府中駅徒歩5分(多摩地区) NPO法人フリースクール多摩川 不登校支援
                         育児、学童保育、児童養護施設など集団の中で悩む子どもを見てきました。疎外感を持つ、空気がつらい。発達障がいや心的ストレスを理解してもらえない。皆、居場所や仲間を求めてます。 府中市府中町2-18-17。℡042-319-0408。http://freeschooltamagawa.net。リンクからも行けます。

世間はつながっているから?いろんなことしておこう

今回は半分私的な話題です。意味不明なタイトルですが、最近このようなことを感じる機会が
増えてきました。それだけ年だといえばそれまでですが、結構若いときにも感じたこともある気もします。
これまたうまい語彙が見つかりませんが、人は喜怒哀楽のなかで満足感や納得感を得て行き、それがどこかで誰かと、あるいは何かと、つながっていくことで社会的な幅もつくっているのかなと思われます。

具体的な話ですが。個人情報的なこともありアバウトに説明します。
実は火曜は近隣の市のスクールソーシャルワーカーさん(女性)が来てくれました。学校で担当されている児童がスクールに入会したので見に来てくれたわけです。そこで、あいさつを交わすうちに「え?」と互いに驚き喜び合ったことがあったのです。

彼女は以前は児童養護施設で働いていたそうで私と同じです。どこで働いていたのか訊くと私が十数年前、短期里子(土日とか長期休みに家に招き家族として触れ合う、児の家庭感覚を養う、特定の人との愛着形成を促すなどを目的にしている)として関わった子の所属している施設だったのです。いろんな事情があってその子とは継続して会うことがままならなくなってしまいました。でも私は何人かの里子の中でもかなり気になっていた子なのです。(その理由も個人情報なので説明できない)

彼女に訊くと、私たちの家が関われなくなってしまったあと、彼女が担当していた児童でした!
私の懸念通りに揺ら揺らもして、彼女も寄り添いに懸命だったそうですが今では児童が努力成長して、とてもいい状態だと言う事を聞けました(これあまり詳しく話し合うと、お互いに守秘義務違反になりますのであくまでもアバウトに話したわけですよ?)

そしてその子が今通っている学校は、かつて私の家で暮らしていた元里子(今は無事親元で生活)も通っている学校の可能性が高いです、年齢も同じです。きっと友達になっているに違いないと思うことにしました。

その後は彼女といろんな児童の寄り添い支援について話せました。○市はこのような経験をされているスクールソーシャルワーカーさんがいるのはとてもいいことです。もちろんスクールは地元府中市でもこのような各ワーカーさんにはなにかとご協力、ご支援、ご指導いただいていますが。ずばり頼りになる方々は資格うんぬんではないですね、人間性だったり社会性が豊かな人、ご自身の経験が生かされている人は生身の子供(親)とのかかわり方に味があります。この味、言葉では説明できるものでないですよね?こどもが感じることです。

うちの生徒たちも「出来ることやりたいことにどんどん手をだす。半端でも失敗でもいい。」
「どこかでなにかに、間接的にでもつながっていくことはあるから」「事前に計算できることではないから面白い」
そんな意識を持っていける青年期になってほしいです。

NCM_6832.jpg NCM_6835.jpg
NCM_6840.jpg NCM_6845.jpg
写真は新スクールの内部です。ピンボケありますね。
ベランダはまたわんこの聖地かな、今度はよそ様の家が近いのであまりほえないでほしいですね。
キッチンは本格的です、レシピ研究が大変ですが面白そうですね。
他にすごく広い部屋もありますんで出来ることやりたいことを子供会議で考えていこう!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

とびたくん

Author:とびたくん
府中のフリースクール運営しています。児童養護施設職員、学童保育指導員、主婦、不登校ひきこもり経験者、保護者、元教師、大学生が仲間です。私も家族が障害に悩み不登校になった経験があります。「学校」に囚われず、フリースクールのほうが合う児童がたくさん居ると思います。学習、遊び、ゲーム、料理、イベント、わんこの触れ合いなど、安心できる場。同じ空間の住人と認め合う、何かしたくなる、知らぬ間にリズムや社会性が身につくのが理想です。安心や自信をつかんで復学した子もいれば、将来にむけて今はじっくり過ごしている子などさまざまです。自由です。皆で通じ合いましょう。
NPOフリースクール僕んち、NPO調布青少年の居場所Kiitos、NPOフリースクール全国ネットワーク、一般社団法人 発達心理ライフケア協会の皆様にご協力、ご指導いただきながら、生徒会員や保護者のみなさんと頑張っています。
お問い合わせメールはfreeschooltamagawa@vesta.ocn.co.jpです。

 →スクールのパンフレットです1  →スクールのパンフレットです2

最新記事

リンク

カテゴリ

最新コメント

メールでのお問い合わせ

フリースクール多摩川のアドレスに送信されますので、他の人には 見えません。

名前:
メール:
件名:
本文:

メールの欄は貴方のアドレスを入れてください。

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

最新トラックバック

アフィリエイト