しないでください・この状態こそが「生きづらさ」なので、そこから脱するのに時間がかかることも不思議はないわけです)

要はどこかの段階で「怖いこと」「不安な事」「不満なこと」は周りのせいではなく、自己の課題から来ていることを少しでも知覚できるかどうかで、その後の行動が変化するのです。この知覚とはアバウトなもの、頭の片隅によぎるものを含みますし、意識はまったくしていなくても、日々の繰り返しの中での自然培いの要素も大きいです。その段階に来る前の子供に対して「子供って言うものはこうするものだ」「皆やっているぞ」的な諭しはほぼ逆効果が多いです。


でも、もう少し先に進んだ段階の子にとっては「安心」だけではなく「発展」「自己認められ感」を伴わせるのに、支援指導が相当な後押しになります。ここが難しいですよね?生きづらい子はその子がどこにいるかわかりにくい、動きやすい、しかも少人数のスクールであっても「いろんな段階の子が一緒に過ごす」子供は影響されやすい。邪悪な意味ではない「楽」に流れやすい。以前からよく言いますが、ここは仕方ないと思っています。

もともとは(もちろん一般的な感性の人の邪悪な思考と同じではないですが)「個優先思考」「場が予測できることでないと困る思考」「ある程度は自分が際立っていたい願望もある」「でも、そのための我慢や段取りはあまり考えつけない」「それとは別に、一般汎用性が薄い、いわゆる自己正義感、こだわりも守りたい」このような傾向が高い子が多いのです。
ざっくりいうと、まだ「1対1」とか「通級程度の人数」の中で誰もが持っている「望みと矛盾」をなんとかするスキルを高めるほうがいい、その方が安心すると言う状態の子は結構いるわけです。


例えば自由度の高い場で10人子供がいると、その中の7人は、場のにぎわいを喜び、見張られ感がないことで弾けます。しかし、どこかで「なんだか喧噪がつらい」「高揚感強すぎをずっとやるのもきついな」「この場にずっといるのはいやだな」と言う思いもします。つまり、子供って身体のどこかには「場に、ルールや導きのような気配があること」とか「大人がクールダウンさせてくれる事」も欲しているのです。(成長のために、わかっている人の支援や導きを必要とする年代とも言えます)


そうしている中でいずれ「ルールや導きと言うものは自己にも向いてる面があるし」でも「個で過ごす方が安心できる時間もある」と認識できるレベルまで行けば、人が多くても、自分で工夫して距離置いたりも、入ったりもできるので、本人はそこまで疲れないでいられるようになります。つまり、それぞれの都合がありますので、簡単にはわかりませんが「皆、成長も出てきているので。」いずれは「大人、あるいは想定範囲で動いてくれる自分の相手が常にいないといかん癖もなおる」し「極端に少ないコミニティに安心するとか、常にそこに自己都合想定を求める癖もなおる」訳です。それこそ受け止めが出来たり、自身の先を考えたり。これが先輩たちの成功例ですし、今の小中生にもかなり見えています。

現場では「個支援マニュアルや学説的解説だけでは立ちいかない事情」がたくさんあるので、支援側も保護者さん側も「ハラハラ」することも「疑問や不安」が生じることも多々出がち。でも各自の本当の社会性はそこから生まれますので頑張りましょう。


にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 押していただくと嬉しいです。  
        



スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

とびたくん

Author:とびたくん
児童養護施設職員、学童保育指導員、主婦、保護者、元教師、大学生が仲間です。私も家族が障害に悩み不登校になった経験があります。「学校」に囚われず、学習、遊び、ゲーム、料理、イベント、わんこの触れ合いなど、安心できる場。同じ空間の住人と認め合う、何かしたくなる、知らぬ間にリズムや社会性が身につくのが理想です。安心や自信、仲間を得て、大学に進んだ子、中高復学した子、学校併用の子。さまざまです。NPO調布青少年の居場所Kiitos、NPOフリースクール全国ネットワーク、一般社団法人 発達心理ライフケア協会の皆様にご協力、ご指導いただきながら、生徒会員や保護者のみなさんと頑張っています。

2017年には教育確保法が成立、フリースクールは学校と同じ扱い、つまり学校以外の子供の教育の場と認められました。しかし、まだ国から財政支援が得られていませんので、運営側と保護者の負担が大きいままです。皆さんで国や社会に訴えて、本当の教育無償化を目指しましょう。

 →スクールのパンフレットです1  →スクールのパンフレットです2

最新記事

リンク

カテゴリ

最新コメント

メールでのお問い合わせ

フリースクール多摩川のアドレスに送信されますので、他の人には 見えません。

名前:
メール:
件名:
本文:

メールの欄は貴方のアドレスを入れてください。

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

最新トラックバック

アフィリエイト