FC2ブログ
府中駅徒歩5分(多摩地区) NPO法人フリースクール多摩川 不登校支援
                         育児、学童保育、児童養護施設など集団の中で悩む子どもを見てきました。疎外感を持つ、空気がつらい。発達障がいや心的ストレスを理解してもらえない。皆、居場所や仲間を求めてます。 府中市府中町2-18-17。℡042-319-0408。http://freeschooltamagawa.net。リンクからも行けます。

今年も仲間が増えそうですよ。ところで甘やかしすぎと事情の慮りバランスは難しいですね。 

この連休で冬休みは終わります。生徒たちは元気に過ごしていますかね?
昼夜逆転しているかな?私はしています。(戻すときは自分で決めます)

この冬休み中にも見学やボラさん問い合わせが来ています。
迎える側も来る側も「ここに集えばすべてOK」なんてことはないのは事実です。
でも、可能性やきっかけ、後々の肥やしになることもありかもしれません。
期待と不安はもちろん、同時に様々な気持を持つことは自然なのだと感じられる機会は大事だろうと思っています。

NCM_5217.jpg こちらは南多摩にある温泉です。
 季乃彩(ときのいろどり)と言うところで
 大人は気にいっています。
 でも、子供に行こうと言うと微妙です。
 なぜか。そうです。
 風呂やサウナは面白い、風呂上がりの
 ジュースや食事も嬉しい。
 だけど・・私たちがビール、焼酎と
 飲みだし長く時間がかかるのです。

しかも、出るときには「費用かけすぎ!」 と反省したり、夫婦喧嘩したりで。こりゃたまらでしょう。実は数年前、「飲み食い終わるの待つの嫌だ」と言われるまで「そんなに温泉は好きじゃない」と思っていたんですよ。


NCM_5219.jpg  うちのわんこたち(にゃんこも)は
 例えば震災、例えばネグレクト、
 例えば野良生活、施設生活など
 を経てうちの家族になりました。

 おそらく、各自いろいろな体験が
 影響しての感覚過敏や独自行為も
 あるんだろうと想像しています。

 それは言い訳でもあるんですが・・・
とにかく私たちは甘やかしています。きっと。
 
この写真、こたつで人の入る場を空けてくれています。おお偉いね!と思ったが、
それよりも、自分がこたつ布団に一番乗れる場をゲットしただけかもしれませんねえ。
そもそも、わんこ専用の布団しか認めないとか、わんこはカーペットで十分だろ?ですよね?

それでも、こやつらは最近、共存する人やにゃんこへの気遣いでなかなか良いものを出せているときも少なくありません。それらの基にあるもの、家やスクールで関わる人に甘えながら安心して、そこから芽生えた意識もあると思います。こいつらにとってスクールは成長の場でもあります。今年も生徒たちの「わんこへのほどよい甘やかしと促し」を期待しています。

 
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

とびたくん

Author:とびたくん
児童養護施設職員、学童保育指導員、主婦、保護者、元教師、大学生が仲間です。私も家族が障害に悩み不登校になった経験があります。「学校」に囚われず、学習、遊び、ゲーム、料理、イベント、わんこの触れ合いなど、安心できる場。同じ空間の住人と認め合う、何かしたくなる、知らぬ間にリズムや社会性が身につくのが理想です。安心や自信、仲間を得て、大学に進んだ子、中高復学した子、学校併用の子。さまざまです。NPO調布青少年の居場所Kiitos、NPOフリースクール全国ネットワーク、一般社団法人 発達心理ライフケア協会の皆様にご協力、ご指導いただきながら、生徒会員や保護者のみなさんと頑張っています。

2017年には教育確保法が成立、フリースクールは学校と同じ扱い、つまり学校以外の子供の教育の場と認められました。しかし、まだ国から財政支援が得られていませんので、運営側と保護者の負担が大きいままです。皆さんで国や社会に訴えて、本当の教育無償化を目指しましょう。

 →スクールのパンフレットです1  →スクールのパンフレットです2

最新記事

リンク

カテゴリ

最新コメント

メールでのお問い合わせ

フリースクール多摩川のアドレスに送信されますので、他の人には 見えません。

名前:
メール:
件名:
本文:

メールの欄は貴方のアドレスを入れてください。

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

最新トラックバック

アフィリエイト