FC2ブログ
府中駅徒歩5分(多摩地区) NPO法人フリースクール多摩川 不登校支援
                         育児、学童保育、児童養護施設など集団の中で悩む子どもを見てきました。疎外感を持つ、空気がつらい。発達障がいや心的ストレスを理解してもらえない。皆、居場所や仲間を求めてます。 府中市府中町2-18-17。℡042-319-0408。http://freeschooltamagawa.net。リンクからも行けます。

人の気持ちはわかりにくいけど・・世の思いやり行動は単純パターンも多いですね

NCM_5629.jpg NCM_5632.jpg 
今日は保護者さんと紹介してくれた市のご担当が入会手続きに来てくれました。私の方は昨日、生徒の所属中学担任と情報共有させていただき、今後子供の支援を双方で協力して行くことを先生と確認しあえたことをお伝えしました。他、体験中の小6くんも毎日スクールに参加できています。

そんなわけで、今日は多めに生徒が揃いまして・・・
火曜木曜の個別学習後の14時半からは「できるかぎり全員でできるアナログ的な事をやる日」なので、数字を予測するゲームをやりました。このように全員で多小なりとも間接学習できると大人の皮算用的にはほっとします。でも、それが終わったあとは・・・うーん。なかなか10人前後全員でできるものがないんですよねえ。多くの「考えるゲーム」は4人から6人まで。ウノやトランプだと一人当たりの枚数が異様に少なくなる。仕方ないので世界遺産カルタをしました。まあいいか!

その後は運動時間、これももちろん同じです。年齢や得意不得意のある中、どこに平均を設定して全員行動するかで内容は変わります。いくら弱者?フォローで集団維持しようと教科書的な促しをしても、例えば、上手い子や年長児童には「毎回、自分のレベルよりはるか下のレベルのに合わせるのはつらい」感じる部分もあります。だから、たまには運動能力が高い子が楽しめる場にもしてあげたいが、それでは苦手な子は「入れない」「そうせ入ると集団に迷惑かけるしね」と言う後ろめたさもでますので、きっちりと「これは全員で」「これは苦手な子だけで練習」「これは得意な子が思い切りやる」と時間で分けてあげるといいんですが、各自の感受性も違うのでそうそうシステマチックにもできず、かなり難しいところです。それでもかなり気遣いあえるようになってきましたし、ある程度までは「形はいろいろでも全員で関わることの意義が大きい。仲間だから」の空気も出ています。

そのあとは10分だけ子供会議にしました。
内容は右の写真を説明しました。

「私もスタッフも同じだが、君たちは感受性が鋭くて、それが身体的な変調に出ることもあるタイプだろう」「特に私の場合や○の場合は腹痛、○は頭痛、○はほてり、○はだるくなる、など結構皆にもあるでしょ?」「ここでは集団で動く体験しているが、その中ではいろんなことで個人的に不安や困りも感じ、それが身体的な変調に出てくる場合もあり、それは仕方ない。しかも我慢することはない」

「2階の部屋の窓下はそうなったときの寝ていいスペースにしよう」「スタッフに言えばマットと毛布も出す」
「そのような時には場所を空けてあげてほしい」「また、もともと2階は本読みや工作など静かに過ごすための場所なので、疲れた人息抜きたい人は寝転がるまではしなくても、2階の個別机などで休む方がいい」「普段からタブレットゲームや遊戯王カードゲームなど、盛り上がって騒ぎたいものは下でやるようにね?」

最近は各自の気づきのようなものが上がっていますので、すんなり理解できたような反応でした。
誰にでも不安緊張から変調するようなときがあるものだ→そのような人が出たら安心できる空間は必要だ→それは日ごろから準備できている場であるべきだ→そのためには個の何かを抑制して集団管理に沿った行動をとることも必要だ→人のためは自分の為でもあると納得していく。こんな感じでしょうか?たぶん、これに似たような人関わりの基本的慮り思考サイクルを習得し始めてしる子も増えていると思います。

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

とびたくん

Author:とびたくん
児童養護施設職員、学童保育指導員、主婦、保護者、元教師、大学生が仲間です。私も家族が障害に悩み不登校になった経験があります。「学校」に囚われず、学習、遊び、ゲーム、料理、イベント、わんこの触れ合いなど、安心できる場。同じ空間の住人と認め合う、何かしたくなる、知らぬ間にリズムや社会性が身につくのが理想です。安心や自信、仲間を得て、大学に進んだ子、中高復学した子、学校併用の子。さまざまです。NPO調布青少年の居場所Kiitos、NPOフリースクール全国ネットワーク、一般社団法人 発達心理ライフケア協会の皆様にご協力、ご指導いただきながら、生徒会員や保護者のみなさんと頑張っています。

2017年には教育確保法が成立、フリースクールは学校と同じ扱い、つまり学校以外の子供の教育の場と認められました。しかし、まだ国から財政支援が得られていませんので、運営側と保護者の負担が大きいままです。皆さんで国や社会に訴えて、本当の教育無償化を目指しましょう。

 →スクールのパンフレットです1  →スクールのパンフレットです2

最新記事

リンク

カテゴリ

最新コメント

メールでのお問い合わせ

フリースクール多摩川のアドレスに送信されますので、他の人には 見えません。

名前:
メール:
件名:
本文:

メールの欄は貴方のアドレスを入れてください。

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

最新トラックバック

アフィリエイト