FC2ブログ
府中駅徒歩5分(多摩地区) NPO法人フリースクール多摩川 不登校支援
                         育児、学童保育、児童養護施設など集団の中で悩む子どもを見てきました。疎外感を持つ、空気がつらい。発達障がいや心的ストレスを理解してもらえない。皆、居場所や仲間を求めてます。 府中市府中町2-18-17。℡042-319-0408。http://freeschooltamagawa.net。リンクからも行けます。

不登校等児童支援につながる、法案成立を考える院内集会の報告

NCM_4877_20161215053841b14.jpg

先日の「教育機会確保法の成立を祝い、これからを考える院内集会」には、各党議員、関係者に多数ご参加いただきました。

フリースクール全国ネットワーク事務局からの報告を掲載、報告させていただきます。(抜粋)

ご参加の皆さまからも法律ができたことに満足せず、学校外の学びを求める子どもたち、学校で苦しい思いをしている子ども達にとって実際の支援ができるよう、実践とさらなる法律づくりに取り組んでいこうという発言が相次ぎ、良い時間となりました。

また、院内集会の前、午後3時からは、フリースクール等議員連盟・夜間中学校等義務教育拡充議員連盟の合同総会もおこなわれました。こちらも、法律の成立を報告し、今後も多様な教育の機会の保障に向けて検討を続けていこうという確認が持たれました。

以下、フリースクール全国ネットワーク代表の報告より

お集りの議員の皆さんも、市民、当事者の皆さんも異口同音に「これからが大事」「ここからが出発」とおっしゃっていました。成立を祝うだけでなく、子どものために本当に役立つには、これからだ、という雰囲気が確認できてよかったと思います。

昨日お越しくださった議員さんは、以下の通りです。(敬称略)

河村建夫(議連会長、自民)、馳浩〈議連幹事長、自民、前座長)笠浩史(民進)寺田学(民進、議連事務局長)富田茂之〈公明)
浮嶋とも子(公明、事務局次長)、青山周平〈自民)、初鹿明博(民進)神山佐市〈自民)左藤章〈自民)来賓、議連前事務局長林久美子(民進)。

なお、議員代理で来てくださった方々は、以下の通りです。
丹羽秀樹(議連座長)北村誠吾、宮崎タケシ、升田世喜男、逢坂誠二、野間健、馬場成志、高橋克法、土屋正忠、冨岡勉、櫻田義孝、泉ケンタ。

本当に議員の皆さん、少ない時間の中、よくやってくださったと思います。とても感謝しています。

さて、次は私たち市民・実践者の側の出番です。今後、様々な取り組みが各地で開かれていくとは思いますが、12月24日の教育機会確保法成立を受けての集会で各スクール等、市民の皆さん、支援者の皆さん、意識共有していきます。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

とびたくん

Author:とびたくん
児童養護施設職員、学童保育指導員、主婦、保護者、元教師、大学生が仲間です。私も家族が障害に悩み不登校になった経験があります。「学校」に囚われず、学習、遊び、ゲーム、料理、イベント、わんこの触れ合いなど、安心できる場。同じ空間の住人と認め合う、何かしたくなる、知らぬ間にリズムや社会性が身につくのが理想です。安心や自信、仲間を得て、大学に進んだ子、中高復学した子、学校併用の子。さまざまです。NPO調布青少年の居場所Kiitos、NPOフリースクール全国ネットワーク、一般社団法人 発達心理ライフケア協会の皆様にご協力、ご指導いただきながら、生徒会員や保護者のみなさんと頑張っています。

2017年には教育確保法が成立、フリースクールは学校と同じ扱い、つまり学校以外の子供の教育の場と認められました。しかし、まだ国から財政支援が得られていませんので、運営側と保護者の負担が大きいままです。皆さんで国や社会に訴えて、本当の教育無償化を目指しましょう。

 →スクールのパンフレットです1  →スクールのパンフレットです2

最新記事

リンク

カテゴリ

最新コメント

メールでのお問い合わせ

フリースクール多摩川のアドレスに送信されますので、他の人には 見えません。

名前:
メール:
件名:
本文:

メールの欄は貴方のアドレスを入れてください。

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

最新トラックバック

アフィリエイト