府中駅徒歩5分(多摩地区) NPO法人フリースクール多摩川 不登校支援
                         育児、学童保育、児童養護施設など集団の中で悩む子どもを見てきました。疎外感を持つ、空気がつらい。発達障がいや心的ストレスを理解してもらえない。皆、居場所や仲間を求めてます。 府中市府中町2-18-17。℡042-319-0408。http://freeschooltamagawa.net。リンクからも行けます。

それぞれの勇気それぞれのガス抜き (水曜ビデオ時間は?)

NCM_6242_20170510053702486.jpg
今回は生きづらい子達、集団が苦手な子達の事情をよく知らない方が見ると、ずいぶん独善的だなと読める書き方になります。
あるいは「そういう事は公には出さないで、子供達の困り感を個で支援するほうが望ましいのでは?」の意見も正解であり、わたしたちも表現やお伝えに毎度悩むことは多い項目です。

ただ言えること。うちの子達は人好きで性格がいい、社会的な集団で過ごしたい望みが強いです。同時に、ものの感じ方、捕らえ方に癖があり、それがあたかも自分の望みと正反対の「個優先思考」「集団の意義否定」のような言動に終始しているように見えることもあります。ここが生きづらさになるわけです。その一見矛盾した?子供たちの望みを叶えるには(子供にはっきり認知させるのかどうかは別にして)大人や支える側がはっきりとさせていないといけないことがおあります。

それは、子供達の生きづらさの原因はさまざまだが・・・・・
多くの子は発達障害、心的ストレス、神経的な不調などの面から見ると「ボーダー」に当たるケースと言うことです。
ボーダーだからオブラートに・・・では大人はいいけど子供の方は(一昔とは違う)例外を許さない風潮の世で、わけの分からないうちに閉塞していってしまうんです。これまた誤解を受けそうな説明ですが、現代はある角度ではボーダーの方が真性よりつらい仕組みもあるわけです。

理想的な展開は子供が自己のボーダー的な癖を自分で認知、それを集団の中(人かかわりの中)でも困らないようにしていく工夫をオリジナルで作り上げていくことになります。さらに高難度には自分が困らないだけでなく集団(相手)を困らせない責任のようなものも必要になるのですが、それは教科書やマニュアルでは量れないので、簡単なことではないとも言えるし、知らないうちにできていることもある得ることです。必要なのは勇気や繰り返す力です。「生きづらい癖」ゆえに良い時と不調なときが交互にある子供達の不調から復活するためであったり、好調を維持するための勇気や力です。

NCM_6240.jpg 例えば「皆でアナログ事しよう」
 時間。個の事情や年代差が
 あるので簡単に皆で!
 と言われても・・・

 でも一生懸命参加します。
 これないときもあります。
 大人も「無理せんでいいよ」と
 言いたくなるほど
 つらそうに見えるときも
 あります。



だけど、勇気や力を出していますよ。参加できないときもどこかで意識はしていますよ

さて、たまには不安なくまったり集団意識を持てるかな?と思いまして、またリクエストもあったので、今度から水曜は2時半から「ビデオ鑑賞」にします。これもおとなが目論むほど気楽に捉えられない、事情が実は各自にあります。なので自由参加にしてみますね。どうなるかな? 
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

とびたくん

Author:とびたくん
府中のフリースクール運営しています。児童養護施設職員、学童保育指導員、主婦、不登校ひきこもり経験者、保護者、元教師、大学生が仲間です。私も家族が障害に悩み不登校になった経験があります。「学校」に囚われず、フリースクールのほうが合う児童がたくさん居ると思います。学習、遊び、ゲーム、料理、イベント、わんこの触れ合いなど、安心できる場。同じ空間の住人と認め合う、何かしたくなる、知らぬ間にリズムや社会性が身につくのが理想です。安心や自信をつかんで復学した子もいれば、将来にむけて今はじっくり過ごしている子などさまざまです。自由です。皆で通じ合いましょう。
NPOフリースクール僕んち、NPO調布青少年の居場所Kiitos、NPOフリースクール全国ネットワーク、一般社団法人 発達心理ライフケア協会の皆様にご協力、ご指導いただきながら、生徒会員や保護者のみなさんと頑張っています。
お問い合わせメールはfreeschooltamagawa@vesta.ocn.co.jpです。

 →スクールのパンフレットです1  →スクールのパンフレットです2

最新記事

リンク

カテゴリ

最新コメント

メールでのお問い合わせ

フリースクール多摩川のアドレスに送信されますので、他の人には 見えません。

名前:
メール:
件名:
本文:

メールの欄は貴方のアドレスを入れてください。

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

最新トラックバック

アフィリエイト