FC2ブログ
府中駅徒歩5分(多摩地区) NPO法人フリースクール多摩川 不登校支援
                         育児、学童保育、児童養護施設など集団の中で悩む子どもを見てきました。疎外感を持つ、空気がつらい。発達障がいや心的ストレスを理解してもらえない。皆、居場所や仲間を求めてます。 府中市府中町2-18-17。℡042-319-0408。http://freeschooltamagawa.net。リンクからも行けます。

常に楽しいこと優先ではない、自己都合優先でもない、一緒の仲間に合わせられるスキル

NCM_5279.jpg NCM_5272.jpg
子供会議では1月16日の 夕食デーメニュー(スパゲッティ)の 再確認と17日の宿題答え合わせの開始時間について話し合いました。 ほとんどの子が提出済みの冬休み宿題ですが、半分は意地悪クイズにしてありますので、答え合わせではこれで盛り上がりながら、少しだけ学習的知識的なものも考えさせる作戦です。これまでのところは食いつきはいいです。

また、最近は普段の学習でも「自発的に時間を増やす子」「苦手なことに取り組む子」「ツールを考えながらくじけないように工夫する子」なども出てきていますのでいい感じかなと思います。(もちろん、まだそれらは嫌だと言う心的状況にある子もいますが)

あとは新年会について「どうやりたいか?」の意見を求めてみましたが、少しずつは出ています。まあ、今でなくてもいいから思いつたら提案してみてねと言ってあります。「全年齢、不公平なく、賞品を競えるなにか」ですね。恒例のビンゴは全員大きな挙手でしたね。「何か披露したい人はいますか?」全員横を向いていました。でも本当は・・・・なんですよ? 
 
NCM_5276.jpg NCM_5286.jpg
 年末に東京に帰省していたOB大学生YN君が、皆にウイUとソフトをプレゼントしてくれました。それを今日開けました。皆は興味津々です。そして5分後には全員でできるゲームを発見しまして、和気あいあいと楽しんでいました。

いやあ、ほっとしました。こども通しで皆でできること、気遣えることが出来ているわけです。
実は2日前の中学生と高学年の子供会議で少しきついことを投げかけていたんです。

主旨は「今、中学生の多くは遊戯王にはまっているが、そればかりを毎日えんえん展開すると苦手な子は孤独になっているので切ないわ」「遊戯王そのものは自己カードの分析、場の分析、相手の分析、展開推理、先の作戦つくりなどなどあり、究めていいゲームだと思っている」「でも苦手な子もいるので、どうしても全員ではできない面があるわけ」「君たちは集団での人関わりが苦手であることはもう認めている、ここにきてそれを解消する練習している、そういう場だ」「だから時には全員で何かするとか、自分はつまらなくても喜ぶ子がいるなら合わせるとかできるようになれるといいと思うのだよ」「もちろん居る全員が遊戯王大好き人間の日には延々やってもいいかなとも思う」こんな風に投げかけました。(生徒から意見もちらほら出てましたよ)

要は[程度や節度、全体とのバランスなのだ]とか、皆でなにかしよう時間、何をするかは自由と言っても[それは表面上のことであって、入れず誘われずの人が生じてしまうことを無視してやりたいことをやるのは違うんだよ][間接学習につながることや集団人かかわり学習の範疇なら自由と言う意味だよ]なんて理解しにくい年代ですし「自由なんだから遊びで好きなことだけでもいいはずだ」と感じやすい自閉的な傾向があるとさらにそうなります。でも皆はそれなりに受け止めています。最近は「どうしたらいいのかわからん」「フリーズする」はかなり減っており、条件さえあえば「しっかり気遣える、バランスのいい所作も出ているのです。先が楽しみです。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

とびたくん

Author:とびたくん
児童養護施設職員、学童保育指導員、主婦、保護者、元教師、大学生が仲間です。私も家族が障害に悩み不登校になった経験があります。「学校」に囚われず、学習、遊び、ゲーム、料理、イベント、わんこの触れ合いなど、安心できる場。同じ空間の住人と認め合う、何かしたくなる、知らぬ間にリズムや社会性が身につくのが理想です。安心や自信、仲間を得て、大学に進んだ子、中高復学した子、学校併用の子。さまざまです。NPO調布青少年の居場所Kiitos、NPOフリースクール全国ネットワーク、一般社団法人 発達心理ライフケア協会の皆様にご協力、ご指導いただきながら、生徒会員や保護者のみなさんと頑張っています。

2017年には教育確保法が成立、フリースクールは学校と同じ扱い、つまり学校以外の子供の教育の場と認められました。しかし、まだ国から財政支援が得られていませんので、運営側と保護者の負担が大きいままです。皆さんで国や社会に訴えて、本当の教育無償化を目指しましょう。

 →スクールのパンフレットです1  →スクールのパンフレットです2

最新記事

リンク

カテゴリ

最新コメント

メールでのお問い合わせ

フリースクール多摩川のアドレスに送信されますので、他の人には 見えません。

名前:
メール:
件名:
本文:

メールの欄は貴方のアドレスを入れてください。

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

最新トラックバック

アフィリエイト