FC2ブログ
府中駅徒歩5分(多摩地区) NPO法人フリースクール多摩川 不登校支援
                         育児、学童保育、児童養護施設など集団の中で悩む子どもを見てきました。疎外感を持つ、空気がつらい。発達障がいや心的ストレスを理解してもらえない。皆、居場所や仲間を求めてます。 府中市府中町2-18-17。℡042-319-0408。http://freeschooltamagawa.net。リンクからも行けます。

自分たちで場をつくる、ハードル高いことも少しずつ出来ています。

その前に、多摩川親の会ブログに保護者さんの話が書いてあります。とてもよくわかります。また、偶然、保護者さんや我々にも参考になる話がスカイのブログさんに書いてあります。見ておいてください。

さて、最近は新しい生徒、体験中の子、OB生徒なども交え賑わっています。
(十人前後が連日居る状態は過去になかったのです)

大きさに関わらず集団には一定のルールが必要です。例えばスクールの時間割、必然です。そこには・・・
「各自が思い思いに過ごせる」と言っても「皆が、より安心して動くには最低のルールが必要」であること。
「(最近、多くの子が出来ている)学習時間、皆で同じことをする時間、運動時間、TVゲーム時間などを、各自がルールの中で体現することができるようになる練習も必要」であること。
このような、いわば大人の目論見もあります。一定期はそこに反発を持つ子供もいます。
これは当たり前かもしれません。余裕のないとき「ここも学校と同じかよ」と感じるでしょう。


でも、皆、そのうちに、それらを楽に捉える、動けることがきるようになります。
その理由は・・・・・
「無理にやらんでいい、強制はしない」「だけど、やっている人をやらないように仕向けるのだけは無しよ」の意味を理解してくるからです。さらに「自分はなぜやりたくないか大人に言ってもいい」けど「中には個人事情も入っている、つまり本当に場にとって意味のないものなのか、今の自分にとって困るものなのかは区別して認知しておくことが肝心だね」と言う投げかけの意味がわかってくるからです。


それが分かって来た児童が増えているので「集団ルールがお仕着せではない気がする」「そこに入っていてもいなくても違和感がない雰囲気が感じられる」「気づけばいろいろ自分たちがオリジナルのルール(厳密には応用とか工夫)を作っていることもある」
そうなっています。

ちょっと感覚的、観念的な話になりますが「言われたことだけやる意識も多くなりがちな学校生活ではない経験です」それだけに「実は世間では学校の方が楽だと思う子も多いわけです」ここでは「先生これはこうですよね?」みたいに大人に都合を推察して良い子になる子はあんまりいません。(笑)

余計な事も言うと、私たちも時には「おいおい、そこは世間では皆、すんなり受け入れているのよ」「いいじゃん、そこは」「こっちもそのほうが都合いいんだけどなあ」と言う大人の本音もあります。(すいません!)

でも、それでも結果的に「ハードルの高い自分たちの場つくり」を、生徒たちが試行錯誤の中で体感しているのがとてもいいことに見えるのです。

昨日の風景です。

NCM_4031.jpg
 運動時間、苦手な子もできること
 を児童からいろいろ出してます。
 入っても入らなくてもいい。
 (時には苦痛もあるかも)
 でも、過去5年
 結果的にすべての子が
 外時間を欲しますね。
 
 体内から欲求する?
 健康的です
NCM_4037.jpg

 こちら就労支援Bから
 戻ってきて
 スクールで息抜きする
 YKさんです。

 古い生徒と
 名前を呼びあえてます。


NCM_4040.jpg
 縦割りの良さもあるが
 このように中学生の輪
 もできつつあります。
 上にも下にも
 話せないことを
 ゲームしながら
 言い合うのもありですね。

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 押していただくと嬉しいです。 いいねも! 
        
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

とびたくん

Author:とびたくん
児童養護施設職員、学童保育指導員、主婦、保護者、元教師、大学生が仲間です。私も家族が障害に悩み不登校になった経験があります。「学校」に囚われず、学習、遊び、ゲーム、料理、イベント、わんこの触れ合いなど、安心できる場。同じ空間の住人と認め合う、何かしたくなる、知らぬ間にリズムや社会性が身につくのが理想です。安心や自信、仲間を得て、大学に進んだ子、中高復学した子、学校併用の子。さまざまです。NPO調布青少年の居場所Kiitos、NPOフリースクール全国ネットワーク、一般社団法人 発達心理ライフケア協会の皆様にご協力、ご指導いただきながら、生徒会員や保護者のみなさんと頑張っています。

2017年には教育確保法が成立、フリースクールは学校と同じ扱い、つまり学校以外の子供の教育の場と認められました。しかし、まだ国から財政支援が得られていませんので、運営側と保護者の負担が大きいままです。皆さんで国や社会に訴えて、本当の教育無償化を目指しましょう。

 →スクールのパンフレットです1  →スクールのパンフレットです2

最新記事

リンク

カテゴリ

最新コメント

メールでのお問い合わせ

フリースクール多摩川のアドレスに送信されますので、他の人には 見えません。

名前:
メール:
件名:
本文:

メールの欄は貴方のアドレスを入れてください。

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

最新トラックバック

アフィリエイト