府中駅徒歩5分(多摩地区) NPO法人フリースクール多摩川 不登校支援
                         育児、学童保育、児童養護施設など集団の中で悩む子どもを見てきました。疎外感を持つ、空気がつらい。発達障がいや心的ストレスを理解してもらえない。皆、居場所や仲間を求めてます。 府中市府中町2-18-17。℡042-319-0408。http://freeschooltamagawa.net。リンクからも行けます。

いい意味でズルくなったけど、子供自身の芯も出来つつあるからなのです。

NCM_6928.jpg
今日は人が増えてきた夕方に10分だけのミニ子ども会議をしました。
これは「意見や希望を出してもらう」「それについて特に良し悪しも話し合わない」「次回本番まで頭の中に入れておいてもらう」ことを目的にやっています。雰囲気で決めない、刹那に流されない、他と比較する、思い出す、全体を考えるなどのスキルアップも狙います。 

議題1、スクール移転について(府中駅付近の貸家検討中であること、支援者さんのご協力もいただけそうなことなど含め)
今のスクールのほうがいい面もあるし、移る方がいい面もあると伝えました。実際は住居として借りるわけではないことを大家さんと交渉が必要なので、なんとも言えないのですが、子どもたちも自分たちのこととして考えるのは意味があると思います。
 

議題2、夏合宿です。今日の様子では「結構アウトドアが人気」「泳ぎ、花火、バーベキューはやりたい」「肝試しは一様に絶対嫌だ」と騒ぎましたが、これサマーランドのお化け屋敷の入り口で入ろうと皆に投げかけた時と同じ顔でした。つまり結果全員入ってニコニコしていたときです。「海はべたべたしてめんどくさい」が多かった。なんだよ!夏だぞ?都会も意外に押したい人が少なかったなあ。去年、夜の都心を我が物顔で闊歩して新宿のホテルで気取っていた癖にねえ。嘘ウソ!
まあ、各自、本番会議ではどれを押してくるかはわかりませんよ。今日は自然好きなさわやかな子ども感を出したかったのかも知れないしね。


話変わりますが、学習読書時間、今ではすっかり自分の机で静かに集中が当たり前になっています。
私が「たまには写真撮って送るから普段のこの時間のあなたで居てね」と投げかけると、さっと漫画を引き出しに、その引き出しから開いたやりかけドリルがあり、1秒で交換した子がちらほら。職人技ですな。

さて、私がたまには写真を送ると話したとき、生徒たちはどこに送ると思ったのでしょう?親?学校?支援応援してくれる方?これはわかりません。生徒の名誉のためにお伝えしますが、この時間漫画でも自分で決めて他の時間に学習している子もいますし、今日は漫画でも明日は学習の子もいます。さらにはここでは学習は離れるが併用して通っている学校でやってる、家や個別塾でやってる子もいます。

子どもを支援するためにはどうしても制度的なものを作りそれに当てはめないと、特に公的な支援を受けることは不可能になります。また子ども個人の困り種類をよく知らない世間の人からの認知理解を得ることはうまく行きません。なので時折「これをしないとスクール活動が外部に認められないんだよ」と言うトーンも出やすくなってしまうのは大人の悩みの種です。

だけど、今日の学習読書時間を説明するだけでも、これだけいろんなパターンがあり個々の児童が工夫したり、自分と相談したりしながら取り組んでいるわけです。極論まで言ってしまうと、ある児童が今は社会スキル学習、人関わり学習を優先するのであえてここでは教科学習はしないと言うこともありです。本音、見得、希望、不安、感じること動くこと。それも複合教育だと信じています。漫画とドリルをさっと替えるスキルは動作だけでなく、その思いもいろいろでしょう。かわいいやつらの社会スキルアップの素です。(落ちがひどかったですね

NCM_6911.jpgNCM_6910.jpgNCM_6907.jpgNCM_6906.jpgNCM_6905.jpg



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

とびたくん

Author:とびたくん
府中のフリースクール運営しています。児童養護施設職員、学童保育指導員、主婦、不登校ひきこもり経験者、保護者、元教師、大学生が仲間です。私も家族が障害に悩み不登校になった経験があります。「学校」に囚われず、フリースクールのほうが合う児童がたくさん居ると思います。学習、遊び、ゲーム、料理、イベント、わんこの触れ合いなど、安心できる場。同じ空間の住人と認め合う、何かしたくなる、知らぬ間にリズムや社会性が身につくのが理想です。安心や自信をつかんで復学した子もいれば、将来にむけて今はじっくり過ごしている子などさまざまです。自由です。皆で通じ合いましょう。
NPOフリースクール僕んち、NPO調布青少年の居場所Kiitos、NPOフリースクール全国ネットワーク、一般社団法人 発達心理ライフケア協会の皆様にご協力、ご指導いただきながら、生徒会員や保護者のみなさんと頑張っています。
お問い合わせメールはfreeschooltamagawa@vesta.ocn.co.jpです。

 →スクールのパンフレットです1  →スクールのパンフレットです2

最新記事

リンク

カテゴリ

最新コメント

メールでのお問い合わせ

フリースクール多摩川のアドレスに送信されますので、他の人には 見えません。

名前:
メール:
件名:
本文:

メールの欄は貴方のアドレスを入れてください。

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

最新トラックバック

アフィリエイト