FC2ブログ
府中駅徒歩5分(多摩地区) NPO法人フリースクール多摩川 不登校支援
                         育児、学童保育、児童養護施設など集団の中で悩む子どもを見てきました。疎外感を持つ、空気がつらい。発達障がいや心的ストレスを理解してもらえない。皆、居場所や仲間を求めてます。 府中市府中町2-18-17。℡042-319-0408。http://freeschooltamagawa.net。リンクからも行けます。

わんこ週に2回お休みしますね? 

NCM_2812 (1) まずお知らせです。
 癒し担当わんこたちですが
 毎週2回ほど休ませます。

 これまで生徒会員になった子たち
 そのうちの半分以上は入会したて
 の頃わんこへの愛着、自分の不安
 解消などの理由で、また暇つぶしで
 (本当は違うが)わんこをいじります。

子どもって、余裕がない時、自分都合のために周りが存在すると考えている?と
見える時は「人や動物を道具みたいに扱ってしまったり、しつこくしたり、
言いなりにさせたくなったりします。」
よく指摘される「相手の気持ち、疲れに気遣えない」状況ですね。例えば
わんこには「お手」を何回も続けざまに要求して休ませない「わんこが可哀相!」
自分のそばに居るように何十回も呼び続ける「もうやめて!うるさいよ!」
こうした空気になります。

もちろん、多くの子どもは経験値が高まり、知ることが増える、耐性も上がる、
自信もでるようになりますから、見ていると、たいがいは時間とともに
人や動物への過剰な扱い、自己中?な道具扱いは減ります。
もともと、人や動物が好き、ふくよかな愛着もあり、よもや自分が周りからは
真逆の性格に見える時があるなんて意識はないんですから。
皆、社会性が成長発達します。心配はいりません。

ただ・・・人が多い時に神経過敏になるのはわんこも同じ、どうも疲れ具合や
困った癖が出始めていますので、少し休む日も作ろうと思います。

 にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ フリースクール・サポート校・ホームスクールへ
にほんブログ村 押していただくと嬉しいです。  
  

自然に出る優しさ、これは財産かも

7時半、塾帰りの娘と夕飯のおかずを買ってマンションに戻ると・・・・・
敷地内に黒いチワワがうろうろしていました。
「ありゃどこの子だろう。とりあえず飼い主探すまで、カンピーと一緒に居させよう」
と思って「おいで」と声かけると、駐車場に逃げてしまう。あらー・・・


仕方ない。管理会社に電話しましたが、もうその頃はわんこがどこにいるか、
確保できるか分からない。8時、また外に出て探していると、飼い主さんが仕事から
帰ってきました。パニックです。(どうやって外に出たかは聞き忘れました)
一緒に敷地内外を30分探すが見つからない!参ったなあ。わんこは怖くなって
遠くまで行っちゃったかも知れません。飼い主さんの部屋番号を訊いて一度飯を
食べてから、9時半、うちは妻と娘、かん、ピーで捜索再開しました。


外では(たぶんずっと)飼い主さん夫婦が「ウイール!」と名前を呼んで駆け回っている。
切ない。「うちも頑張るぞ」と河原、道路を探します。でも見つからない・・小一時間経過・
「仕方ない、最後にこの住宅街抜けて帰るぞ」「大声で名前呼べよ」と声かけあい
路地に入りました。すると・・・です


遠くで7.8人がしゃがんでいる場に遭遇。もしや?
居ましたよ!先方も「居た!飼い主さんだ!!」
「いやうちは同じマンションの者ですが、その子を探していたんです」
「そうなんですか。でも良かった。獣医さんや警察にも連絡して八方ふさがりで
これからどうしたらいいかと相談していたんですよ」「道路で見つけたんですが
うろうろしている子の子を運転手さんたちも心配して次々と車を停めて
くれていたんですよ」とのお話。私泣きそうです。


急いで飼い主さんのもとに伝えに行き、無事ウイールは家に帰れました。
優しい運転手さんたちが見守り、優しい人達に保護され良かったです。
なかなか無いような話ですが、こうして登場人物(たぶん10人弱はいます)が
皆、掛け値なしにやさしい訳です。

そして私は、思わずスクール生徒たちを思い出しました。
この子達は純粋すぎて誤解を受けるときもありますが、
優しさ、人の好さがとてつもなくあります。これを計算では出しません。
だから心に響く時もあるわけですが。
同時に生徒達には、世の多くの人にも本質的な優しさがあることを
知っておいて欲しいと切に願います。

人生は余計な事?が多いのでそこが見えにくいんですが、絶対そうなんだと
確信できる状況に遭遇することは大きいと思います。
にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ フリースクール・サポート校・ホームスクールへ
にほんブログ村 押していただくと嬉しいです。  
 

いろいろとやらかすなあ。

NCM_2292.jpg 目の手術のため
 スクールも施設も休ませてもらい
 ほぼ2週間経過です。
 目を濡らせないので晴れの日
 だけわんこ散歩に出ますが、
 基本的には家にいます。

