府中駅徒歩5分(多摩地区) NPO法人フリースクール多摩川 不登校支援
                         育児、学童保育、児童養護施設など集団の中で悩む子どもを見てきました。疎外感を持つ、空気がつらい。発達障がいや心的ストレスを理解してもらえない。皆、居場所や仲間を求めてます。 府中市府中町2-18-17。℡042-319-0408。http://freeschooltamagawa.net。リンクからも行けます。

のびのびと体験学習できる環境 子供の権利のことをもっと広めてほしいです 

NCM_6633.jpg

タイトルにあること、その意義を強く感じてくれた方々(保護者、学者、教師、医師、心理士、行政担当、超党派議員連盟、フリースクール等etc.)のご尽力でこれに関わる法案が可決しました。特にあえてお伝えしますが、前川前事務次官も強く協調、段取りをリードしてくださったように聞いています。もちろん、まだまだ実際にこれがどう生きるかは分かりません。今は皆さんでいろんな検討をしながら進めていただいているところです。そこは大いに期待しつつ・・・

直近の現場は相変わらずの課題は抱えたままでして、あえてそれも生きづらい子供支援や貧困を生まないやり方を考えることの参考になると思いますし、とにかく皆が苦しいところを共有しているのも事実なので皆さんに紹介します。(あくまでも当スクールの話題としてです)

NPO法人フリースクール多摩川は2,3年前に比べ生徒が増えてきまして、私が毎月10万貯金を切り崩していた時期に比べれば天国です?

嘘です。まだ私は無収入で、この先に家の下の子が大学行くとか高い専門学校行くとか言い出すことを想像するとぞっとしていますし、スタッフもせめてコンビ二バイトの給与くらいは渡せるようにしたいが現状はその半分で我慢してもらっています。
(つまり現状ではスクールで働くことで世間の人並みに収入があるというわけには行かず職業でななく、ボランティアの範疇になっているわけでこれでは生活していけない)

そんな中ですが。増え続けていく生徒たちが、圧迫されずのびのび体験学習していく環境が肝心です。
子供通しでトライするスキルを高めることや、時には大人が個対応で支援していくことも両方できる環境を私たちが求めるのは、とても大事なことです。

また、特にキャパ環境がよくなれば「これ以上は生徒入会希望の子をお断りする」と言う悲しい状況になりそうな懸念が多少は解消すると思います。でも、早くそうしていきたい反面、家賃等が高騰してしまうので安直には動けないことでもあります。


ありがたいことに普段ご支援いただいている小児クリニックさんは変わらぬ援助も提案してくださっており、私やスタッフの給与は後回しに、あるいは皆さんの会費値下げも後回しにして移転に踏み切ることもありと言えばありです。

(そのクリニックさんは医院近くの一軒家を借りて幼児親子支援の場を運営していますがそこの2階、空いているお部屋も使っていいとお申し出くださっています。私はいずれは生徒や近隣の困っている子への個学習や対話での支援を廉価で提供する場にできないかとイメージしていますがこれは皆さんと相談しながらですし、まだすぐには手をつけられないです)

今の家を見つけるまでにも数ヶ月かかり何件も断られました。
なので、こっちがその気になっても簡単なことではないですが、写真のようなことを考えています。

ポイントは紙にも書きましたがよく見えないので補足しますと。
子供通しが動く場、干渉しあわないでも平気な広さ、静かにできる場、学習本読みできる場
大人との接点を子供が個で求められる場、大人も自分の仕事が少しできる場の確保です。(実は息を抜く意味でも)

今はキッチンリビングがたこ部屋になり、小グループが過剰喧騒になると他の子は別のことができにくい狭さなんですね。

あと、読書工作場にスタッフ机を置いていますが、どうしても日中は個人情報もあるし、話しかけられるしなかなか。
さらに個の話をしたい生徒は他児の目を意識すると、本来うちの生徒たちにとても大事なこと、信頼している大人に自己のことを話す機会を増やすとぐんとその子が成長するのに、それがやりにくい性格が多いんです。スタッフが仕切られた場に居ればだいぶ子供は自然に個テーマを話せるようになります。


この2点は解消したいですね。またお知らせします。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

とびたくん

Author:とびたくん
府中のフリースクール運営しています。児童養護施設職員、学童保育指導員、主婦、不登校ひきこもり経験者、保護者、元教師、大学生が仲間です。私も家族が障害に悩み不登校になった経験があります。「学校」に囚われず、フリースクールのほうが合う児童がたくさん居ると思います。学習、遊び、ゲーム、料理、イベント、わんこの触れ合いなど、安心できる場。同じ空間の住人と認め合う、何かしたくなる、知らぬ間にリズムや社会性が身につくのが理想です。安心や自信をつかんで復学した子もいれば、将来にむけて今はじっくり過ごしている子などさまざまです。自由です。皆で通じ合いましょう。
NPOフリースクール僕んち、NPO調布青少年の居場所Kiitos、NPOフリースクール全国ネットワーク、一般社団法人 発達心理ライフケア協会の皆様にご協力、ご指導いただきながら、生徒会員や保護者のみなさんと頑張っています。
お問い合わせメールはfreeschooltamagawa@vesta.ocn.co.jpです。

 →スクールのパンフレットです1  →スクールのパンフレットです2

最新記事

リンク

カテゴリ

最新コメント

メールでのお問い合わせ

フリースクール多摩川のアドレスに送信されますので、他の人には 見えません。

名前:
メール:
件名:
本文:

メールの欄は貴方のアドレスを入れてください。

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

最新トラックバック

アフィリエイト