FC2ブログ
府中駅徒歩5分(多摩地区) NPO法人フリースクール多摩川 不登校支援
                         育児、学童保育、児童養護施設など集団の中で悩む子どもを見てきました。疎外感を持つ、空気がつらい。発達障がいや心的ストレスを理解してもらえない。皆、居場所や仲間を求めてます。 府中市府中町2-18-17。℡042-319-0408。http://freeschooltamagawa.net。リンクからも行けます。

地域の仲間で心地よいエリアにしていきたいですね?

今日は下の写真にある、プロジェクツけやきのもりの喫茶店でスクール両隣の福祉施設の方といろいろ話しました。
住所が3施設同じです。実は大家さんもです。広大な敷地にある貸家のうち数件を私たちが契約しているわけなんですが、断られることも少なくない福祉や介護、不登校支援などの目的で使うことを許可してくれているわけです。唯一の難点は住所が同じで慣れない出前のひとが混乱するだけです。

話し合いは2時間に及びました。なぜかと言うと皆の思いが一緒だと再認識できたからです。例えばスクールは福祉のくくりではなくて教育、青少年育成支援です。また2つの施設も福祉と言っても、会員さんが精神的ハンデを持つ方が主で作業所B型である、片や肉体的ハンデのある方、老齢弱者の方を支援されヘルパー派遣をされているなど、それぞれ別です。

今回話して盛り上がったのは「くくりはどうでもいい」「そのくくりとは別に関わる人が空気を共有して明るく入れるエリアにしていきたいね」「できれば会員、生徒、スタッフだけでなく地域の人もその仲間になるエリアが実現するといいね」と言う内容になったからです。例えば、うちの生徒の場合には過去にけやきのもりさんの会員さんと野菜収穫に一緒に行ったり当時運営されていた蕎麦屋でそば打ち体験もさせてもらい、それなり知り合い安心度が出来ていたりします。けやきのもりの会員さんやスタッフさんから子供たちとまた何かしたいと言う提案も出るそうです。住吉文化会館公園でも顔見知り親子も増えています。わの会さんは会員の居場所的なものではないが、スタッフやヘルパーさん、ボラさんが直接業務には関係なくても、スクールやけやきさんの活動にも触れる等していくことは間接的に仕事の幅?余裕?にもなるでしょう。(福祉業界スタッフは常に心のケアを必要としますので)
うまく、このようなことをベースに「なんだかよくわからないけど安心の地域仲間が広がればいいんじゃない?」「いろいろ小規模なイベントを練ろうよ」となりました。

正直に言うと3人の共通趣味のロックやギター、ボードゲーム、酒の話もそれなりにしてしまいましたが、大人が楽しくなることは大きいのでそれもいいと考えましょう!

長くなりますが、2つの法人の紹介です。

NCM_5099.jpg NCM_5100.jpg

NPO法人 プロジェクツけやきのもり
〒183-0034 府中市住吉町1-60-10
TEL:042-368-7989 / FAX:042-368-7989

「そこに行くとホッとする」をキャッチフレーズに、温かい家庭的な雰囲気の中で、様々な作業や活動を通して、利用される方の回復と成長を目指しています。作業所隣には会員が社会と触れる意味でも、仕事に慣れる意味でも役に立つ、そして支える市民の皆さんと空気を共有できる場にもなっている、喫茶店を運営しています。その他、清掃や製造作業、編物等の文化的活動やレクリエーションの実施をしています。また毎日午前に実施している「調理実習」では低額(材料費の実費負担)で栄養のバランスを考慮した昼食がとれますので、利用者に大変好評をいただいています。他にも心理教育プログラム、グループワークや個別面接を行い、生活面での支援を行なっています。

wanokai32.png
20thInochic.jpg

NPO法人わの会
〒183-0034 府中市住吉町1-60-10
042-360-3626

府中自立支援ネットワークわの会は、社会的支援を必要とする人々(障害者、高齢者、子ども等)が人間らしい幸せな生活を築くために、当事者同士がお互い支えあい、学びあい、自立を目指す。そしてそのための支援の輪を広げる活動をしています。

① 自立支援ネット 府中自立支援ネットワーク わの会
② 通所介護 デイサービス りんりん
③ 認知症対応型通所介護 第2りんりん
④ 訪問介護 ヘルパーステーションあいあい
⑤ 研修事業 重度訪問介護従業者養成研修
⑥ 相談事業 わの会相談支援


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

とびたくん

Author:とびたくん
児童養護施設職員、学童保育指導員、主婦、保護者、元教師、大学生が仲間です。私も家族が障害に悩み不登校になった経験があります。「学校」に囚われず、学習、遊び、ゲーム、料理、イベント、わんこの触れ合いなど、安心できる場。同じ空間の住人と認め合う、何かしたくなる、知らぬ間にリズムや社会性が身につくのが理想です。安心や自信、仲間を得て、大学に進んだ子、中高復学した子、学校併用の子。さまざまです。NPO調布青少年の居場所Kiitos、NPOフリースクール全国ネットワーク、一般社団法人 発達心理ライフケア協会の皆様にご協力、ご指導いただきながら、生徒会員や保護者のみなさんと頑張っています。

2017年には教育確保法が成立、フリースクールは学校と同じ扱い、つまり学校以外の子供の教育の場と認められました。しかし、まだ国から財政支援が得られていませんので、運営側と保護者の負担が大きいままです。皆さんで国や社会に訴えて、本当の教育無償化を目指しましょう。

 →スクールのパンフレットです1  →スクールのパンフレットです2

最新記事

リンク

カテゴリ

最新コメント

メールでのお問い合わせ

フリースクール多摩川のアドレスに送信されますので、他の人には 見えません。

名前:
メール:
件名:
本文:

メールの欄は貴方のアドレスを入れてください。

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

最新トラックバック

アフィリエイト