 10日(金)のお出かけイベントや
 林間スクール、海合宿の計画を
 練りつつ、うとうとの日々です。

 そんな中、うちのアホどもは・・・
 カンは宅急便のお兄さんのズボンに噛みつきまして・・・
 焦るわあ。平謝りです。
 ピーは私の部分入れ歯(恥ずかしい!)をおもちゃにして噛み砕きました。
 やってくれるなあ・・・
 歯医者さんに行ったら「修復不可」また10万円かかります。


 いい加減にしろ!もう幼犬じゃないだろ?
 と窘めるけど・・・・
 かわいいんですよ。その時の顔が。ごめんねと言ってるように
 見える(本当は怒っていることしかわかってないな)
 とほほです。 
 
にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ フリースクール・サポート校・ホームスクールへ
にほんブログ村 押していただくと嬉しいです。  
 

表情良く帰ってくるんですよねえ

NCM_2466.jpg これ、メンバーは入れ替わるけど、いつも
 誰かが網戸越しに外を見ています。
 ピーとわかめの時は要注意です。
 見ていないと、ピーが網戸を開けて、
 二人で「わー^」と出てしまうんです。
(私はトイレで踏ん張っている時やられた)

 ピーはベランダから外には出られないから
 まあいいんですが。わかめは忍者猫です。
 手すりに飛び乗り、どっかに消えます。

 酷い時は3日くらい帰ってこないんですが、遠くの原っぱで姿が見えたり
 マンションのどこから「おいでー」と子どもの声がしたりします。
 しかも、わかめが愛想振り?おねだり? でえらいニャーニャー鳴くので焦ります。


 学習能力のない我が家ではこの失敗を何度か繰り返していまして
 当初は両隣りにお詫び手紙を出しましたが、 忍者君の行動範囲から考えると
 奴は全戸に顔を出すこともあり得ます。
 そんな風にしているうちに管理組合から「猫は外に出さないで」とロビーに
 貼り出されてしまいました。仰せのとおりでございます。
 申し訳ないのはマンションの猫同居住民さま方です。濡れ衣被害あるかも。

 当のわかめは早い時は1時間、長い時は数日で戻ってきます。
 まったく!どこで何していたのか・・・
 だけど、戻ってからのツヤ、表情、態度が良いんですよねえ。
 つい怒るより笑ってしまったりします。
 
 これはペットを飼う人間の責任感が欠落している感覚であり、厳しく言うと
 飼う資格がないとされても仕方ないです。 
 もう脱走させないぞ!それで、わくわく発散できる何かを探してやりたいです。


NCM_2480.jpg 
 今日、2回目の手術してきました。
 またしばらく不自由な状態で
 昼間の動物同居です。

 やつら、 何となく心配しているのか
 包帯顔を怖がっているのか
 分かりませんね

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ フリースクール・サポート校・ホームスクールへ
にほんブログ村 押していただくと嬉しいです。  
 

 

ホントの姿

NCM_2385.jpg  NCM_2387.jpg
 暑くなって来たのでピーをカットに連れていきました。
 半年ぶりで毛が伸び放題、絡まり放題で涙のトリマーさんは4時間半も
 悪戦苦闘してくれまして、すっきり!です。

 でかい茶色いポメヨン(ポメラニアンとパピヨンもハーフ)と思っていても
 実は黒、こげ茶、茶、黄土色、白、灰色が方々にありますし、
 かんと同サイズに見えていたが、ピーはぎりぎりで小型犬だと改めて分かります。

 こういう事って人の気持ち、姿でも多いんでしょうね?

 ややこしい話はとにかく、今月出会いを果たした子ども達、ボラさん
 にとっては初めて見る短髪ピーです。面白いよ!

NCM_1546_201505180537405df.jpg
こちらカット前です。

 
にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ フリースクール・サポート校・ホームスクールへ
にほんブログ村 押していただくと嬉しいです。  
 
 

プロフィール

とびたくん

Author:とびたくん
児童養護施設職員、学童保育指導員、主婦、保護者、元教師、大学生が仲間です。私も家族が障害に悩み不登校になった経験があります。「学校」に囚われず、学習、遊び、ゲーム、料理、イベント、わんこの触れ合いなど、安心できる場。同じ空間の住人と認め合う、何かしたくなる、知らぬ間にリズムや社会性が身につくのが理想です。安心や自信、仲間を得て、大学に進んだ子、中高復学した子、学校併用の子。さまざまです。NPO調布青少年の居場所Kiitos、NPOフリースクール全国ネットワーク、一般社団法人 発達心理ライフケア協会の皆様にご協力、ご指導いただきながら、生徒会員や保護者のみなさんと頑張っています。

2017年には教育確保法が成立、フリースクールは学校と同じ扱い、つまり学校以外の子供の教育の場と認められました。しかし、まだ国から財政支援が得られていませんので、運営側と保護者の負担が大きいままです。皆さんで国や社会に訴えて、本当の教育無償化を目指しましょう。

 →スクールのパンフレットです1  →スクールのパンフレットです2

最新記事

リンク

カテゴリ

最新コメント

メールでのお問い合わせ

フリースクール多摩川のアドレスに送信されますので、他の人には 見えません。

名前:
メール:
件名:
本文:

メールの欄は貴方のアドレスを入れてください。

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

最新トラックバック

アフィリエイト