FC2ブログ
府中駅徒歩5分(多摩地区) NPO法人フリースクール多摩川 不登校支援
                         育児、学童保育、児童養護施設など集団の中で悩む子どもを見てきました。疎外感を持つ、空気がつらい。発達障がいや心的ストレスを理解してもらえない。皆、居場所や仲間を求めてます。 府中市府中町2-18-17。℡042-319-0408。http://freeschooltamagawa.net。リンクからも行けます。

進路(高校)には自己特徴認知は必須ですが、それは安心の場で感じるべきです。

NCM_4014.jpg

昨日のスクールは8人でやや小学生が少な目でしたが、新しく見学に来た中学男子も輪に入り運動や知的ゲームなども一緒にできました。会員になりかけている子、体験中の子が何人かいて、元から居た生徒も「嬉しさも不安も出るのは当たり前」ですが、各自の成長が見られうまく関われていると思います。

これは「この場が大事」「ここにくる意志のある子なら大丈夫」と無条件に思える感覚が養われていることも意味します。例えば活動の中身によっては「入りたくない」「見られたくない」「自分の想定を超えてしまうと困る」これは少年期青年期誰もがありますので、それぞれ輪と言っても、自由な関わり方をします。それでいいので、学校等のように「居るならやらなきゃ駄目だよ」はありません。でも、各自実際の行動うんぬんとは別に「この場が大事」「居る人が大事」なことが全員が知覚しあえている風情が出ています。いい状態だと思います。


夕方、小学生が帰ったあと居た中学生には(写真)高校についてどんなイメージを感じるか聞き、具体例を説明しました。
具体例とは、現在の高校生の生徒の体験、OBの体験、他の場所で見てきた「対人や横並びに違和感を感じやすい子たちの」体験。これらを示しながらの進路設定となります


当然、ある程度まで進んでいない(それもまたいい体験中です)お子さんはイメージを持つこと、考えることの前段階ですので「自己の予測範囲のことは強要されない場、不安のないことしかやらなくていい場、それでもいられる場、今は独自の対人、社会所作でも許される場」と言うような感覚をスクールに求めていますので、進路の話もそうですが、普段も学習やら協調活動やらでは「え?こんなことも無理かえ?形だけでもテーブルにつかないものかね」とみられてしまうこともあります。

いいですか>これはその子の特性問題ではないです。その子の今の状態、今の環境が素因でそうなっているだけなのです。
だから焦る事はないのです。つまり、OBや現高校生も同じ経緯をたどって「もうその状態でなくなった」「自分で考える」「そのために自分の性格を客観視することも少しできてきた」「いわゆる自己正義だけでは社会に入れないので便宜上でもふるまいが必要だと知ってきた」その時からこうした結果につながる動き方をしています。

生徒以外のいろんな現場で見てきた「生きずらい癖」を持つ子たちの成功例も同じです。正直に言いますと、まだこっちもよくわからなかった十数年前は「この子は無理だわ」「ずっとせまい想定からはみ出るのを避けてるから」「自己の癖を見ないでまわりの非難ばかりを繰り返しているから」「言いなり対象を探すだけにエネルギー使うから」とややギブアップめいたことを感じたこともありますが、結果的には上に書いたことを今、感じています。

現在は社会の認識がかなりかわっていますので、高校、大学、働く場などにいろいろな受けができていますので、期待していいです。とにかく「個の事情は理解して、本人が気づくまでは緩やかに、時に枠外もあり」だけど「「自己の癖を見ないでまわりの非難ばかりを繰り返しすことだけは毅然と対応することにつきます。(分かってあげたいけど、その刹那にそのことで周りに影響がでると、個の本質がつぶされるパワーが場にでてしまうから)

ベースに安心の場感覚を持てていれば、皆、時間とともに成功例に近づくと思います。
スクールには中3、中2、中1何人かいますね?高校やOBもいます。いいことですね。
昨日は高校生が宿題の作文をチェックしてと言ってきました、皆さん「そうそう」かも?生徒の多くは理数系は平気、時には独力で成績上位までなるが、国語英語などは・・・・ははは。でも「チェックして」と言えるようになっているのです。


にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 押していただくと嬉しいです。 いいねも! 
        
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

とびたくん

Author:とびたくん
児童養護施設職員、学童保育指導員、主婦、保護者、元教師、大学生が仲間です。私も家族が障害に悩み不登校になった経験があります。「学校」に囚われず、学習、遊び、ゲーム、料理、イベント、わんこの触れ合いなど、安心できる場。同じ空間の住人と認め合う、何かしたくなる、知らぬ間にリズムや社会性が身につくのが理想です。安心や自信、仲間を得て、大学に進んだ子、中高復学した子、学校併用の子。さまざまです。NPO調布青少年の居場所Kiitos、NPOフリースクール全国ネットワーク、一般社団法人 発達心理ライフケア協会の皆様にご協力、ご指導いただきながら、生徒会員や保護者のみなさんと頑張っています。

2017年には教育確保法が成立、フリースクールは学校と同じ扱い、つまり学校以外の子供の教育の場と認められました。しかし、まだ国から財政支援が得られていませんので、運営側と保護者の負担が大きいままです。皆さんで国や社会に訴えて、本当の教育無償化を目指しましょう。

 →スクールのパンフレットです1  →スクールのパンフレットです2

最新記事

リンク

カテゴリ

最新コメント

メールでのお問い合わせ

フリースクール多摩川のアドレスに送信されますので、他の人には 見えません。

名前:
メール:
件名:
本文:

メールの欄は貴方のアドレスを入れてください。

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

最新トラックバック

アフィリエイト